[2897] 底抜け脱線!夏休み工作大作戦

投稿:  著者:  読了時間:27分(本文:約13,000文字)


《マスコミの「持ち上げといて落っことすやり口」がやけに極端》

■MKチャット対談
 底抜け脱線!夏休み工作大作戦
 笠居トシヒロ&まつむらまきお

■グラフィック薄氷大魔王[230]
 いつものスケジュール管理のアレ
 吉井 宏



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■MKチャット対談
底抜け脱線!夏休み工作大作戦

笠居トシヒロ&まつむらまきお
< http://bn.dgcr.com/archives/20100728140200.html >
───────────────────────────────────

かさい: まいどー笠居です。毎日毎日暑いですね〜。今年の夏はどうしちゃったのか、とんでもない猛暑ですわ

まきお: どもども、まつむらです〜。いやもう、ほんま、この熱風は身体に悪いわぁ(@_@)

かさい: そのうち死んじゃいますよね。あ、死んだらiMacはオレにちょうだい

まきお: あほー(^_^;) あ、さっき帰ってきたらiMacがアップデートされて発表になってましたよ。わたしはようやく入荷連絡があって明日受け取りに行くiPhone4のことで頭がいっぱいでもう、どうでもいいですが、キミには絶対やらん、iMac(笑)
< http://www.apple.com/jp/imac/performance.html >


かさい: ほー、意外と早く手に入るのね。どこでどんな汚い手口を使ったのだ?

まきお: なにを言うか(^_^; だって今月末から世界発売でしょ? そろそろ大量入荷来るだろうと思ってたら来ましたわ。予約して1か月でした

かさい: なんだ。どうしようとか言ってたが、早くから予約してたんじゃんwちなみにオレの方は、24日に申し込んでた無料の純正バンパーが今朝(27日)届きましたわ。さすが不人気の黒バンパー。はやいw

まきお: また黒ですか(^_^;

かさい: 純正バンパー、不人気の黒しか選べないんですよ。

まきお: あ、そうなん?

かさい: けちんぼアップル。


まきお: こんなもんも、Appleから出たみたいですよ。マジックトラックパッドぉ〜
< http://www.apple.com/jp/magictrackpad/ >

かさい: マジックトラックパッドねえ。ジョブスが言ってた「世界があっと驚く製品」ってこれのことかぁ?

まきお: いやぁ、これではないでしょう(^_^; これねぇ、あと一ひねり欲しかったよね。これで10キーパッドになるってのなら、ちょっとぐらっと来てたんだけどなぁ。プレゼンにはちょっといいかもなぁ

かさい: 10キー欲しいな。それにBluetoothで繋ぐキーボードと併せて使うんなら、物理的に2個にばらけてんのは使いにくいだろーよ


まきお: あまりに普通の板なので、すぐに書類やら本やらの地層深くに埋まってしまうのは必至(笑)。ソフトテンキーはどっか出しそうな気はするね。上からテンプレートのっけて。プログラム的に座標検知も可能だから

かさい: そこまで思いつかんかったんかね?

まきお: 思いついてもやらないのがジョブス(笑)

かさい: まぁそういうのをサードパーティに残してるのもアップルらしいっちゃらしいんだろうけどね


まきお: ですなー。さてさて、どうやら世間ではもう夏休みなんですよ!?知ってました!?

かさい: 知ってますよー。センセはええねえ。夏休みでも給料もらえるからw

まきお: いやいやいや、大学はまだ今週もやってるし、8月も言うほど休めませんですよぉ〜。しかしキョウビの暑さはもうねぇ、法律で働くことを禁止すべきじゃないか、甲子園やるのは人道上問題はないんか、とか考えてしまいますよぉ

かさい: イヤ、オレも今年は休みでも給料もらえる夏なのでw しかし子供の頃は少々暑いのなんか感じないくらいガンガン外で遊んでましたけどねえ。今年ほどの暑さじゃなかったんだろうけど


まきお: 子どもは倒れるまで気分がおかしいのを気がつかないからアブナイんだよ〜。しかしこの年になっても「夏休み」という言葉には心ときめくものがありますなぁ。夏休み、花火、海...

かさい: ...宿題

まきお: それは言わない約束よぉ(^_^; いまだに夢見ることがあるよ(^_^; 夏休みの最終日、隠していた宿題見つかって、泣きながらやったことを...

