ところのほんとのところ[40]発熱ダウンとエクスペリアとfacebookと/所幸則 Tokoro Yukinori

投稿:  著者:  読了時間:6分(本文:約2,700文字)


[ところ]は二度目の重慶(中国)の撮影に6月中旬まで行っていた。この次はロシア、その間の10日あまりに咳や発熱で倒れてしまったのである。

重慶から上海経由で日本に着いて、次の日の夜には建築家の友人の誘いで、同世代のアーティスト達が2か月に一度開催しているサロンのような場所でトークもした。その次の日あたりから咳が止まらなくなってきて、なんだかやばそうな雰囲気がしていた。

撮影としてはそうハードにこなしているような実感はないのだけれども、実際のところ去年の11月からのスケジュールを簡単に書くと、フランス>ドイツ>中国>ハワイ>中国>カナダ>中国>韓国>中国 9回の渡航で都市の数が15という数。

滞在もそれぞれ8日間から14日間とわりあい長期間で、疲労も考慮しつつ30%ぐらいは現地でゆっくりしたりもしていたので、身体の状態については不安はなかった。しかし、思った以上に時差で体内時計が狂ってしまっていたのかもしれない。

あとは、ロシア>ハワイ>中国>US>カナダ>中国>フランス>ドイツだから、折り返し地点を回った気がして、ちょっと気持ちが緩んだのだろう。加えて、広島、高松などにも4〜5回行くのだから、東京にいる間が忙しくて仕方がない。



今回も東京にいる間に、大きな広告の話が一本来ていて、ミーティング2回、撮影1日、ビタミン注射と点滴でなんとか切り抜けた。もう無理が出来る年齢ではないんだなと実感した[ところ]でした。

百日咳の疑いもあったが、抗体検査の結果はシロだった。とりあえず、無理をしない、ゆっくり寝るを基本に数日を過ごそうとするが、撮った写真の仕上げやセレクトも気になってしかたない。なにか一つ、そんなに身体の負担にならないことを、数日間ゆったりやってみようということにした。

ずっと気になっていたのが携帯電話であった。[ところ]はドコモの携帯電話をずっとsony製で通している。これまでサイバーショット携帯を使っていたのだけれど、どうにも分厚いのと、最近反応がおかしいときがあったのと、もう2年以上経っているのと、ドコモポイントも随分溜まっていのと、......と随分いいわけが多いが、sony製の新しいのが出たというので、ドコモショップに行って新製品に変えてみた。

エクスペリアという製品で、[ところ]が持っているiPod touchにずいぶん似ているなあというのが第一印象だった。ディスプレイに触るってところだけだろうけどね。ソフトバンクの携帯をiPhoneに機種変更するのがまた遅れるな、とも思った。一度にいくつも新しい機能を憶える気がないからだ。

そしてどうやら、新しく手に入れた携帯はスマートフォンと呼ぶらしい。パソコン携帯ですよ、と店員にいわれてもピンとこなかったけれど、iPhoneやブラックベリーも同じですと言われると、なんとなくわかった。だけどそれはつまり面倒なものなのかもしれない。ちょっと尻込みしてしまう[ところ]がそこにいた。

実際タッチパネルがむき出しなので、ポケットの中でしょっちゅうボタンが押されてしまい、いざ使う時になると変な画面になっていたり、mixiやfacebookの画面がリアルタイムで表示されたりする。

少し慣れてきた頃には、こんどfacebookが気になり始めた。そういえば、2年前にだれかに薦められて登録していたなあ。たしかフレンド数は30人ぐらいだったかな? mixiともちょっと違うタイプのいわゆるSNSだ。

mixiは基本日本人だけでやっているし、日記なんかも書いたり、わからないことを聞いたりしていたけど、最近つぶやきという機能がついてからTwitter化しつつあり、みんなの日記の更新も、[ところ]の日記を見に来る人も以前程ではなくなった。

[ところ]もiPhoneかiPadを買ったらTwitterもしてみようかな? ぐらいに思ってはいたが、エクスペリアを覚えなければならなくなって、iPhoneはとりあえず後回し。iPadでもTwitterはやりやすそうだし、欲しいもののひとつではあったけれど、[ところ]が考えるiPadの最大の魅力は電子書籍なので、しばらく待つことにして却下。

そこで、エクスペリアでやたら画面に出てくるfacebookを、休養の期間中に少し触ってみようと思ったら、これが大変なことになった。1日3時間ぐらい彷徨いながら気に入った人をフレンドリクエストしていたら、返事でこの人達ともフレンドしない? と推薦してくるのだ。それで調子に乗っていると、ねずみ算式にフレンドが増えてゆく。

最初は英語と日本語の人にだけ出していたけれど、推薦された人は世界各国だ。メッセージもフランス語やスペイン語やタイ語で返ってくる。写真家と書いてるんだから、作品も何枚か見せようかと思い2日目には何点か載せてみたら、今度は向こうからフレンドリクエストが沢山やってくる。ずいぶん気軽なSNSなんだなあと思ってるうちに、3日目が終わる頃にはフレンドが700人を超えていた。

突然、チャットでHi! とか言ってくる。翻訳ソフトで訳しながらなんとか対応してみたが、こういうやりとりがとても大変だ。mixiやmyspaceに近いものだと思っていたけれど、Twitterとmixiの間のようなものなのかもしれないなあ、ちょっと距離をおくべきだろうか。

このテキストが流れる頃、明日だけど。5日目はフレンドが何人になってるんだろうか。[ところ]はちょっと怖い。怖いけど楽しみではある。今は自分からはリクエストは出していない。写真が気に入られて、向こうからアクセスしてもらえる方がうれしいからね。

ほぼ毎週日曜日、日本時間21時か、たまに22時から1時間。写真や美術、近況など、東京のアトリエか、旅先のホテルからニコニコ動画生放送をしています。今週末の7月4日(日)には、ゲストの「写真界の異端児」米原敬太郎と「異端派に至った理由」ついて語り合います。ぜひご覧下さい。
・所幸則 1sec(ONE SECOND)「写真家の異常な愛情」
 < http://com.nicovideo.jp/community/co60744 >

・FACE BOOK < http://www.facebook.com/yukinori.tokoro >
・mixiコミュ所幸則〜幻想記憶館〜
 < http://mixi.jp/view_community.pl?id=497437 >

【ところ・ゆきのり】写真家
CHIAROSCUARO所幸則 < http://tokoroyukinori.seesaa.net/ >
所幸則公式サイト  < http://tokoroyukinori.com/ >