KNNエンパワーメントコラム Appleタブレットが発表されると...日本は"鎖国"へ?/神田敏晶

投稿:  著者:  読了時間:7分(本文:約3,400文字)


KNN神田です。

泣いても笑っても、2010年1月27日(水)朝(米国時間:日本時間では翌28日深夜)には、Apple社から念願のタブレットタイプの新たなコンピュータ(?)が発表されていることだろう。このところ、Appleの新製品の勝手リーク情報は、かなりの確率で当たりはじめているので、これらの情報はかなり精度が高いはずだ。

昨年は、こんな記事を書いたが...
2010年Time,Inc.の提案する雑誌の未来図は、マルチメディア時代のまま
< http://j.mp/4Ue2Zo >(デジクリサイト内)

電子雑誌としてはこれらの機能は不可欠だ!
1.「検索機能」単語検索だけでなく、関連ワード、検索保存、外部リンクなど。
2.「共有embed機能」外部のブログやSNS、Facebook、Twitterなどへの相互リンク。
3.「ネット連携機能」ビジネスモデルにかかわらず、保存やブラウズできなければならない。
4.「通信機能」Wi-Fi 3G ホームネットワークは必須だ。
5.「アフィリエイト機能」書籍の記事を紹介したり、読者が紹介することによる収益構造。

Kindle Wireless Reading Device (6さらに、Kindleを販売するAmazonは、今までのクローズドな体制を、一気にエンドユーザーへのオープン化へと戦略を切り替えて、出版社というビジネスを変容させてしまうビジネスモデルを登場させた。



・Kindle向け出版物の著者印税率を70%に倍増できるオプション
:INTERNET Watch < http://j.mp/5upfEA >

Amazon.comでは、個人作家であっても、Kindle Digital Text Platform(DTP)を使用し、Kindle向け出版物を出版できる仕組みを提供し、最大70%の印税を支払うという(但し、米国に限る)。

なぜ、Amazonがこんな大胆なことに挑むのだろうか? それは、iTunes Storeと同じことをAppleにさせないためだ。iTunesストアには個人でもiPhoneやiPod Touch用のアプリケーションを登録し、販売することができる。これの作者側の取り分が70%で設定されている。

しかし、Appleのタブレットは、電子書籍、そこだけで終わらないだろう。kindleはあくまでも電子ブックリーダーであり、本やPDFを読む端末である。Appleのタブレットは、汎用マシンだ。

Appleのタブレットの要素は、おそらくデスクトップとノートブックとiPhoneの間のポジショニングだ。机の上では、ハイパフォーマンスな処理がデスクトップに求められ、ノートブックでは、移動先であったり、サブとしての保険がメインとなっていた。そして、iPhoneはいつでもどこでもだ。しかし、新聞や雑誌を読むにはかなりのストイックな我慢が必要だ。iPhoneにおけるデスクトップやラップトップ、という位置づけだろう...タブレットは。

タブレットの一番の使い場所は、家庭内だと思う。無線LAN回線のある家庭で、デスクトップの前、テレビの前のソファ、こたつの上、台所。Kindleと同じような場所での使い方ができる。しかし、kindleは読むこと、見ることしかできなかった。

しかし、「タブレット」の本当の機能は読むということだけでなく、自分から発信側に立つことができる機能が重要だろう。もちろん、電子書籍を読むことも可能だが、今度はそれを知人たちと共有できることのほうが重要だろう。

Amazonの焦りが、kindleでの海外販売をも決断させたのではないだろうか?Appleタブレットが誕生したときに、あらゆるリアルタイムウェブのタイムラインをAppleのタブレット上に再現できるからだ。

デスクトップに戻ることなく、タブレット上で、すべてのiPhoneアプリが稼働したらどうなるだろうか? そして、新たにタブレット用のアプリケーションが登場したらどうなるだろうか?