かさい: やりましたなあ。なんで溜めるかねえ(^_^; 絵日記の天気、いまならネットですぐ調べられるんだろうなぁ、1か月分w


まきお: いやほんまに(^_^; 古新聞あさって調べたねぇ。今はネットでちょっと検索すれば、読書感想文の模範解答まであるわ、逆に提出されたレポートのネットからの引用度を測るツールはあるわ(^_^; なんでもネットであるから、コツコツやる宿題ってあまり意味ないのかもねぇ。でも、夏休みの工作ってのが、わたしらクリエイティブな道に進むことになった原点ではあるよなぁ

かさい: 定番ですが、風呂ブザー作りました、オレw

まきお: おお、電子工作。んー、憶えてないけど、作ったような気がするなぁ

かさい: 電子工作と言うほど電子でもなかったけどなぁw あとヤクルトの空き瓶でロボットとかもやったなあ。意外とオリジナリティないなぁわれながらw


まきお: ヤクルトの空き瓶!!!! ロボットもロケットもあれだったよねぇ。ヤクルトの空き瓶って樹脂のやつ? 樹脂になる前ガラスだったような気がするんだが

かさい: 樹脂になってからですね、工作の材料に使ったのは。ガラス瓶の時代は、たしか牛乳と同じく、毎朝配達の人が空瓶と新品を入れ替えてくれてたと思うー

まきお: あの樹脂の直線と曲線のくびれ(笑)が新鮮で。当時ほら、アポロの時代でしょ? 身の回りに樹脂製品ってのがそれほどなかった時代に、あのアポロ司令船を思わせるフォルムの樹脂容器が毎日届くんだからもう、工作少年としてはうずうず。


かさい: 1968年だそうですよ>樹脂ボトル アポロ月面着陸の2年前だね
< http://bit.ly/abIsoX >

まきお: なんか心引かれるフォルムなんだよなぁ。クビレなのかな...

かさい: えっちw

まきお: いやいやいや(^_^; 軽いんで、つなぎあわせて筏つくるとか、ハサミで切って未来都市のディテールにするとか、こういう工作しやすい素材が身の回りに出てきたってタイミングもあるんだろうな。68年ってことは、ちょうど小1かぁ

かさい: あー、このボトルデザインされた、剣持勇さんは、その3年後に59歳で亡くなられてるんですね。なむなむ(-人-)
< http://bit.ly/cAEPWm >


まきお: 当時サンダーバードに夢中だったので、なんかそれ風のメカを作ったような気がするなぁ...3号とか

かさい: いまだったらXウィングとか作るんだろなw

まきお: ああ、いいね、Xウィング。R2のシリーズでヤクルトみたいなのも居るよなぁ...。R4-A22daだ、ヤクルトドロイド
< http://bit.ly/cVO6Nj >

かさい: こんなの探してたのかw

まきお: ドロイド採集(笑)

かさい: あーあと昆虫採集とかもやりましたよね。


まきお: スーパーで買うんじゃないんですよ、今の人!(笑)採るんですよ!狩猟ですよ!(笑)

かさい: わしらが小学生の時にも、デパートで完成品の昆虫標本売ってたけどねw 夏休み前になると、いまは売ってないであろう、昆虫採集セットが、近所の駄菓子屋に山積みされるのね。セット内容は、防腐剤と注射器と虫ピンとかの詰め合わせ

まきお: そうそう、標本作るんだけど、けっきょく腐るんだよね(^_^; ものすごい臭いで(^_^;

かさい: オレ無精して、蝉の抜け殻の標本作った事あるわw これ腐らないw

まきお: ひろてくるだけやん(^_^;

かさい: そそw だから無精って言ってるだろw


まきお: 苦手だったのが観察日記

かさい: 朝顔とかヘチマとか

まきお: ヒマワリとか、夜店でつったヒヨコとか

かさい: オシロイバナとかもあったな。朝顔の観察、朝起きられないんだよなー。起きた頃にはみんなしぼんでんのw

まきお: 起きられない〜。裏技やらなかった? ガムの包装紙をつぼみにかぶせて...

かさい: やったやった。キャップかぶせ技ね

まきお: いやぁ、当時はすごい自分だけの技のような気がしてたけど、大人からみたら、ほんま、子どもだましやったんやろなぁ(^_^;

かさい: かぶせたの忘れてて、開かないままに萎れさせた事ある(^_^;

まきお: あるある(笑)


かさい: 自由研究ってのもあったな。

まきお: あったかなぁ? どんなの?

