展覧会案内/対決 巨匠たちの日本美術

投稿:  著者:  読了時間:2分(本文:約800文字)


日本美術の歴史に燦然と輝く傑作の数々は、時代を代表する絵師や仏師、陶工らが師匠や先達の作品に学び、時にはライバルとして競い合う中で生み出されてきました。直接の影響関係がない場合でも、優れた芸術家たちの作品を比較すると、興味深い対照の妙を見出すことができます。きらめく才能の拮抗により、各時代の造形芸術はより豊潤に、華麗に開花してきたといえるでしょう。本展では、このような作家同士の関係性に着目し、中世から近代までの巨匠たちを二人ずつ組み合わせ、「対決」させる形で紹介します。国宝10余件、重要文化財約40件を含む計100余件の名品が一堂に会し、巨匠2人の作品の「対決」を、実際に見て比較できるのが本展の最大の魅力です。前期(7月8日〜7月27日)、後期(7月29日〜8月17日)の予定。(サイトより)

運慶─快慶 雪舟等楊─雪村周継 狩野永徳─長谷川等伯 本阿弥光悦─長次郎 俵屋宗達─尾形光琳 野々村仁清─尾形乾山 円空─木喰 池大雅─与謝蕪村 伊藤若冲─曽我蕭白 円山応挙─長沢芦雪 喜多川歌麿─東洲斎写楽富岡鉄斎─横山大観


会期:7月8日(火)〜8月17日(日)9:30〜17:00 金20時 土日祝18時
月休 7/21開館・7/22休館 8/11日開館 ※入館は閉館の30分前まで
会場:東京国立博物館 平成館(東京都台東区上野公園13-9 ハローダイヤル03-5777-8600)
入場料:一般1,500円、大学生1,200円、高校生900円

◇記念講演会「美と個性の対決」
日時:8月2日(土)13:30〜15:00
場所:東京国立博物館 平成館大講堂
講師:辻惟雄(『國華』名誉主幹、美術史家、MIHO MUSEUM館長)
定員:380名(事前申込制)
聴講料:無料(「対決 巨匠たちの日本美術」の観覧券が必要)
申込み:サイトから 7/15締切 申し込み多数の場合抽選

< http://www.asahi.com/kokka/ >

[map:東京都台東区上野公園13-9]