電子浮世絵版画家の東西見聞録[76]ボヘミアンナイト開催/挽肉のミルフィーユ/HAL_

投稿:  著者:  読了時間:8分(本文:約3,600文字)



●ボヘミアンナイト開催

公開生放送&業界交流会のお知らせです。サブカル系のWebマガジンを発行している「Bohemian(ボヘミアン)」発のファン交流イベントです。ボヘミアンは様々な分野の新しいサブカルチャーを発見する、新人発掘サイトとして運営されています。
< http://www.bohemian.jp/ >

現在の執筆陣は、イラストレーターのラジカル鈴木さん、西山カルロスさとしさん、青首大根のはじめさん、久多麩羅画堂さん、等々様々な著名作家達が揃っています。そして、今回のイベントにはJ-Waveナビゲーターとしてお馴染みのロバート・ハリスさん、タレントの弓月ひろみさん、クリエーターのヒラヤマユウジさん、ほか動画連載人たちも登場します。もちろん、わたくしHAL_も会場内で楽しむつもりです。



○Bohemian Night
日時:6月5日(金)18:30〜21:00 定員:150人
場所:club edge tokyo(六本木のCLUBです)
< http://www.edge-tokyo.jp/ >
参加費:一般入場5,000円(前売り/事前登録4,000円)2ドリンク+ブッフェスタイルの軽食つき。参加者はパーティ後、EDGEのクラブ営業時間内フリーの特典つき(クラブ初体験の方でも気軽に楽しめます)。

大手出版関係者、編集者、放送業界関係者、プロデューサー、音楽関係者などさまざまなメディア関係者をお呼びし、人と人をつなぐ業界交流パーティ。クリエイター、イラストレーター、ライター、芸能関係の皆様、そして将来業界を目指しているという方も、是非ご参加ください。今回は、第一回の開催ということで、作品を持参しての売り込み、ステージでのPRも無料にて受付けています(事前受付)。
< http://hal-i.com/pdf/BohemianNight.pdf >

○BohemianTV公開生放送

J-WAVEのナビゲーター・作家としておなじみのロバート・ハリス、FM横浜リポーター・フードアナリストのタレント弓月ひろみ、ぴあ・学研・ベネッセなどで活躍、リアルタイムアニメーション番組で大人気のキャラクター"ジェロニモ"の作者であるクリエイターのヒラヤマユウジ、カナダCOREL社"Painter"のペインターマスターであり、WACOMタブレット使いとしてApple Storeデジタルデッサンワークショップを主宰する電子版画作家のHAL_。ほか、Bohemian連載作家などプロとして活躍する第一線のアーティストが集合。特別番組は、会場内の特設ブースからStickamTV生放送でお届けします。その他、ステージMCにはbayfmアナウンサーの沢野有希が登場。上記の皆さんもパーティ会場に登場しますので、どうぞお楽しみに。

主催:ジョイントワークス・Bohemian事業部
協力:株式会社圭三プロダクション、ユーファクトリー株式会社、株式会社つばさビジョンclub EDGE tokyo(順不同)
webマガジンBohemian協賛企業:株式会社ワコム

事前登録はこちらのメールフォームからお願いいたします。
< http://www.bohemian.jp/form/bn.html >
※本フォームより予約受付後、受付完了メールが届きます。

◇本日のお薦めYouTube Music──ザ・キンクス(The kinks)

ブリティッシュロックファンなら格別の思いのある方も多いはず、ビートルズ、ローリングストーンズと並ぶ、ザ・キンクスです。ロックファンでなくても、"you really got me" は聞いたことはあるでしょう。友人が大のキンクスファンで私も彼の影響を受けましたが、個性の強い音作りは日本の中では少数派の域を出ませんでした。そして、いきなりデビュー後のスタイルをコミカルとも思えるコンセプトアルバム作りに変貌させていきました。ビートルズとストーンズのイメージに挟まれて、変人的な振る舞いは疲れたのでしょう。作曲とボーカルでもある、レイ・デイヴィスの弟のデイブ・デイビスが2004年に脳卒中で倒れた後、キンクスは再結成の噂がたびたび出ていますが実現は難しいでしょうね。

the kinks- you really got me
< >
The Kinks - Sunny Afternoon
< >
The Kinks - "Apeman"
< >
THE KINKS - ANIMAL FARM
< >