かさい: 何でもよかったんじゃない? だから自由研究なワケで。オレはやたらどぶ川とか池とかから水汲んできて、プランクトン探ししたわ。ちょうど顕微鏡買ってもらった年だったんだな、そのとき

まきお: 顕微鏡! 顕微鏡買ってもらいました! 一発でガラス割りました!

かさい: プレパラートってヤツねw

まきお: 上に載せる薄い方のガラスはなんだっけね?

かさい: カバーグラス

まきお: いっぱいまで近づけてから、遠ざけてピントあわせなさいって書いてあるのに、絶対読まない(笑)グリグリダイヤルまわして、レンズ接触させてパリーン!(笑)


かさい: おったなあ、そういうヤツw

まきお: ええー、割らなかった?

かさい: オレは割らなかったよ。ちゃんと説明書読む子だったから

まきお: えらいなぁ。顕微鏡だろうが、電子ブロックだろうが、学研の付録だろうが、読まずに組み立てる子だったー(^_^;

かさい: 学研! 科学と学習! 夏の号は表紙に青虫とか蝶とかの写真が使ってあるのがイヤだったなあ(^_^;

まきお: ああ、たしかに(^_^; 大人の科学、売れてるみたいだねぇ。最新号はなんだろ...
< http://otonanokagaku.net/ >


かさい: 二眼レフカメラの付録もあった
< http://otonanokagaku.net/magazine/vol25/index.html >

まきお: フィルムは35mmでいいの?

かさい: みたいだね。35mm二眼レフと書いてあるな

まきお: ってことはかなり小型だなー。二眼レフってさぁ、ギアが露出してるじゃない? あれが萌えでねぇ...

かさい: ギア露出? このオマケの二眼レフは露出してるけど、ほんまもんは外にギアなんか出てないぞ?

まきお: 出てるよぉ。うちのオヤジのリコーの二眼は露出してたよ。リコーフレックス
< http://bit.ly/91nd96 >


かさい: こりゃかなり特殊な筐体だったみたいだな、こんなの初めて見たわ。多くの二眼レフは上下レンズの連動ギアはボディの中に内蔵してるよ
< http://bit.ly/bQ0Uy9 >

まきお: ぼくはこのリコーフレックスをオモチャにしてたんで、これがフツーだと思ってたわ〜。ギアが回るわ、投影された絵は見えるわ、絞りとかもパーツが露出していて、撮影しなくても白ご飯3杯はいけますよ(笑)

かさい: オレも親父のローライフレックスで遊んでた。中学のときは遠足にも持ってたなぁ。
< http://pds.exblog.jp/pds/1/200701/24/96/e0023496_19444923.jpg >


まきお: まだ実家のどっかに眠ってるはずだなぁ。こういう実感があるメカをいじりたおしてたのって、幸せな時代だったんだな〜。あ、学研のサイト、やばい... これ、売ってるんだ...
< http://otonanokagaku.net/products/mechanic/index.html >

かさい: 真空エンジン?

まきお: その上のメカモ。しらない?
< http://otonanokagaku.net/products/mechanic/worm/detail.html >

かさい: 知ってる。

まきお: これ、かなりねだって買ってもらったなぁ

かさい: オレ、買ってもらえなかったんだコレ(/_;)


まきお: うちの親は「機械工学」とかいう惹句に弱かった(笑)普通のおもちゃとかプラモ、マンガは買ってもらえなかったけど、学研系は敷居が低かったなー

かさい: ええねぇ。ウチは親父の趣味と一致すれば、そこそこ高価な物も買い与えてもらえたんだが...カメラと釣り限定(・ω・)

まきお: ネットショッピング申し込み中なう...

かさい: おいおい(^_^; 今買ってんのかよ

まきお: デジクリの社会的影響力を考えると、明日これが発行されたら速攻売りきれるんじゃないかと...

