展覧会案内/森山大道 ミゲル・リオ=ブランコ写真展「共鳴する静かな眼差し」

投稿:  著者:  読了時間:2分(本文:約700文字)


東京都現代美術館では、ブラジルへの移民100周年を記念する「日本ブラジル交流年」関連事業の一環として、写真というメディアでブラジルと日本との交流を試みます。

Miguel Rio Branco森山大道と、マグナムに所属しブラジルを拠点に活動するミゲル・リオ=ブランコの二人の作品による写真展を開催いたします。二人の写真は、都市やそこで生活する人々をカメラで捉えるという共通点を持ちつつ、それぞれが独自の世界観を持っています。この写真展のために、森山大道はサンパウロを撮影し、ミゲル・リオ=ブランコは東京を撮影しました。

展覧会では二人の文化と視点が交差し、これまでにない日本、ブラジルの像が現れます。そこには、普段ならば見過ごしてしまう日常の断片を、意味のある光景へと変え、現代におけるリアリティが問いかけられています。(サイトより)


会期:10月22日(水)〜1月12日(月)10:00〜18:00 月休(11/3・24は開館、11/4・25は休館)
会場:東京都現代美術館企画展示室B2F(東京都江東区三好4-1-1 TEL.03-5245-4111)
観覧料:一般900円、学生700円、中高校・65歳以上600円
「ネオ・トロピカリア:ブラジルの創造力」との共通チケット/一般1,500円、学生1,100円、中高校・65歳以上1,000円
小学生以下無料、企画展のチケットでMOTコレクションも鑑賞できる

◇森山大道 ミゲル・リオ=ブランコ記念講演会
日時:10月25日(土)14:00〜16:00

< http://www.mot-art-museum.jp/kikaku/120/ >

[map:東京都江東区三好4-1-1]


photo
森山大道「サンパウロ、路上にて」
森山大道
アップリンク 2008-11-07

ロベール・ブレッソン DVD-BOX 2 ハワイ 大阪+ 凶区/Erotica moriyama daido t‐82 (toy camera books (vol.1))



photo
Miguel Rio Branco
Miguel Rio Branco
Aperture 1998-09

by G-Tools , 2008/10/22