電子浮世絵版画家の東西見聞録[83]横浜黄金町映画祭、手延べ白石温麺/HAL_

投稿:  著者:  読了時間:6分(本文:約2,900文字)


とある事情で「第2回・黄金町映画祭」に、スタッフとして運営に関わることになりました。この黄金町映画祭は第2回目で、昨年の第1回開催は「再上陸─海外が注目する日本の才能」をテーマに、様々な日本映画の中でも海外から高い評価を得た作品たちを取り上げ、注目を集めました。期間中は参加作品の監督、映画関係者を招いたシンポジウム、学生の作品上映などがあり、かなりの盛り上がりを見せたようです。

そこで私も、ここ数か月の間、映画祭の中心になる劇場「シネマ・ジャック&ベティー」に何度も足を運んでいます。黄金町は数年前までダークな存在であり、足を踏み入れるのも怖い街であったようです。この地域は第二次世界大戦中に壊滅し、戦後はヒロポン密売や非合法の青線地帯として街が栄えました。当時は警察官の巡回すら身の危険を感じる地帯であったとかで、新宿の歌舞伎町の怖さどころではなかったようです。

横浜開港祭が近づいた2005年、そんな街のイメージを払拭すべく警察の手が入り、街の人々も立ち上がり、新しく明るい街にすべく活動しはじめています。事実上堂々と売春行為を行っていた「ちょんの間」と呼ばれる飲食店も、2007年には改造され若者向けの店になってきているとということで、現在は危険な街ではなくなったのでしょうが、なんとなくね。はじめの頃は、委員会に行くためこの街を歩くのがちょっと不安でした。



黄金町は、黒澤明監督の「天国と地獄」の舞台になったことでも有名で、映画とは深い関わりがある所です。そして、昨年の映画祭ではこの街に住む住人であれば誰もが知っていたという、白く厚化粧した売春婦メリーさんを追った片岡希監督作品「ヨコハマメリー」という作品もジャック&ベティーで上映され、マスメディアでも話題になっていました。残念ながら私は見逃してしまっています。

ヨコハマメリー
< >

今回の私の関わりはダークな側面ではなく、もっと明るい未来を見つめようということで、地域の子供達を中心に、ヨコハマの良いところを彼らの目線で追った作品を作ってみるというワークショップに参加します。もちろん難しい話ではなく、映画館の裏側を見学させてもらったり、アニメーションの原点であるフィナキスティスコープ(おどろき盤)を作ったりするワークショップなどです。また、子供達に自分の自慢する横浜の写真を撮影してきてもらい、それを映画として組み立てるフォトシネマを作ります。

作ったフォトシネマは、フィナキスティスコープを映像化したものや、ワークショップの模様を撮影した映像と組み合わされ、一本の映像作品として映画祭で上映されることになっています。黄金町の人だけではなく市外からの参加も可能ですから、ご興味のある方はご連絡下さい。もちろん、ボランティアスタッフとして参加して下さる人も大歓迎です。

映画祭日程は9月18日(金)から23日(水)まで、ワークショップは19日(土)に開催です。詳細は現在チラシ制作中ですので、完成したらPDFでダウンロードできるように致しますので、よろしくお願いいたします。

───────────────────────────────────
◇本日のお薦めYouTube Music──ヴェルヴェット・アンダーグラウンド
(米:The Velvet Underground)
アンディ・ウォーホルがデザインしたバナナと言えば、当時のロックファンの誰もが知るレコードジャケットデザインで、初期のアルバムはバナナのステッカーをゆっくりはがすと果肉が現れた。ルーリードが作詞作曲を手がけているが、このバナナアルバムにはウォーホルが加入させたニコが加わっている。ヴェルヴェッツは大きな成功はなく活動も4年間と短い期間だったが、オルタナティブ・ロックムーブメントを作る大きな原動力になったことに間違いはない。

The Velvet Underground - Heroin
< >
The Velvet Underground-Sunday Morning
< >
the velvet undergound &nico - Femme Fatale
< >

───────────────────────────────────
◎手延べ白石温麺を使った二品

白石温麺を知っていますか。温麺(うーめん)は作る時に油を使わない素麺だということは知っていましたが、油を使わないので消化も良く、夏場にぴったりな食材だとのことです。夏ばて気味で、食欲のない時でもさらっといただけます。
< http://ja.wikipedia.org/wiki/温麺 >

まず温麺はたっぷりのお湯で2分半から3分ゆで、素早くザルに上げて湯を切り、冷たい水で2〜3回洗い流し、麺をひきしめておきます。

今回の具は、旬の野菜の茄子とゴーヤです。ナスとゴーヤは小口切りに。茄子は水にさらしアク抜きし、ゴーヤは塩で軽くもみ、水でさっと洗って苦みを和らげます。我が家ではゴーヤの苦みが好きなので、水洗いはせずに使います。

茄子とゴーヤの水分を拭き取ってから、フライパンにごま油を引き炒めます。全体がシンナリしてきたら砂糖少々を入れ、最後に好みの味噌を加えます。この熱い茄子とゴーヤの炒め物を冷たい麺にのせます。

もう一品は、生なめこをさっと水で洗ったものとエノキを小鍋に入れ、日本酒と和風だしの素と醤油で味つけし、さっと煮たたせたものを冷やしておきます。温麺の上に盛りつけ、茗荷と小葱の小口切りをトッピングします。

●ファンキーな業界パーティ! 第2回Bohemian Night
< http://www.bohemian.jp/night/index.html >
日時:8月7日(金)OPEN/18:00 START/18:30 〜22:00
(+EXILES NIGHT深夜まで! クラブ営業内フリー!)
場所:club edge tokyo 六本木一丁目駅から徒歩2分
< http://www.edge-tokyo.jp/ >
限定150名・先着順 事前登録:4,000円(当日:5,000円)
1ドリンク+美味しい軽食ブッフェつき
↓一般チケット完売の前回の様子を写真とレポートで紹介
< http://www.bohemian.jp/night/0605_01.html >

【HAL_】横浜在住アーティスト hal_i@mac.com
Web < http://homepage.mac.com/HAL_i/ >
Web < http://lohasfood.exblog.jp/ >
Web < http://Web.mac.com/hal_i/ >