かさい: んなアホな(^_^;

まきお: 購入完了なう


かさい: あーちなみに最新号は和時計でしたね>大人の科学
< http://otonanokagaku.net/magazine/vol28/index.html >

まきお: 科学の付録って、何憶えてる? 笠居さんとは1学年違いだから微妙に違うかもしれんが

かさい: んー、コロコロ転がす距離メーター

まきお: ああ、あったあった。かなり遠くまでころがしていった憶えが(笑)わたしはねぇ、なんか液体に紙をひたしとくと、一晩で結晶がびっしりできるのがあったんだが

かさい: あーあったあった。塩じゃないんだよな、なんとかナトリウムの結晶


まきお: うん、クリスマスツリーみたいになるんだよなぁ。他にももっとメカっぽい付録もあったはずなんだが、なぜかあのガラモンみたいな結晶が脳裏にこびりついて(笑)化学は苦手なんだけど、あれはよく憶えてる

かさい: あれは科学の付録じゃなかったかもしれないが、シーモンキーみたいな、エビみたいなプランクトン育てるキットなかった?

まきお: ありましたー。シーモンキーはあやしい通販で、科学の付録についたのは別の種類のプランクトンだった。水筒みたいな水槽がついてるのね。でも数匹しか孵らなかった憶えが...

かさい: やっぱあったかw ちょうどシーモンキーが欲しくてたまらなかったときだったので、すげぇうれしかった覚えがw


まきお: ですですです(笑)でもシーモンキーじゃない、残念感も(笑)学研もよかったんだけど、小学○年生の付録もかなり好きで。東京タワーとかアポロとかのペーパーモデル

かさい: あー、前にも言ったかもだけど、そっちは買ってもらえなかったんだよな。原則マンガ雑誌はNGだったんで。なので、そっちの付録には思い出が全くない

まきお: そかぁ。今は学習雑誌は小学四年生までしかないんだよ。五年、六年は休刊になったし。科学と学習も今はなく...

かさい: ねぇ。ああいうのよかったと思うんだけどねえ

まきお: 今はそういう実験、実感のあるものが減ってるのを嘆く、ってのもあるんだけど、でもわたしらの頃も大人は「今どきの子どもはキットで与えないと自分で作れない」って嘆いてたんだろうなぁと思うと、いいのかもしれん(笑)


かさい: でもまあないよりマシやろ。科学と言えば、内山安二さんの学習マンガが大好きで、消化酵素の名前とか全部このマンガで覚えたなぁ。高校時代の生物の時間にぼーっとしてるところをいきなり指されて、脂肪の分解酵素をいえ! って言われたとき、とっさに「リパーゼ」って答えられたのも、このマンガのおかげだw

まきお: ほおー これはあまり憶えてないなぁ。あ、SFの洗礼も科学だったな。人類滅亡後の地球でゴキブリが進化して支配しているってSF短編小説を読んだ憶えがある。

かさい: こんな絵だよ>内山安二さん
< http://f.hatena.ne.jp/images/fotolife/h/hanoyshang/20060925/20060925015701.jpg >


まきお: うん、ネットで見てるんだけど、全然憶えがないんだよなぁ。イラストレーターの新井苑子さんが、科学の挿絵を書いてたのとかはなぜか憶えてるんだけど。

かさい: はじめ人間ゴン(ギャートルズ)も科学に連載してたんだよな

まきお: うーん、そうだっけ? やっぱほら、ぼくは若い世代だから...(笑)ジェネレーションギャップが

かさい: 1年しか違わんだろw

まきお: でまぁ(笑)夏休みの話題がなぜか科学と学習炸裂してしまいましたが(笑)せっかくの夏休み、実感があることしたいよねぇ

かさい: と、いいますと?


まきお: ゲームや映画じゃなくって、ってことさぁ。工作したいよな、工作。破壊工作ではなく建設的工作(笑)

かさい: 空きペットボトルで巨大ロボでも作ってみますか? あ、ペットボトルだったら、ロケット作った方がいいか

まきお: 段ボールもいっぱいあるぞ、amazonの...

かさい: ビールの空き缶も山ほどありますけどw

まきお: あああ、それならうちも無尽蔵に(笑)


【笠居 トシヒロ/WEBデザイナー、デジハリ大学院客員教授、京都嵯峨芸術大学講師】
このクソ暑いのに、仕事場を引っ越す事にしました。といっても駅を挟んだ西側へ、たった1kmほどの移動ですがw 8月は暑くて大変だけど、引っ越し代は安く付くので、経済的には楽ですのよw

【まつむら まきお/まんが家、イラストレーター・成安造形大学准教授】
< http://www.makion.net/ > < mailto:makio@makion.net >
月末発売の「MacFan」でArtRageのレビュー書きました。マイコミジャーナルのintuos連載の方もはや11回目。
< http://journal.mycom.co.jp/column/pentaball/011/index.html >

