展覧会案内/アーティスト・ファイル2009 ─現代の作家たち

投稿:  著者:  読了時間:2分(本文:約800文字)


「アーティスト・ファイル」展は、国立新美術館の学芸スタッフが日頃のフィールドワークの中で注目する作家たちを取り上げ、それぞれを個展形式で紹介する展覧会です。昨年の第1回展に引き続き開催する今回は、国内外で活動する9名に参加を呼びかけました。

このたび選ばれた作家たちの年齢は30代前半から50代後半までとかなりの幅があり、また作品の有りようも平面、立体、映像、インスタレーションと様々ですが、いずれも自身の道を真摯に追求し、独自の表現スタイルを獲得するに至っています。

彼らの仕事を通じて、今日の美術状況をご覧いただくと共に、現代の作家たちがいかに社会に向き合い、どのようなまなざしを持って制作を続けているか確認いただきたいと思います。(サイトより)

出展:Peter BOGERS、平川滋子、石川直樹、金田実生、宮永愛子、村井進吾、大平實、齋藤芽生、津上みゆき


会期:3月4日(水)〜5月6日(水)10:00〜18:00 金20時 火休(5/5は開館)3/28(土)は「六本木アートナイト」開催にともない22時まで開館
会場:国立新美術館 企画展示室2E(東京都港区六本木7-22-2 ハローダイヤル 03-5777-8600)
観覧料:一般1,000円、大学生500円、高校生または18歳未満の方および障害者
手帳を持参の方(付添の方1名を含む)は無料

< http://www.nact.jp/exhibition_special/2009/af2009/index.html >

◇アーティスト・トーク
ペーター・ボーゲルス、平川滋子/3月7日(土)14:00〜16:00
村井進吾、宮永愛子/3月28日(土)20:00〜21:00
津上みゆき×佐野みどり(学習院大学教授)/4月4日(土)14:00〜15:00
石川直樹/4月10日(金)18:00〜19:00
齋藤芽生、金田実生/4月18日(土)14:00〜16:00

◇アーティスト・ワークショップ 村井進吾(彫刻家)
「石から生み出すいろいろなカタチ」/4月5日(日)13:30〜17:00