展覧会案内/ゼラチンシルバーセッション08展 Save The Film(名古屋)

投稿:  著者:  読了時間:2分(本文:約600文字)


フィルムを使用する「銀塩写真」は世界的なカメラのデジタル化により、市場規模が急速に縮小し、消滅しつつあります。それは銀塩写真でしか表現出来ない独特の風合いや、長い間培われてきた暗室作業等の手仕事、技術が失われる事でもあります。

ミュージシャンが色々な楽器を奏で、画家が筆や絵の具を使い分けて多彩な表現が出来る様に、私たち写真家も表現手段の選択肢として次の世代の為にもフィルムや印画紙を残していきたいのです。

そんな思いから2006年、瀧本幹也、平間至、広川泰士、藤井保の4名の写真家が運動を始めました。翌2007年には16名に拡がり3年目になる今年は26名の写真家と賛同頂いた各界の著名な方々をゲストに迎え、ゼラチンシルバーセッションは更に大きなうねりになろうとしています。

会期中は出品作家によるトークショーも開催されますので、是非会場に足をお運びください。(サイトより)


会期:10月22日(水)〜10月29日(水)12:00〜18:00 最終日17時
会場:名古屋芸術大学アート&デザインセンター(愛知県北名古屋市徳重西沼65 TEL.0568-24-0325)

◇トークセッション:平間至・辻佐織・森本美絵
日時:10月28日(火)13:00〜
会場:名古屋芸術大学アート&デザインセンター

< http://www.gs-s.info/program/1022-29/ >
< http://www.nua.ac.jp/prog07/details.php?key=967 >

[map:愛知県北名古屋市徳重西沼65]