デジアナ逆十字固め…[82]「うずらの惑星」刊行!/上原ゼンジ

投稿:  著者:  読了時間:5分(本文:約2,100文字)


うずらの惑星―身近に見つけた小さな宇宙新たな著作の見本が上がってきた。Amazonを覗いたら、登場していたから、もうそろそろ書店にも並ぶはず。タイトルは、

「うずらの惑星──身近に見つけた小さな宇宙」

表紙はこんな感じ。

< http://www.zenji.info/profile/uzura.html >



クールだねえ。装丁は文京図案室の三木俊一さん。素晴らしい仕事です。どうもありがとうございました。

印刷もバッチリだった。前回の原稿で、この本のカラーマネージメントについて書いたけど。印刷会社さんには、きちんと期待に応える仕事をしていただいた。印刷機本機でA2判のテスト印刷を行い、その結果が良好だったので、データには全然手を入れず、「テスト印刷と同じように印刷お願いします」というリクエストを出した。

実際に印刷の現場で、どのような苦労があったのかは分からないけれど、こちらのイメージ通りの仕上がりになった。大丸印刷さんどうもありがとう! 公開の場でお礼させていただきます。ナイスです!

結局自分のところでは、プリントは一切せず、モニタだけを頼りに画像データを作り上げた。プルーフとしてはDDCPを一回出力してもらったが、特に問題なかったので、修整はしていない。写真にこだわる場合というのは、何度も何度も色校を出して赤字を入れるなんていうことが当たり前だから、時間とコストの圧縮ができるこの方式は、もう少し採用されていい方法だと思う。

ポイントはジャパンカラーの色再現を共通のターゲットに据えたこと。印刷サイドではジャパンカラーの色再現に近づくよう、印刷を行う。制作サイドでは、ジャパンカラーの色再現をシミュレーションしながら、データの作成を行う。このワークフローがうまく機能したということだ。

通常はそういったターゲットがないから、色はなりゆきで変わってしまう。制作サイドでもシミュレーションのターゲットがないから、仕上がりの予想ができない。何の基準もなく、色校を何度も出すという従来のやり方は、やはり効率が悪いと言わざるを得ない。

●気がつけば作品集

カメラプラス―トイカメラ風味の写真が簡単に元々はレンズやフィルターを自作して遊ぶ、「カメラプラス」の続編として制作を開始した。ただ編集が進むうち、ガイド部分は後ろの方にまとめて、写真を大きく見せるようにしよう、という話になっていった。なっていったというか、オレがそっち方面に引っ張っていったんだけどさ(笑)。で、気がついたら、作例集ではなく、作品集になっていた。(というか、オレがそっち方面へ……)

これはラッキーなことだ。なかなか、自分の撮りたい写真を撮って、それを本にするなんていうことは、できないことだから。写真集を出している友人は何人もいるが、基本的には、印税とかいうような話ではない場合が多いらしい。

自分で制作費は出し、それが売れればバックされる。刷り部数は最低500部というのがひとつの目安だが、それがすべて売れたとしても元はとれないそうだ。ハードカバーにしたりで造本にも金がかかるが、元がとれるような定価設定にしてしまうと、高すぎて売れなくなってしまう。

1000部ぐらい売れると、ようやく元がとれるようになるので、頑張って1000部作ってしまう人もいるらしいが、写真集を1000部売るというのは、けっこう大変なことなので、売れなければ自分でずうっと在庫を抱えなければいけない。ハードカバーの写真集なんてかさばるから、その本の塊と向き合って暮らしていくというのは、かなりヘビーなことだろうなあと想像する。

私自身は、そうやってリスクを背負って写真集を作る根性はないので、なんとか商売になる道を模索しながら、自分の好きなことをやっていきたいと思っている。

●気になるものばかりを「採集」

本の内容はというと、何かに寄って撮影したものが多い。ミクロの中に突き進んで行ったら、その向こう側に宇宙が広がっていた……、というようなイメージだ。何人かの人に見て貰ったのだが、その中の一人から「男の子って感じがしますね」と言われた。なんか自分の好きなものばかりを沢山集めてきたようなところが、男の子っぽいということらしい。

言われてみれば確かに、自分の気になるものばかりを「採集」した本だ。ウズラの卵にクラゲ、ほおずき、落ち葉、水滴、紫陽花等々。コンセプチュアルに走らず、生理に忠実に行動していたら、男の子の面が発揮されたということか。

いちおうガイドブック的要素も残してあるので、機材やライティング、カラーマネージメントの話なんかも書いてある。デザインがいい、印刷がいい、もちろん写真もいい、と自画自賛できる本が出来上がった。写真に強い書店であれば、見かけることもあろうかと思います。その際はぜひ手にとってみてください。ヨロシクお願いします!

【うえはらぜんじ】zenstudio@maminka.com
◇上原ゼンジの新刊
「うずらの惑星 身近に見つけた小さな宇宙」(雷鳥社刊)
< http://www.zenji.info/profile/uzura.html >
◇上原ゼンジのWEBサイト
< http://www.zenji.info/ >

photo
うずらの惑星―身近に見つけた小さな宇宙
上原 ゼンジ
雷鳥社 2008-08

by G-Tools , 2008/08/28