グラフィック薄氷大魔王[170]今さら「Parallels Desktop for Mac」を使って驚いた/吉井 宏

投稿:  著者:  読了時間:5分(本文:約2,400文字)


Parallels Desktop 4.0 For Mac 特別優待版 ラネクシー 4538180803112 PD4M-PNまだまだ使うぞと先週書いたMacBook Pro。ハードディスクを500GBに換装していろいろセットアップ。しかし、BootcampのXPのインストールになぜか失敗してしまい(注1)、しかたなく「Parallels Desktop 4.0 for Mac 」の2週間試せる試用版を入れてみました。
< http://www.parallels.com/jp/ >

Windows2000の頃にVirtual PCを使ってましたが、当時のマシンパワーではめちゃくちゃ遅かった。その印象があったので、ParallelsやVMWare Fusionなど他の製品を含めて仮想マシンには興味なかったのです(Virtual PCを検索したら、無償ソフトになってるんですね。ただし、Mac版は有償な上に現在開発が止まってる模様)。

ParallelsのXPインストールは非常にスムーズで、簡単に完了。起動してみると、なかなか快適。旧式のMacBook Proでは遅いだろうと思ってましたが、IEやFirefoxの動きは意外にキビキビしてます。もちろんGyaoも見れます。



持ち出し用マシンでWindowsを使う唯一の目的は、3ds Max。さすがに、アニメーション作成のようなフルパワー作業は想定してなくて、実家とかに長期滞在してるときに「3ds Maxファイル形式で渡すため」「3ds Maxでポリゴン再分割したものにmodoでペイントするため」とかの、データコンバート的な軽い作業を可能にすることが目的。3ds Maxは他のマシンで使うときにライセンス移動の操作をしなくちゃいけなくて面倒なので、滅多に使わないだろうけど、……くらいの目的です。

3ds Max、インストールしてみました。びっくりしました。OSXネイティブで動くアプリに比べれば、ちょっとした重さやほんの一瞬の半分くらいタイミングが遅れるのはしかたないとしても、ぜ〜んぜん普通に使える。レンダリング時間は倍くらいかかるけど、ガマンできないほどじゃない。

調子に乗って、modo302も入れてみました(OSXで使えるんだから完全にムダなんだけど)。グラフィックの最適化の関係なのか、ポリゴン編集やペイント作業ではWindowsのほうが軽い感じがしてたので、Parallelsではどうかなと思って。そしたら、やはり仮想マシンと思えないほど軽快です。

ところが、問題発生。USBタブレットやマウスの全機能を使うつもりなら、それらをParallelsに「接続」しないとちゃんと使えないとのこと。で、「接続」してみたら、機能は生きてるように見えるけど、肝心のカーソルが動かない。modoも3ds Maxも同じくダメ。

もう一つ問題。フル画面モードと通常ウインドウモードを切り替えると、XPがよく落ちてしまう。また、3ds Maxの表示がメチャクチャにくずれたり終了してしまう。

う〜〜ん、やはりBootcampのほうがすっきりしてていいかも、と思いかけたのですが、「Coherenceモード」というのがありました。これは、XPがOSXに統合されているように表示されるモード。Windowsのスタートボタンに相当するのはDock上のParallelsアイコンで、そこからXPの機能にアクセスできる。XPのアプリを起動すると、そのアプリのウインドウはOSXのウインドウと同等に表示される。

最初、統合されすぎてて気持ち悪かったのですが、慣れると便利。マウスやタブレットも、Coherenceモードでは「接続」しなくても特に問題があるようには見えない。

Parallels、しばらく試してみてイケるようなら、Bootcampのパーティションを削除しちゃうつもり。HDDの容量が一気に増えるぞ。

(注1)
BootcampアシスタントでWindowsのパーティションを32GBより大きくする場合、FAT32ではなくNTFSフォーマットを選ぶ必要がある。以前、作られたパーティションにそのままXPをインストールしようとして失敗、パーティションをフォーマットし直して成功したことがあった(FAT32のままだったかNTFSにフォーマットし直したのか不明)。

なので、XPのインストールの最初で、「一旦Bootcampのパーティションを削除して再作成、NTFSでクイックフォーマットしてXPをインストール」という手順をとった。これが失敗の原因。再起動されると、「hal.dllが見つからないのでWindowsを起動できません」になってしまう。

Webで調べたところ、やはりそこで失敗する人がいるようだ。Bootcampで作成されたパーティションは削除してはダメで、「そのパーティションを選んでXPのインストールを開始した最初の画面でNTFSにフォーマットする」という手順で成功。BootcampのWindowsインストールは何度もやってるのに、いつも何かで引っかかっちゃうなあ。

【吉井 宏/イラストレーター】 hiroshi@yoshii.com
HP < http://www.yoshii.com >
Blog < http://yoshii-blog.blogspot.com/ >

まだ英語版のみですが、Safari4ベータ、いいですよ。さっそくGoogle Chromeの独立タブ方式を取り入れてるのもいいけど、表示方式にこんな進化の方向があるとは思わなかった。iTunesのCover Flowみたいに履歴やブックマークを画像でブラウズできたり、Top Sitesではよく見るサイトを画像でずらりと並べてくれたり。表示スピードも速くなった。以前のSafariでは読み込みバーが途中で引っかかって止まるような重いサイトも一瞬で読み込み終了。シンプルなのがSafariの魅力と思ってたけど、こういうデラックスな進化もいいなあ。