曜日感覚のないノラネコ[17]自転車乗りとiPhone 3Gと/須貝 弦

投稿:  著者:  読了時間:5分(本文:約2,000文字)


●自転車に乗るデジクリ読者にお願い

こんなことをデジクリに書くのもどうかと思うが、ちょっと聞いてほしい。今、ガソリンが高いとかメタボがどうとかいう理由もあって、自転車ブームが続いているようだ。急にブームになったわけではなくて、何年か前から少しずつ趣味や通勤で自転車、それもスポーツ車を楽しむ人が増えてきたのが、ここにきて「更に目立つようになった」というのが正しいだろう。

自転車が好きな人間としては、スポーツ車に乗る人が増えるのはうれしい。自転車通勤をする人が増えたり、レースにチャレンジする人が増えるのもうれしい。ただ、数が増えると、どうしてもマナーの悪い人間が目についてしまう。マナーの悪い人間は、無駄に目立つ。目立つことで、自転車そのものの心証が悪くなる。これはなんとかしなくてはいけない。

最近、いろいろな人と取材等でお会いしていると、デザイナーやプログラマー、編集者といった方々の間でも自転車が広まっているのを感じるので、この場を借りていくつか書きたい。



まず、スポーツ車に乗るなら絶対にライトをつけてほしい。かなり前にデジクリに書いたが、そもそも、夜に無灯火の自転車に乗る神経が理解できない。確かに都市部なら街灯はあるかもしれない。しかし、自分の目に周囲が見えているかどうかの問題だけではなく、周囲からその存在が認識できているかどうかの問題が大きいということを、ぜひ知っておいてほしい。

次に、車道を逆走するのを絶対にやめてほしい。自転車は軽車両だ。したがって車道では左側を走る。これは運転免許を取得した人なら当然知っていなくてはいけないことであって「忘れた」とか「知らない」では許されない。

また、歩道を自転車で暴走するのはやめてほしい。6月に改正道交法が話題になったが、そうでなくても、本来自転車は「自転車通行可」の標識がない限り歩道は走れない存在だ。だから、基本的には車道を走る。どうしても歩道を走るときは、歩行者が優先であるということを忘れてはならない。

最近は町中でロードバイクに乗る人も増えてきた。これはあくまでも個人的な考えだが、スポーツ車で車道を走るならやはりヘルメットは着用したほうが安心だと思う。よく「なくても同じ」という人がいるが、本当になくても同じか、できることなら実際に転んで確かめてみてほしい。

●ノートパソコンへの依存度が高すぎると……

ノートパソコンへの依存度……、なんでこんなことを急に書いているかというと、iPhone 3Gの購入を見送ったからだ。MacユーザとしてはやはりiPhone 3Gに触れないわけにはいかないし、今週は多くのレギュラー陣がiPhone 3Gについて触れるだろう。私も仲間に入れてほしいという気持ちがないわけでもないが、とにかく、iPhone 3Gは買ってない。今後買うかもしれないけど、今のところは買ってない。

iPhone 3Gはパソコンにある程度依存している人でないと、そのメリットが享受できない。Mobile Meを介してシンクするなんて、ケータイをケータイとして使いたい人には意味のない話だ。そういう方々は、既存の、ふつうのケータイをこれからも使い続けるだろう。

では、Macに完全に依存している私の場合はどうか。iPhone 3Gを手に入れたらどんな生活が待っているか。出先でメールが読めて、Webブラウズが可能で、アドレス帳やスケジュールが確認でき、iPhone 3Gから情報を入力してもMacとちゃんとシンクされ、地図も大きな画面で見られる。まぁ、どう考えても便利だ。

ただし私の場合、出先で本当に必要なのはノートパソコンだ。メールが読めるとか、それに添付されたWordの文書が読めるとかだけではだめで、そのWordの変更履歴をチェックして原稿を修正するとか、「○○の画像、別カットありませんか」というリクエストに応えるとか、そういう作業が必要だ。また、頻度は以前ほどではないが、アポとアポの合間に原稿を書かないと間に合わない!という仕事もときどきある。結局、ノートパソコンが必要になってしまうのだ。

iPhone 3Gは、もちろん魅力的だと思っている。でも16GBモデルを買うと、おおざっぱに言えば毎月1万円がかかる。2年間で24万円だ。MacBook Airが買えてしまう金額じゃないか……。すでにプライベート用にau、仕事用にウィルコムを持っていて、データ通信用にイーモバイルも契約した身分には重い出費だ。

ということで、まずは新規の仕事を獲得するべく、日夜励んでいるのが現状である。

【すがい・げん】< http://www.macforest.com/ >
とりあえずiPod touchのソフトウェアアップグレードを購入し、「App Store」でアプリを購入していろいろ遊んではいる。世の中に無線LAN環境がよりいっそう広まったら、i“Phone”である必要はないじゃん……と思ったりもするのだが。