グラフィック薄氷大魔王[204]OmniFocus復活とBento3/吉井 宏

投稿:  著者:  読了時間:6分(本文:約2,600文字)


オムニフォーカス以前、「恐怖のGTDツール」として、あまりのキビシさにシッポ巻いて逃げた顛末を書いた「OmniFocus」。先日、スケジュール立てがややこしすぎて頭が混乱しはじめたとき、もしかしたら役に立つかもと思って、購入してみました。

OmniFocusの何が恐怖だったかというと、GTDの目的と真逆になってしまって、どれだけ片付けても大量のやるべきことがどこまでも追いかけてくる恐怖。GTDってのは、ToDoや予定を全部書き出して頭から追い出し、今やるべきことに集中して効率を上げる考え方。予定表を見ないと何をやらなくちゃいけないのか思い出せない僕としては、OmniFocusのToDoリストを何度も見てるうちにやるべきことを覚えてしまい、頭がパンパンになってしまうのであった。

で、なんで復活させてみようと思ったか。完璧なGTDを目指してしまうとしんどいけど、単に「次にやるべきことを、優先度や締め切り日に応じて自動的に提示してくれるソフト」としてなら、身構えなくても便利に使えるのではないかと。


使ってみようと思ったきっかけは、頭が混乱する系の仕事でした。キャラクター数体一組のバリエーションセットがたくさんあって、別々のタイミングで別々の段階にあるキャラクターを、別々の締切に向けてそれぞれ並行して進めるというものでした。

テキストでチェック表みたいなものを作ったのですが、修正や変更が重なってくると、何が終わってるのか何が残ってるのか、次は何に取りかかればいいのか、もう何が何だかわからなくなってくる。

OmniFocus導入後は、何がどれだけ進んでいて、完了してたり指示がまだだったりするものがひと目でわかる。なんといっても、どれを今やればいいかがリストの一番上に表示されてるので、不要な混乱や迷いがなくなって快適です。

忙しくないときはあまり見ないようにしてます。仕事が混んできたときの、お助けツールとして考えてればいいんじゃないかと。とはいえ、ToDoをしっかり記入しておきさえすれば、今日はどういう順序でやろうか計画しなくても済むのは確かにラク。リストに上がってるものにだけ集中すればいいんです。

OmniFocusにはiPhoneアプリも用意されていますが、外出中にまでToDoに追いかけられたくないので不要と思ってましたが、このテキストを書いてる最中に購入してみました。帰宅してから「ああっ、アレ買ってくればよかったのに!」ってことがしょっちゅうあるので、外出時に役に立つでしょう。買い物リストを行き先別に作って登録しておけばいいので。
OmniFocus< http://www.act2.com/products/omni-focus.html >

BENTO 3一方、Bento3。こちらは最初のバージョンからずいぶん進化しているらしいので、1ヶ月有効な評価版を入れてみました。目的は、以前試みた時と同じくファイルメーカーProからの乗り換えです。シンク可能なiPhone版も出ているので、便利そうだなってこともありました。

ファイルメーカーProの住所録をタブ区切りテキストで書き出し、Bento3で読み込む。10数年間改良を重ねた、住所録の機能のすべてをBento3に完全読み込み成功。アドレスブック.appと共有するデータとして読み込むため、多少無理してる部分もあります。元のファイルメーカーデータのままに新規データベースとして読み込む方がいいんですが、アドレスブックデータにしないと困ることがあるんです。Bentoには住所ラベル印刷機能がないので、アドレスブック.appのプリント機能を使う必要があるんです。

Bento3でグループ分けし(例えば、年賀状を出す人をチェックして検索で抽出したグループとか)、アドレスブックでラベル印刷してみました。ところが、どういうわけか、「敬称」があったりなかったりする! いろいろ試してみたんですが、どうしても全て敬称付きでプリント出来ない〜〜。

とりあえず、今年もBento移行は失敗。ホントは万能なファイルメーカーProからコンシューマ向けのBentoへ移行する必要はないんだけど、iPhoneアプリが魅力的。なので、ファイルメーカーのiPhone用アプリも出してください〜。
Bento3 < http://www.filemaker.co.jp/products/bento/index.html >

【吉井 宏/イラストレーター】
HP < http://www.yoshii.com >
Blog < http://yoshii-blog.blogspot.com/ >

この一週間、見逃していた映画をまとめてDVDで観てました。「レオン」「ダークナイト」「WALL・E/ウォーリー」「スパイダーマン2」「硫黄島からの手紙」「スピード・レーサー」。どれもイイ。「レオン」や「ダークナイト」が素晴らしいのは当然として、ヒットもせず評価もイマイチっぽい「スピードレーサー」、めちゃくちゃイイじゃないですか! すごい楽しかった。マトリックスのウォシャウスキー兄弟監督なんだけど、はっきり言って「バカ映画」に近いです。なのに、それがたまらんのです。この手の、原作コミックをバカバカしいまでにコミックテイストのまま実写映画化した作品、「ディック・トレイシー」「シン・シティ」「300」などに、僕はハマるようです。

「マッハGo!Go!Go!」を当時テレビで親しんだ僕には、当時の空想がそのまんま再現されてるようで、うれしかった。アニメっぽさを極彩色で表現。アクションや音楽もオリジナルがアレンジされて出てくる。あれだけのスピード感とカメラぐるぐるにもかかわらず、3D酔いにならないように配慮されてるらしく、究極的にスカッとする映像体験でした。DVDでは画面密度がボケちゃっててもったいないので、ブルーレイでもう一度見直したい。最初から最後まで、オリジナルへの愛がビンビン伝わってくる。このくらいの愛情をもって「ドラゴンボール」も映画化してくれたらよかったのに。

・アニメ『ヤンス!ガンス!』放映中。
TVK(テレビ神奈川)金曜朝7:25と深夜25:25。

photo
BENTO 3
ファイルメーカー 2009-09-30

Adobe Photoshop Elements 8 日本語版 乗換・アップグレード版 Macintosh版 宛名職人Ver.16 アップグレード版 iWork '09 Apple Magic Mouse MB829J/A 宛名職人Ver.16


photo
オムニフォーカス
アクト・ツー 2009-02-26

はじめてのGTD ストレスフリーの整理術 iPhone情報整理術 ~あなたを情報''強者''に変える57の活用法!(デジタル仕事術シリーズ) 整理HACKS!―1分でスッキリする整理のコツと習慣 MobileMe (パッケージ版) BENTO 3

by G-Tools , 2009/12/16