●キャベツとひき肉のミルフィーユ

今回は、ロールキャベツをいっぺんに作ってしまおうといった感じの、挽肉のミルフィーユです。ロールキャベツより手間はかからず、大きな固まりで出てくるミルフィーユは、ちょっと豪華なおもてなし料理といった趣です。トマトソースの酸味のあるさっぱりした味と、ホワイトソースのまろやかさがキャベツと挽肉に良くからみ、彩りが食卓に花を咲かせます。煮込んでしまうので、普段捨ててしまうような外側のキャベツの葉を使うのも経済的ですね。

《材料》牛ミンチ300グラム、豚ミンチ200グラム、タマネギ中1個、エリンギ2本、パン粉半カップ、卵1個、キャベツ大きめの葉5〜6枚、ローリエ1枚、トマト水煮缶400グラム、ニンニクのすりおろし適宜、ブイヨンキューブ1個、塩と胡椒少々、ナツメグ少々

・ミルフィーユ
ボールにミンチを入れて、タマネギのみじん切りパン粉、卵、塩胡椒、ナツメグを入れハンバーグの生地をつくります。径20センチぐらいの厚手の鍋に、キャベツは大きめに切って数枚敷き詰め、その上にハンバーグ生地1/4の量を平らに敷き詰めます。さらにキャベツをのせ、ハンバーグ生地をのせ4段の層をつくります。その上に、ブイヨン50CCのお湯で溶いたスープにローリエを入れ、中火のコンロにかけて沸騰して来たら弱火にして30〜40分煮込みます。

・トマトソース
小鍋に水煮缶、ニンニクのすりおろし、オリーブオイル大さじ1入れ、煮込みます。とろみがついたら塩と胡椒で味付けして、細かめのザルで漉して出来上がりです。

・簡単ホワイトソース
小麦粉大さじ2とバター大さじ2を、耐熱ボールに入れレンジにかけます。取り出して良くかき回し、牛乳を入れのばします。これをまたレンジにかける、そして混ぜるを繰り返し、好みのとろみが出て来たところで塩とナツメグ少々を入れ、出来上がりです。

盛りつけは大きめの皿にトマトソースを流し、ミルフィーユを中央に乗せます。その上にホワイトソースを流し、最後に色つけのイタリアンパセリを載せて食卓に出します。
 

●Macで楽しいタブレットデッサン:Painter ワークショップ 第2回

大好評だった第1回目に引き続き、2回目日程が確定しました。
ぜひ足をお運びください。
日時:6月4日(木)19:00〜20:00
場所:アップルストア銀座(東京都中央区銀座3-5-12 サヱグサビル本館 TEL.03-5159-8200)
協賛:株式会社ワコム、COREL株式会社、デジタルハリウッド
協力:Flying Books

デッサンとは、輪郭線や視覚的特徴をつかむ絵画の基本的な訓練の方法として、修行を積まなければならない技術と思われています。そして「デッサン力」は絵描きはもちろん、デザイナーやイラストレーターの基礎的な能力として必要だとも言われています。現在、多くのカルチャーセンターなどでデッサンを学ぶことは出来ます。しかし、本来デッサンには描くための手順は存在しません。

デジタルの時代、MacとタブレットそしてPainterなどのグラフィックソフトがあれば、デッサンは手軽に始められるのです。この講座はアカデミックな考え方に留まらず、Painterとタブレットを生かした新しいデッサンの考え方を、月に一度のペースで参加者と共にゆっくり勉強できたらと考えています。第二回目のテーマは「絵に対する苦手意識」です。デッサンを自分のものにしたい、デッサンで遊んでみたい、デッサンを研究したいなどデッサンに興味のある方、ぜひご参加下さい。

【HAL_】横浜在住アーティスト hal_i@mac.com
Web < http://homepage.mac.com/HAL_i/ >
Web < http://lohasfood.exblog.jp/ >
Web < http://Web.mac.com/hal_i/ >