ところのほんとのところ[20]One second book(1秒の本)/所 幸則

投稿:  著者:  読了時間:5分(本文:約2,100文字)


去年の9月28日(日)から10月4日(土)まで、ギャラリーコンシール渋谷で開催した個展「渋谷1sec(瞬間と永遠)」。これを機に、[ところ]は新しい「第二期所幸則」として生きていくことにした。

CHIAROSCURO 天使に至る系譜第一期所幸則は、2006年「CHIAROSCURO 天使に至る系譜」(美術出版社)で20年の終止符をうったつもりだ。ここには[ところ]の20年以上の作品と、考え方、アイデアの出し方、手法までほとんどがつまってるのだから。この本の出版は、所幸則を一度リセットしたかったからだったんだと思う。

実際は2000年ぐらいから考えてたのだが、なかなか新しい方向性が定まらない。[ところ]がこれだと思ったのは、2008年に「One second」という概念を思いついたときだろう。それに、モノクロとランドスケープ、これらがそろって初めて「第一期所幸則」にリセットをかけられたと思っている。


作品集の出し方についても、いままでのように出版社からの依頼で出すというやり方以外にしたいと思った。[ところ]と、デザイナーと、印刷屋さんと、ファンの力で出すというやり方だ。本を出す資金のために特別に作ったサイズのオリジナルプリントを買っていただいて、そのお金で本を作る。60ページもある本ではなく、個展会場にある20ページぐらいのカタログのようなイメージ。その代わり高級感があり、かっこいい。そういう本にするつもりです。

第1号は、去年9月〜10月の個展「渋谷1sec(瞬間と永遠)」で出したもの全てを掲載ということにした。この個展が記念碑のようなものであったから、[ところ]としては一区切りつけたかった。

第2号は、その最初の個展が終ってパリに行った後から撮り始めた、初夏までのシリーズにするつもり。僕のなかでの変化がわかっておもしろい。1号の売り上げで2号を出すことにしている。

[ところ]はこれから2年間、イベントや個展続きなのでその場で売るほか、今決まってるのは川崎のマニアックなセレクトブックショップPROGETTO(TEL.044-211-4616)です。予約もしちゃってもいいですよ。あと2〜3店舗に直接頼みにいきます。新宿とか恵比寿、心斎橋あたり。1,500円〜1,750円(予価)で600〜700部くらい。

さて、重要なのはデザイナーの選定だが、最初から頭にあったのが、コシノヒロコデザインオフィスにいる上田康文君だ。聞いてみると快く「今、一番好きな写真家だから」とOKしてくれた。印刷屋さんとも仲良しなのと、彼が作ったコシノヒロココンセプトブックを小さくしたものが[ところ]のイメージだったので、なんとも理想的なことになってきた。

もう一つ大事なのがファンの力。これも十分気をつけて、良く知っているファンにだけ事前予約を募集した。想像していたよりバッと集まったけれど、デザインが凝ってるせいか印刷の見積もりが思ったより高く、もう一度追加募集してなんとかなりそうだけど、結構大変。新しいことをするってむずかしいなあ、と実感する[ところ]であった。

そして、もっとも大事なことは、[ところ]の「One second」の考え方がちゃんと伝わるかどうかだ。本の頭に[ところ]式「One secondを見るための回路」が自然にできるような文章が必要だ。今回はインタヴューで[ところ]の「One second」の考え方を誘導してもらうかたちにした。インタヴュアーは大学時代の同級生シンモト君。僕の口から出た自然な言葉でまとめてもらう。

先日、デザイナーの上田君が手作りのほぼ完成形の本を持って来てくれた。なかなかいい感じです。もちろん細かな修正点はあるんだけど。2006年の「CHIAROSCURO 天使に至る系譜」(アマゾンで買えます)と、2009年「One second 01」の両方を見て、[ところ]の頭がどうなってるのかをぜひ分析してみてください(笑)。

さて、久しぶりにスポーツグラフィックマガジン「Number」で、表紙とメインの特集をやった。もちろん、One secondでやらせてもらった。

ずっとポートレートを撮っていなかったせいもあって、かなり緊張したが、相手は4年程前に名古屋グランパスで撮ったこともあった本田圭祐君だったので、とても楽しく撮影できた。たまにはポートレートもいいものだと思ったよ。

とりわけ特集の中で、ミッドフィルダーの動きをOne secondで撮ったのと、顔のアップを初めてOne secondで撮ったものは、[ところ]にとってかなりの収穫になったかもしれない。7月2日号だからまだ書店にあると思います。見て下さいね。このところ、体力的にとても大変な[ところ]でした。

【ところ・ゆきのり】写真家
CHIAROSCUARO所幸則
< http://tokoroyukinori.seesaa.net/ >
所幸則公式サイト
< http://tokoroyukinori.com/ >

photo
CHIAROSCURO 天使に至る系譜
所 幸則
美術出版社 2006-02
おすすめ平均 star
star『CHIAROSCURO 天使に至る系譜』…私の宝物!
starクリエイター必携!
star天使の世界へと旅する扉
star所幸則という写真家の世界観に圧倒される一冊。
starフォトグラファー、所幸則氏のエッセンス集

SAIですぐできる!スーパーペイントテクニック (100%ムックシリーズ)

by G-Tools , 2009/07/10