音喰らう脳髄[92]精神的な死と闘う?/モモヨ

投稿:  著者:  読了時間:2分(本文:約900文字)


やはり地球は調子をくずしてしまったのだろう。

日本列島、特に西日本に大きな爪あとを残した記録的な大雨は、梅雨前線の北上とともに去ってほっとしたのもつかの間、今度は日本各地で毎日が猛暑日、毎晩が熱帯という異常事態だ。各地で熱中症による死者が相次いでいるという。

いや我が国のみの話ではない。中国では大雨被害が甚大だし、米国、ロシアでは酷暑だという。そのうえ南半球に位置する南米は、当然、いま冬なのだが、これまでにない寒波に襲われ、死者すら出ているというのだから事態は深刻だ。



専門家達は、北半球の異変について「北極振動が原因だ」とのたまい、南半球のそれについては「偏西風の影響で南極の冷たい空気が流れ込んだせいだ」と解説しているのだが、そんな解説を繰り返したところで、日常的に毎日のように救急車で運ばれる人々がいるのだ。どう考えても納得いかないし、安心できるはずもない。かくなるうえは、私たち一人一人がサバイバーとしての自覚をもたねばならない。

もちろん、ただ生きながらえるだけでは意味がない。先日、年若いロック仲間(それも女性だ)から「向き合うべきは肉体の死だけでなく、精神的な死とも闘うべきですよね」そう言われドキッとしたが、まさにその通りだ。

私はロッカーだ。私が私として生き残るには、彼女が言うように精神的にもまた生き残らなければならない。酷暑の中、どんな無様な格好を衆目にさらそうと生き残るつもりだが、そのためには、生きるための核がなければどうにもならない。私の場合は、それがロックだということだろう。

実をいうと今現在、私は右脚が動かせない。自由にならないのだ。そんな私であるが、無謀にもこの7月30日金曜日に亀戸ハードコアというライブハウスでライブを予定している。それこそ無様なステージになるかもしれないが、私としては、精神の死と闘うために、いま現在できる全てをそこに叩き込もうと思う。興味をもたれた方は、ぜひその様を確かめに来て欲しい。

亀戸ハードコアの電話番号は03-5836-7515。
< http://www.kameido-hardcore.com/ >

Momoyo The LIZARD 管原保雄
< http://www.babylonic.com/ >