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■グラフィック薄氷大魔王[230]
いつものスケジュール管理のアレ

吉井 宏
< http://bn.dgcr.com/archives/20100728140100.html >
───────────────────────────────────
定期的に襲ってくるアレ。普段は気にしないように努めているのに、忙しいときに気になり始めると、もうそれしか考えられなくなるってアレです。スケジュールや情報管理ソフトの運用、もうちょいなんとかならないかと悩みまくるのですが、今回は意外に決断が早かったです。

OmniFocusを使い始めて8か月たった先日、古いデータをアーカイブするとiCal上の完了ToDoが消されちゃうことに気がついた。完了して非表示にされてるのではなく、項目自体が消去されてる。まずい。ToDoリストは2001年からの日記代わりの記録になってたのに〜〜!! OmniFocusは、動作を軽くするために古いデータをアーカイブに移動を推奨されてるのでそうしてました。アーカイブを開いて「完了した項目を表示」にすると一応見れるのだが、iCalの記録として見れないところがしっくり来ない。

iPadやiPod touchでもOmniFocusのiPhoneアプリを使ってますが、同期が重い。同期しないでいるとすぐ警告が出る。あと、外出時には「外出して用事をする」という一つのタスクしかしてないわけで、あんまり見ないし。

一方、iPadのカレンダーアプリは軽いし画面デザインいいし、何も考えなくてもMacのiCalと同期されてる。まずいことに、OmniFocusとiCalを同期してると、同期されないタスクやToDo名の整合性が気になってしょうがないのだ。OmniFocusをやめればすっきりする。

OmniFocus的仕事細分化リストはMail.appのメモでやることにしよう。Mail.appのメモのチェックボックスもちゃんと同期されるようになってるし。iPadのメモの同期ではチェックボックス出ないのが惜しいけど、メモ上のチェックボックス項目は、ToDo項目として自動的にiCalにも追加されるのです。

そうなりゃ、OmniFocus使わずに済みそう! こんなきびしいアプリ、ヤメヤメ。自分が作ったリストに「次はこれをヤレ!」って命令されるのはかなわん。進行が複雑な仕事では便利なのでまた使うかもしれないけど、普段は使わないでおこう。きっちりGDTすれば、仕事がどんどんはかどるなんて、僕には幻想だってことは8か月間で十分わかった。

iCalとメモだけで行くぞ! 便利にしようと手を加えるたびにどんどん複雑になっていくループから脱出だ。って、こういう結論に至ったのはたぶんここ数年で3回目くらい。こういうアプリとかの運用など考え始めると、すぐ一週間くらい経っちゃう。今すぐデータ移動実行する! 決断するまで3時間! 早いぞ。

OmniFocusの完了項目アーカイブをデータベース本体に戻して「未完了」に変更、iCalと同期してToDoをiCalに送る。これで全ToDoが復活。iCalに戻したToDo何千個を、一個ずつチェックボックスをクリックして非表示にするのが非常に面倒、と思ったら、Mail.appのToDo項目で全選択して「完了」にするだけだった。OmniFocusは使用停止!

8か月ぶりにiCalとメモに戻った。iPadが加わったので、特に同期関連はシンプルにするのがいいのだ。一点だけ惜しいのは、OmniFocusのToDoの日付を小さいカレンダーを出して設定する方式は便利だったな。iCalでは数字を打ち込むしかない。Mail.appのToDoでは、明日・来週とかをプルダウンで設定できるけど、選択肢が少なすぎ。

このままイケるかと思いきや、ありゃ? Mail.appのメモで作ったチェックボックスのリストを削除すると、iCalからも全部消える。おまけに、メモのチェックボックス項目名を修正してもiCalには反映されない。ダメか〜。

メモの代わりにEvernoteを使えないかと調べてみたところ、今さらながら、チェックボックスのリストを作れることに気がついた。なんだやっぱりEvernoteでToDo管理や仕事細分化リストまでできちゃいそうだ。iPadでは動作がちょっと重いけど、Evernoteを僕のメインメモリとして活用しない手はないな。もう700項目くらいあって、テキストやウェブクリップや画像などぐちゃぐちゃ。タグをちゃんと整理しとかないと、普通に整理してないHDDの中身と同じになっちゃう。

