グラフィック薄氷大魔王[175]タブレットの大小/吉井 宏

投稿:  著者:  読了時間:5分(本文:約2,100文字)


intuos4に限らずタブレット全般の「サイズ」の話です。

タブレットを選ぶとき、一般向けのbamboo(以前ならFAVO)か、プロ向けのintuosか、ってのがありますが、性能的には現行の製品ラインでは「高級」か「超高級」かくらいの差なので、プロはintuosを選ぶべきとはぜんぜ思ってません(ただし、bambooは描画面の外の枠が狭い上に傾斜がついていて手がずり落ちてしまうので、僕は好きじゃないですが)。intuos4のON加重が軽くなってスゴイ! とはいっても、微妙な筆圧感知の恩恵を受けないタイプの絵を描く人や、Illustratorのベジェいじりがメインな人には関係ないし。どちらでもお好みで。

もう一つの大きな選択に「サイズ」があります。予算の問題を別にして、どのサイズが使いやすいだろう? ってことですが、これが実はむずかしい。初めてタブレットを買う人には「使いやすいサイズ」の基準がないので、とりあえず中間のサイズを購入してもらって、慣れてもらうか、どうしてもダメか判断してもらうしかしょうがない。



残念なのは、最初に購入したタブレットを「あ、使いにくいや」って放り出してしまう人がけっこう多いらしいこと。先週も書きましたが、使いやすいように工夫したりカスタマイズしたり、サイズを大きいものに買い換えたりした上で結論を出してほしいなと。

WACOM Intuos4 Special Edition PTK-440/K1大きなタブレットが広すぎたら描画範囲をドライバで小さくできるので、大きな方が安全。小さなタブレットは大きなタブレットを兼ねられない、というのが従来の常識だったけど、intuos4の「プレシジョンモード」である程度ひっくり返せるので、中間のMサイズでほとんどの人はなんとかなると思います。

●小さなタブレット

一般的に、指先の動きで細かい部分も描けてしまう器用な人は小さなタブレットで十分と言われてます。デュアルモニタの二つの画面を小さいFAVOに割り当てて使っててぜんぜん平気な有名プロの人もいました。手を大きく動かさなくても、メニューやパレットにアクセスできるので疲れない。使わないときにジャマにならないのも小さいことの利点。ノートパソコンやキーボードの右側にタブレットを置いて作業するのにも向いている。

●大きなタブレット

一方、大きなタブレットは、腕全体で描くタイプの人に支持されるようだ。intuos3のテーブルサイズの1231Wでないと描く気がしないという人も知ってる。僕はどちらかというとこちら。画面の拡大・縮小を頻繁にしなくても、全体が見えているままで画面の一部に対して描画しやすい。腕を大きく動かして滑らかな線を描くのもやりやすい。反面、メニューやパレットまでの距離が遠いので何千回も往復することになり、疲れてしまう(10秒に一度パレットなどに手をのばすとしたら、12時間で4320回!!)。キーボードの置き場所にも困る。

僕は大きいタブレットほど描きやすいと思っていたので、intuos3で言えば、最初に630、次に631W、最近は930をメインとして使ってました。だんだん大きくなってます(余談。930はワイドタイプではなく、シネマディスプレイHDで使うと上下の描画面が余ってしまうのだが、ドライバで180度ひっくり返して描画面割り当てを手前に寄せると、上側にキーボードを載せてちょうどいいサイズだったのです。タブレットとキーボードが一体化。これは使いやすかったです)。

intuos4のコメント準備用にいただいたのはMサイズでしたが、僕が使いやすいサイズより二回りも小さく、とてもじゃないけどメインで使えるとは思ってませんでした。でも、しばらく使ってるうちに、このサイズもいいなと思えてきました。

というのは、大きいタブレットで広い範囲に描く場合、手の位置をたびたび変えてペンを動かす基準点を決める動作をすることになる(無意識にやってますけどね)。その点、小さいタブレットでは掌の位置を固定したままでも画面上の広い範囲に描けるので、基準点決めの回数が格段に少なく、安定して描ける。

あと、大きなタブレットでは、中央で描くときに完璧に角度を合わせてあっても、端のほうでは水平垂直な線が引けなかったりする。体に対しての手の位置がずいぶん変わっちゃうからです。これを避けるには、ズームやスクロールを頻繁に行って、なるべく中央で描くしかない。小さなタブレットで描くのに慣れてる人はこの問題は少ないと思う。

上記を踏まえてMサイズを使ってみると、手を大きく動かせないのと引き替えに、いいこともあるようです。もう慣れてきました。鉛筆やペンの持ち方のフォーム改造を経て、指先で描くのに慣れてきてたのも都合がよかった。しばらくMサイズのintuos4で仕事してみようと思ってます。

【吉井 宏/イラストレーター】hiroshi@yoshii.com
HP < http://www.yoshii.com >
Blog < http://yoshii-blog.blogspot.com/ >

PicasaのMac版のベータを入れてみた。Adobe Bridge4より動作がぜんぜん軽くて速いしWebとの連携も簡単で素晴らしいんだけど、画像登録中にやたらと落ちるのが惜しい。っていうか落ちすぎて使う気になれないほど。アップデートが待ち遠しい。