これは今までのiPod Touchの巨大な端末であっても、処理速度と電池の問題さえクリアにされていれば使い道はあることだろう。それは、ダウンロードではなく、アップロードにある。

テレビもYouTubeで参考ビデオを検索しながら視聴し、共有するということもありだし、知人とライブチャットしながらテレビを視聴ということももちろん可能だ。

TimeInc.のような90年代マルチメディア時代の発想のDNAを引きずるアプリは、現在でいうところの、グーテンベルグの印刷術以前である。グーテンベルグの発明の偉大さは印刷術の発明よりも、今まで教会で文字が読めずに耳から聞いていた人たちが、書物が流通しはじめることによって、「文字をデコードする技術」、つまり「読書」というテクノロジーを利用できたことである。これによって書物さえあれば、識字という「文字デコード技術」を学んだものであれば、いつでも、どこでも、誰の手を借りることなく、聖書を学習することができるようになった。

・電子書籍化へ出版社が大同団結:asahi.com(朝日新聞社)
< http://j.mp/62P8OD >

おそらく、今週のアップルの発表で、日本の出版社の護送船団方式は、「日本語での鎖国」によって、21世紀のアップルの黒船による開国を拒絶することができるだろう。しかし、江戸時代に蘭学を勉強し、世界を相手に国際社会、いや次世代の日本を夢見た若者たちの一部は、「日本語での鎖国」が世界的に無意味であることにすでに気付きはじめている。

日本の市場は、「日本語」という言語が最大の参入障壁となり、海外の影響を受けにくいのは当然、しかも日本語の電子書籍が動かないと日本では全く影響を受けない。音楽はiTunesで輸入盤でもありだが、映画は字幕がないと商品とはいえない。いや、そんなこと誰も昔は言えなかった。その間に、シンガポール、フィリピン、インドと、英語を得意とするアジア諸国との間にも英語に対する格差が日々発生していく...。

今から20年後、この人口ピラミッドはもっと変わってくることだろう。
・平成20年10月1日現在推計人口:総務省統計局
< http://j.mp/8hA424 >

働き手がいなくれなれば、当然どこかから労働力を調達しなければならない。中国、南米らの移民がいなければ、サービス産業や労働集約産業はなりたたない。それらの購買力のある外国移民向けの英語、スペイン語、中国語の放送が始まり、少しは英語がしゃべれないと暮らさない世の中になりそうだ。

さらに、60や65で定年なんてありえなくなっていそうだ。60、70代は現役、80歳でようやくリタイアだろう。

おそらく、今回のAppleタブレットの発表は、紙に対する出版だけでなく、日本語という文化にも大きな影響をきっとあたえてくれると思う。

黒船は、日本に突然やってきたと思われているが、米国側から見れば西部開拓スピリッツが大西洋を越えただけである。テクノロジー時代の日本語による鎖国。ボクたちのような大人にとってはいいが、日本の未来を少ない日本人で背負っていく子供たちのために、このあたりで国際化教育を考えるべきではないだろうか。

kindleやタブレットで遊びながら英語と親しんでおいていただきたいのは、大人ではなく、子供たちだと思う。

KandaNewsNetwork,Inc.< http://www.knn.com/ >
〒251-0037 神奈川県藤沢市鵠沼海岸7-10-12 グランドソレーユ105
KandaNewsNetwork,Inc. 代表取締役 神田敏晶
Mobile 81-90-7889-3604 Phone81-3-5458-6226

photo
Twitter革命 (ソフトバンク新書 118)
ソフトバンククリエイティブ 2009-11-18
おすすめ平均 star
starやわらかにつながる革命
starTwitterの企業利用に関する情報、考察が充実
starますますツイッターを使いたくなる!
starなんとなくやってみようと思わせる
star革命性がどこまで理解できたか分からないが、かなり詳しい解説書

Twitter社会論 ~新たなリアルタイム・ウェブの潮流 (新書y) ツイッター・パーフェクトガイド Twitter Perfect Guide. (INFOREST MOOK) Twitterの衝撃 140文字がビジネスからメディアまで変える 「ツイッター」でビジネスが変わる! Twitter Power ツイッター 140文字が世界を変える (マイコミ新書)


photo
YouTube革命 テレビ業界を震撼させる「動画共有」ビジネスのゆくえ [ソフトバンク新書]
ソフトバンククリエイティブ 2006-12-16
おすすめ平均 star
star動画共有サイト解説本
starテレビは過去のものになるのか?
stargoogleとyoutube
star既得権益の危機
starYoutubeについて、一通り分かります

YouTubeはなぜ成功したのか ネットコンテンツ・ビジネスの行方 ~動画・音楽配信の最新トレンドを追う~ 心に響くウェブ動画マーケティング。 貴社がYouTube・ニコニコ動画ブームに乗れない理由。 YouTube 完全攻略マニュアル グーグルとウィキペディアとYouTubeに未来はあるのか?―Web2.0によって世界を狂わすシリコンバレーのユートピアンたち

by G-Tools , 2010/01/25