デジクリトーク DTPデータ解体新書──DTPな人たちのフォントは今 DTPで「ライセンスフォント」を使用していますか?/笹川純一

投稿:  著者:  読了時間:5分(本文:約2,300文字)


株式会社吉田印刷所で7月に行ったアンケートは「DTPで「ライセンスフォント」(フォントレンタル)使用していますか?」という内容でした。

フォントの買い方には、パッケージでの購入の他に、「ライセンスフォント」(レンタルフォント)といわれる「期間を定めて、使用料を支払い、フォントを使用できる」タイプのものがありますが、このライセンスフォントを使用していますか? ということをアンケートでお答えいただきました。結果は以下の通りです。

◎DTPで「ライセンスフォント」を使用していますか? …投票数:384票

  ●はい           … 39.3%
  ●いいえ(知らない)    … 29.7%
  ●いいえ(導入予定はない) … 22.9%
  ●いいえ(導入を検討中)  …  8.1%

1位は「ライセンスフォントを使用している」という方が約40%でした。
思ったより高い割合だった、という印象を受けました。



いまはライセンスフォントを使用していないが、検討しているという方がすべて今後ライセンスフォントを導入したと仮定すると、インターネットでアンケートにお答えいただいたおよそ半数の方がライセンスフォントを使用することになります。これはもう時代の流れとして、ライセンスフォントが選択肢の大きな位置を占めているといってもよい割合なのではないでしょうか。

また、この結果は2008年の11月頃に同じようにアンケートを取った「みんなが使っているDTPのフォントの種類は何だろう?」というものでも、一番使用しているフォントの種類としてOTF(Open Type Font)があげられており、OTFを導入する際にライセンスフォントを導入されているケースも多いのではないかと推測されます。

・みんなが使っているDTPのフォントの種類は何だろう?
< http://blog.ddc.co.jp/mt/mail/archives/20081117/110600.html >

2位は「ライセンスフォントを知らない」という方で約30%でした。「ライセンスフォントを知らないなんて!」と思われる方もいらっしゃるかと思いますが、先ほどの「みんなが使っているDTPのフォントの種類は何だろう?」のアンケートでも「フォントの種類を知らない」という方が20%いることから考えると、既にフォントがインストールされて環境が構築されていたりすると、フォントライセンスに対しての興味や関心が湧かないため、ライセンスフォントという言葉に巡り会うことなく(もしくは巡り会っていても視界に入ることなく)、結果として「ライセンスフォントを知らない」という回答になったのではないでしょうか。

3位は「ライセンスフォントの導入予定はない」という方が約25%でした。これはMacやWindowsなどの環境にもよるかと思いますが、以前よりDTPをされていて、CIDやTTFでフォント環境が構築されている方、つまりパッケージでフォントを購入されている方は、新しいフォントを購入しなくてもフォント環境が既に構築されているので、ライセンスフォントを導入する意味があまりないとも言えます。

こうした方々は、ライセンスフォントを導入するに当たっての直近のコストパフォーマンスがあまり良くないため、導入の予定はないという回答になるのではないでしょうか。

もちろん「何百書体もいらない」「一定のフォントしか使わない定型のお仕事だ」というのであれば、ライセンスフォントを導入しなくてもパッケージで購入した方が明らかにコストパフォーマンスがよい場合もありますので、そうした方も含まれているかと思います。

4位は「ライセンスフォントの導入を検討している」という方で約8%でした。以前より使用してきたMacのDTP環境から、新しいMacもしくはWindowsのマシンを購入してDTP環境を作る場合は、フォント環境が大きく変化する瞬間です。こうしたことを考えられている方が「ライセンスフォントの導入を検討している」という回答をされたのではないかと考えられます。

全体として、ライセンスフォントは利用している人、検討している人を含めると、かなり多くの方々にその存在が浸透していることが今回のアンケート結果から伺えました。

ただし、約30%はライセンスフォントそのものがわからないというアンケート結果も出ており、以前のアンケートも含め、フォントライセンスや仕様などの関心が低いユーザー層もかなりいることも伺えました。DTP業界のユーザースキルのレベルアップのため、DTPの業界団体を始め、フォントベンダーからもこうしたユーザーへの情報発信や情報共有が求められるのではないでしょうか。

今回のアンケートにも、DTP駆け込み寺の和尚様・読者様、デジタルクリエイターズの発行者様・読者様にご協力を頂きました。また、弊社ページをご覧頂き、アンケートにお答え頂いた方々にも御礼申し上げます。ありがとうございました。

〈アンケート概要〉
アンケート期間:2008年7月7日〜2009年7月31日
アンケート対象:主として「DTPサポート情報blog」閲覧者
アンケート方法:以下のページのウェブサービスによる回答(無記名回答)
< http://blog.ddc.co.jp/mt/dtp/archives/20090707/133000.html >

〈関連ページ〉
日刊デジタルクリエイターズ
< http://bn.dgcr.com/ >
DTP駆け込み寺
< http://www.dtptemple.org/ >

【笹川純一】sasagawa@ddc.co.jp < http://www.ddc.co.jp/ >
DTPデータ入稿を手がけている、個人的には若手だと思っている印刷会社の人。