展覧会案内/第29回 グラフィックアート『ひとつぼ展』グランプリ受賞者個展 古谷萌展「ROUTINE」和田裕也展「/」

投稿:  著者:  読了時間:2分(本文:約800文字)


古谷萌は、絵を描くという行為を、特別なものではなく、毎日食事をとることと同じルーティン・ワークだといいます。その日、実際に出会った人や出来事からイメージを得て、日々感じたことを感じるまま、日記のように淡々と描いています。シンプルな線と色使いは、明快で、一見楽しい印象を与えますが、「人間らしさ」をありのままに描きたいという彼の思いから、登場する人間の顔や身体のモチーフには、少々グロテスクでシニカルな表現も多くみられます。一年間にわたり描きためた、圧倒的な量の作品を壁一面に展示いたします。(サイトより)

和田裕也は、黒いアクリルのラックに、夜の光景を撮ったハガキサイズの写真をしまいこみ、鑑賞者にその写真を自由に持ち帰ってもらう独創的な展示でグランプリを獲得しました。彼は夜の闇の中、ストロボを発光させ撮影を行います。ストロボによって強い光に照らされた部分は、白く浮かび上がり、そこだけ温度を持ち、発光しているように見えます。また、「相性が抜群にいい」という雨や川の水が光を受け、さらなる効果を生み出します。コントロールできない水の動き、光の反射を、デジタルカメラによって大量、かつ連続的に切り取る。ある意味、偶然性にゆだねたその表現により、予測の範疇を超えた、未知なる世界が立ち上がってきます。(サイトより)


◇古谷萌展「ROUTINE」
会期:9月8日(月)〜9月18日(木)12:00〜19:00 日祝休
会場:ガーディアン・ガーデン(東京都中央区銀座7-3-5 リクルートGINZA7ビル B1F TEL.03-5568-8818)
< http://rcc.recruit.co.jp/gg/exhibition/gg_gpx_gr_200809/gg_gpx_gr_200809.html >

◇和田裕也展「/」
会期:9月22日(月)〜10月2日(木)12:00〜19:00 日祝休
会場:ガーディアン・ガーデン
< http://rcc.recruit.co.jp/gg/exhibition/gg_gpx_ph_200809/gg_gpx_ph_200809.html >