KNNエンパワーメントコラム はじめての北海道バスツアー/神田敏晶

投稿:  著者:  読了時間:6分(本文:約2,700文字)


KNN神田@北海道です。

ようやく、今頃になって夏休みが取れた。飛行機で行く北海道バスツアー、温泉つき3泊4日で39,800円。

なんだか、海外に行く時の燃料チャージでいけてしまうからとても不思議だ。韓国にいっても燃料チャージがかかるのに、国内ではかからない。ありがたいことだが…。

そもそも、石油の原油価格が戻っているのに、いまだに燃料チャージを加算するのは、とても問題だ。911の際のセキュリティ問題から、この燃料チャージが発生している。このチャージの代金はどこに消えているんだろうか?

とういうことで、この休みは、飛行機に乗って、どこかへ旅に行くことにした。とにかく温泉に行きたい! その一心で検索する。どこも高いし、行くのに交通が特に面倒くさい。



Canon デジタル一眼レフカメラ EOS 50D ボディ EOS50Dそんな時に、横浜銀行のDMで、北海道バスツアー3泊4日、39,800円!のチラシを見つけた。朝・夕食事つき! で飛行機でいく、これは、家にいるより安いんではないか? これに決めた! 北海道っていつも日帰りでゆっくりとしたことがないからチャンスだ! カメラもキヤノンの50Dを買ったばかりだし!出番がやってきた!

帯広の知人に連絡すると、それならITセミナーをやろうということが決まり、旅費を持ってもらうだけでセミナーを開催。行き先を決めてから、セミナーをやるのもありかと思った。結局、仕事となって、完全な夏休みとはいえないけど、前半仕事で、後半は温泉三昧。

温泉なんてまったく興味がなかったけど、季節の変わり目になると、昔、バク転をした時の古傷がいたみだす。それが、年々ひどくなってきた。温泉であたためるとそれが非常にらくちんになる。なんだか、おいぼれてきた気がしないでもないが、メンテナンスが必要なバディになってきたことを自覚してから、出張の際には温泉にいくことにしている。

羽田からJALに搭乗。マイレージのカードが認識されない。確認すると、ツアーが対応していないという。つまり、激安すぎてマイレージがつかないツアーだそうだ。おそらく、空気を運ぶより、人を乗せたほうがいいという判断で旅行会社にバルク売りされている飛行機便だろう。

1時間10分で帯広空港に到着。ツアーから離れて、ダウンタウンへ向かう。一仕事終えて、阿寒湖温泉。風呂にはいって、夕食、そしてまた温泉。身体の中の散在したファイルがデフラグされていく。たたみの上に敷かれた布団の感触もひさしぶりだ。このかたさもとても心地よい。自分の中の日本人が顔をだす。

バスガイドさんのアナウンスに揺られて、摩周湖へ。バスガイドさんのプレゼンテーションは、過酷な仕事だと思う。朝から夕方まで、しゃべり続ける。歴史から郷土の話。これはなかなか勉強になる。バスの座席がせまいのと、おばさん集団のやかましささえ我慢すれば、知的な時間だ。

それにしても、どうして、おばさんはあんなに声がうるさくなるんだろうか?2人だとそうでもないが、3人いると、もうすごい。さらに旅にでている時はさらにはじけているから手に負えない。

摩周湖に到着。霧はなく、快晴だ。観光にはまったく興味がないが、今回は、50Dのテストである。風景モードやHDR用の露出のバリエーションを撮ってみた。

PHOTOMATIXのテスト
< http://www.flickr.com/photos/kanda/3033898832/ >
なかなか楽しい。露出は前後+−1で3枚から合成。

後で、気づいたが、50Dには、JPEGとファイルサイズが変わらない、スモールRAWがあった。今度は勉強してRAWにもチャレンジしてみよう!

カメラがなかったら、退屈な観光時間となっていたが、今回は50Dの軽いシャッター音に心が鼓動していく。最初はこの軽い音に、キヤノンのカメラを情けなく感じていたが、使いはじめてからは、この軽さというフィーリングがとてもマッチしてきた。

さらにモノクロモードのコントラストが際だち方がボクに、写真の楽しさを教えてくれる。カラーで見る写真よりも、モノクロは脳が色彩情報を補完しようとして、想像力が働き、見るものの経験値によって作品が成立するとボクは思う。映画もビデオとちがって、コマ数が少ないから、そのコマを補完するので印象的に見える。人間はリアルに見えないものの方に、実は価値があるのかもしれない。

そんな、温泉とカメラの旅は続く。なによりも、3Gの電波が届くところでは、バスガイドさんの声を頼りにiPHONEでGPSマップを確認したり、歴史を検索したりして見聞が車内で深められる。APPLEの株が90ドル台になり最安値になっていることも確認できた。GOOGLEでさえ、300ドルを割りはじめた。すごい時代がやってきている。

しかし、北海道の大自然を見ていると、そんな人間が大地に種子を育てて、収穫で生きている自然な営みのくりかえしを感じることができた。網走から、層雲峡温泉へ。そして、札幌、定山渓温泉。北海道には過去2回きたけれど、札幌は初めて。しかし、駅前はもう日本のどこにでもあるものの、レイアウトを変えただけの町並み。東京のどこかの場所が再開発したら、おそらく一緒のものになるだろう。

そこで、観光したのが、ビックカメラ。ビックカメラは各店舗によってレイアウトが異なり、おもしろい。名古屋のビックカメラは道が広すぎで最低だが、札幌のビックカメラはコンパクトでとてもいい。そして、何よりも、並ばずに普通に、ニンテンドーのDSiが買えるではないか! 花畑牧場のミルクキャラメルが買えなくても、DSiが北海道土産で買えたことがなによりも嬉しい。

…ということで、これから、すすきのに行って、にとりのけやきという味噌ラーメンを食しにいってきます。味噌ラーメンの競合店だらけの中で、なぜ、その店が有名なのか? その理由が知りたいぞ。

KandaNewsNetwork,Inc.< http://www.knn.com/ >
〒251-0037 神奈川県藤沢市鵠沼海岸7-10-12 グランドソレーユ105
KandaNewsNetwork,Inc. 代表取締役 神田敏晶
Mobile 81-90-7889-3604 Phone81-3-5458-6226

photo
ウェブ3.0型社会 リアルとネット、歩み寄る時代
神田 敏晶
大和書房 2007-02-23
おすすめ平均 star
star近未来のインターネットに関する考察
star読んで楽しい本に久しぶりに出会いました
star業界人なら必読
starネット世界のファクトを丁寧に拾い、整理し、近未来を洞察する
starWeb2.0を俯瞰してこそ知り得るインターネットのあるべき姿

そろそろWeb3.0―僕らの生活を変える15の新しい世界 Web3.0への会議 爆発するソーシャルメディア セカンドライフからモバゲータウンまで グーグルを超えるウェブの新潮流 [ソフトバンク新書] 神々の「Web3.0」 (Kobunsha Paperbacks 125) YouTube革命 テレビ業界を震撼させる「動画共有」ビジネスのゆくえ [ソフトバンク新書]

by G-Tools , 2008/11/17