セミナー案内/大阪大学CSCD公開講座「先端統合デザイン特論I」「メディア技法と表現リテラシー」「技術リスクコミュニケーション論」ほか

投稿:  著者:  読了時間:2分(本文:約900文字)


日時:2010年4月〜7月
参加費:9,200円(学期ごと)
申し込み:サイト参照。3/23必着
< http://cscd.osaka-u.ac.jp/activity/view/420 >

「先端統合デザイン特論I」
< http://cscd.osaka-u.ac.jp/education/2010/syllabus2010_17.pdf >
デザイナ、デザインディレクタに必要な、デザイン提案能力、デザインマネジメント能力を養うための基礎力として、デザイン基礎の講義、実践、演習を行う。数学、理学を背景に持つ工学と、人間中心アプローチを背景に持つデザイン論の統合としてのプロダクトデザイン方法論を論じる。
会場:大阪大学中之島センター(大阪市北区中之島4-3-53)
< http://www.onc.osaka-u.ac.jp/others/map/index.php >

「メディア技法と表現リテラシー」
< http://cscd.osaka-u.ac.jp/education/2010/syllabus2010_21.pdf >
プレゼンテーションなどで求められる表現に関する基礎的な知識を身につけ、日頃の研究活動の成果発表の手助けとする。紙媒体から映像まで、幅広い範囲の「デザイン」の考え方を学び、その根底にある思想を吸収する。実際に身体を動かしながら、表現とは何かという根本問題を考察する。
会場:大阪大学豊中キャンパス(豊中市待兼山町1-16)、大阪大学吹田キャンパス(吹田市山田丘1-2)
< http://www.osaka-u.ac.jp/ja/access >

「技術リスクコミュニケーション論」
< http://cscd.osaka-u.ac.jp/education/2010/syllabus2010_04.pdf >
複雑な事象に直面したときに、リスク管理に係るより質の高い意思決定を行い、その意思決定の行使を阻害する組織的・社会的要因に対して適切な判断・行動をしリスク管理のための個人・組織・社会のコミュニケーションと協働を促進する仕組みの制度設計・運用ができるようになるための、"センス"を身に付けることが本講義の目標である。
会場:大阪大学中之島センター