Evernoteといえば、以前参考出品だったグリーンの「abrAsus 保存するメモ帳」。ヤッタ! 発売されました。Evernoteプレミアム3か月バンドル。ほしいけど、僕はEye-Fiのおまけバンドルの1年会員。どうなるんだろ? あ、大丈夫だ。「既にEvernoteプレミアム会員の方も、このプレミアムコードを使って3か月間の期間延長することが出来ます」。ってことで、届くのを待ってます。ところで、abrAsusって「油差す、効率化」って意味だそうで、いいネーミングだなあ。
< http://superclassic.jp/?pid=21675183 >

iPhone/iPad用のファイルメーカー「FileMaker Go」が出てる! でも、数百円のアプリが大半なのに4,600円は高すぎる。ビュアー機能のみのバージョンで300円くらいだったら納得だけど。でも、しょうがないから買った。表示は重いけど、パソコン版と同等に表示できて便利。これをずっと待ってたのですが、う〜ん、iPadでファイルメーカーが使えるってことは、Bento3もBento iPad版も無駄だったか〜。
< http://www.filemaker.co.jp/go/ >

【吉井 宏/イラストレーター】
HP < http://www.yoshii.com >
Blog < http://yoshii-blog.blogspot.com/ >

前回の「僕的上京」。20年に一度のチャンスに思い入れタップリで書いたくせに、クライマックス「7月20日午前。快晴。豊橋から新幹線こだま号に乗り」は「21日」の間違いでした。自分のバカ〜。

最近のUSBって電力強い? MacBook ProのUSB一個からハブ繋いで、キーボード、タブレット、ノート冷却台を繋いでも電気不足警告出ずに普通に使えてる。そのノートPC冷却台、気休めと思って興味なかったけど、あんまり熱くなるので買ってみた。実際効きますね。カンカンに熱くならないし、ファンの動作音はとても静か。青い発光ダイオードは例によって黒い紙貼り付けの刑。買ったのはサンワサプライのTK-CLN7ULSV、17インチ用。

8月20日までデジクリお休みなので、書きたいこと書いちゃうけど、iPadに限らず政治家でも芸能人でも、マスコミの「持ち上げといて落っことすやり口」がやけに極端。最近目立ったのは「iPadもう飽きた」系の記事。iPadの場合、無数のアプリがある上に日々増えてるし、日本語の電子書籍だってiBooksがなくたってすでに一生かかっても読み切れないくらいあるし、ウェブ世界は無尽蔵。たかだか数ヶ月で飽きようがないじゃないかと思うんだけど。

iPadを面白がるとか便利だとか思えるってのは、iPadから何が出てくるかじゃなく、自分の興味をどうiPadに映し出せるかってことだと思う。それってパソコンでも本でもテレビでもゲーム機でも同じでしょ? まだ読んでないけどこの本は飽きた、放送見てないけどテレビは飽きた、面白いゲームを探しもせずこのゲーム機はダメとは言わないでしょ。

で、そういった記事に対する某掲示板等の反応は「マスコミひどい!」じゃなく、iPad重いでかいMS Officeが動かない電子書籍少ない見せびらかしウザいとかの、否定的意見が大多数でがっかり。ややこしくなくて身軽なiPadは「中身・内容・情報」を楽しむには最良の使い勝手を備えた窓・入れ物のデバイスだと思うけどなあ。iPadを積極的に楽しんでみても、人生にとって損はないんじゃないかと思うのですが、これも信者の遠吠えに聞こえるのかな。

○「ヤンス!ガンス!」MUSIC ON! TVでオンエア開始。
< http://www.m-on.jp/regular/detail377.html >
○同じくMUSIC ON! TVの番組「George's Garage(GGTV)」のオープニングをヤンス!ガンス!のコラボで制作中。
< http://www.m-on.jp/blog/ggtv/2010/07/100710-4.html >
○「毎月1日は映画サービスデー」CMに「ヤンス!ガンス!」登場
映画館に行くと、本編上映前に必ず流れる「映画サービスデーの広告、兼、マナー広告」CMってありますでしょ。あのCMにヤンス!ガンス!が登場です。現在、都内の映画館のほぼ全館で見れるはずです。エリアは拡大予定。TVK(テレビ神奈川)で日曜18:25 〜 18:30放映中。music.jp、Wiiシアターの間でも配信中。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■編集後記(7/28)

・BC級映画DVDを2本、立て続けに見てしまった。まずは「山形スクリーム」。竹中直人が「満を持して撮った」というホラー・コメディで、主演が成海璃子、だったら見るしかないとレンタルショップに通うが、いつも貸し出し中。ひょっとして評判いいのかと、ますます期待が高まる。先日ようやく借りられて、満を持して見た。ところが、まったく笑えない。ちりばめられた映画のパロディに気がついても、クスリともできないのはどういうわけだ。とにかく全員が(成海と落ち武者亡霊・沢村一樹以外)マトモでない人ばかりで、わざとらしい(いや確信犯の)竹中演出と、スピード感のないだるい進行に苛々してきた。せっかくの成海璃子の見せ場も少ない。先生役のマイコがまるで主演みたいだ。途中で映画に集中するのをあきらめ、もうひとつのモニタで仕事しながら見た。あとからキャストを確認したら、けっこう豪華だったのに驚き。寝ようと思ったが、口直しにもう一本、香港・フランス制作の「ラスト・ブラッド」はアニメの傑作「BLOOD THE LAST VAMPIRE」をもとにしたサバイバル・アクション映画。セーラー服に日本刀でオニと戦う主人公サヤを韓国人女優チョン・ジヒョンが、妖艶で最凶の敵・オニゲンを小雪が演じている。ストーリーはどうしようもないが、ワイヤやCGを使ったアクションシーンはなかなかステキ。でも最高によかったのは倉田保昭で、64歳にしてみごとなアクション、ほれぼれするほどカッコいい。彼の戦闘シーンだけ、もう一度見直した。ようやく暑気払いできた。(柴田)
< http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B002SXKN86/dgcrcom-22/ >
< http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B002FYP7ES/dgcrcom-22/ >

・Magic TrackPad注文した! やっとクラムシェル(リッドクローズド)モードに慣れたってのに。MacBook Pro本体での操作時にほんと便利だったのよ。「高さと角度がApple Wireless Keyboardと同じになるようにデザインされている」というのが憎いよなぁ。キーボードの左側に置いてみようかと思う。あとは新Mac Proに、新iMac、27型シネマディスプレイ。/iPadについての吉井さんの意見に頷きまくり。abrAsus欲しい......RHODIA使い切ってないしな......。/数週間前に書いた宝塚歌劇「ロジェ」の台詞の一つがわかった。「同じ時を二度と生きられないから、信じる道を行くしかないじゃない。」レアを演じた愛原実花も好きなんだって。/雪組にトップ娘役を置かないなんてなぁ。他の組を含め、頑張っている娘役とかいるのにね。娘役の若返りなんて望んでないぞ。白華れみの乳母、良かったよ〜。/そういえば「ロミオとジュリエット」の感想書いてないや。終わりがすべて、という舞台だった。ラスト近くまで、知ってる話だし、席が悪いしわであまり良い印象がなかったが、終わりでじーんときた。元がフランスのミュージカルで、仮面舞踏会ではワルツじゃないし、ジュリエットがミニスカートで踊るという驚きのシーンまで。柚希礼音はもちろん、涼紫央も良かった。凰稀かなめは切れそうなティボルトをするには優しすぎる感じ。曲はあんまり頭に入ってくるものではなかったが、歌詞は突っ込みいっぱい。ロミオもティボルトも独り言で、いかに自分がもてたか、そんな自分なのにジュリエットが〜という歌詞があった。その上、初体験の話までしてくれて、そんなプチ情報いらんで、と。もてることは本人が独り言とはいえ、自ら言ったら価値下がるで、日本人なら周りが噂する形の方が良くない? と思ったぜ。/海外版ロミオはプロゴルファー花ちゃん。/YouTubeにあるオリジナル映像と見比べたら、いくつか日本独自の演出があった。「死」とかね。/こちらも以前書いたメモのできるPDFアプリ「iAnnotate PDF」が割引中。(hammer.mule)
< http://www.apple.com/jp/macbookpro/overlays/trackpad-video.html#trackpad >
マルチタッチトラックパッドの動画(MacBook Proのもの)
< http://www.sanspo.com/geino/news/100726/gne1007262008000-n2.htm >
本拠地にサヨナラ
< >
海外版のジュリエットはロングスカートだぞ〜。可憐なり
< http://www.ajidev.com/iannotate/ >
iAnnotate PDF
< http://itunes.apple.com/jp/app/id363998953 >
iPadアプリ。日本語ローカライズ完了。今なら1,200円が900円に