おかだの光画部トーク[40]最新デジカメ2010版/おかだよういち

投稿:  著者:  読了時間:6分(本文:約2,600文字)


異常に暑い今年の夏、みなさんいかがお過ごしでしょうか? ガリガリ君が品薄だったり、下痢止めの薬の売上が例年に比べてアップしていたり、葉物の野菜が傷んだりと、暑すぎる夏のニュースが毎日流れています。

そんな8月の終盤、毎年この時期になると各社からデジカメ新製品の発表があり、Webサイトやカタログを見ながらあれこれ想像するのが楽しいです。昨年の「[19]各社から面白いデジカメが続々と!」に続き今回は2010初秋に発売される中から、とくに気になるカメラをピックアップします。



●ニコン COOLPIX S1100pj
< http://www.nikon-image.com/products/camera/compact/coolpix/style/s1100pj/ >
< http://amzn.to/d6Scsx >

昨年も紹介した「S1000pj」の進化版。プロジェクタ搭載のコンデジで、9月16日発売です。初号機よりも形もスタイリッシュに、プロジェクタ機能もより明るく、投影サイズも大きくなり高性能になっているようです。プロジェクタで投影という他のカメラにはない機能は、撮影した写真や動画を投影するだけでなく、USBで接続したパソコンの画面も表示できるようになったので、プレゼンなどビジネスシーンでも有効に使えそうです。

また、このカメラで撮影した写真を人の肌などに投影して撮るといった、アナログのスーパーインポーズ技法でアートな作品撮影を、どこでも気軽に挑戦できるのではないかと思います。

どういうものか適当なサンプルが見つからなかったので、ライカS2のカタログに使用されていた中村成一氏撮影のサンプルを紹介します。著作権の問題がありそのまま掲載する事はできないのでリンクを貼っておきますので興味のある方はコチラのライカS-systemのページ右の「撮影サンプル1」をご覧ください(20.6MB、表示には少し時間を要します)。
< http://jp.leica-camera.com/photography/s_system/ >

●オリンパス μ-7050
< http://olympus-imaging.jp/product/compact/mju7050/ >
< http://amzn.to/93KvjH >

各社HD動画に力を入れてきています。オリンパスも、動画に4種類のフィルター効果を付けられる「マジックムービー」という機能が楽しそうです。トイカメラ風に彩度を鮮やかにするモードは多くのコンデジに搭載されていますが、このマジックムービーの「ポップ」モードは、まさに動画でトイカメラ風に撮影する感じです。9月2日発売。
< http://olympus-imaging.jp/product/compact/mju7050/feature/ >

●キヤノン IXY 50S
< http://cweb.canon.jp/camera/ixyd/50s/ >
< http://amzn.to/b1QYvp >

オリンパスが720pのHD動画なのに対し、このIXYはコンパクトボディなのに係らず1080pのフルHD動画が撮影可能です。もともとビデオカメラも多く作っているキヤノンだけあって、動画機能はかなり充実しているようです。

小さなボディを手持ちで歩きながらの動画撮影は、画面がかなりブレてしまうので見ると酔いそうになりますが、動画撮影中も手ぶれ補正が効く「ダイナミックIS」機能で、手ぶれを抑えた安定した動画が撮れるそうです。

さらに近年流行りの箱庭風の動画や、カシオのカメラではお馴染みのハイスピード動画まで撮れるそうです。9月9日発売。
< http://cweb.canon.jp/camera/ixyd/50s/feature-movie.html >

●リコー CX4
< http://www.ricoh.co.jp/dc/cx/cx4/ >
< http://amzn.to/daYfiu >

CX4は、動画よりも写真を撮ることをよりブラッシュアップした印象です。高感度で暗いところでもノイズの少ない写真が撮れる裏面照射CMOSセンサーに、進化したノイズリダクションと、望遠端での補正効果が3.7段分という手ブレ補正の組み合わせで室内や夜景など光量が少ないシチュエーションでも不安なく撮れそうです。

以前からリコーのカメラは、レンズ先端から被写体に1cmまで近づいて撮れるマクロ撮影が可能で、CX4も引き続きマクロ撮影は得意です。マクロ撮影では被写界深度が浅くなり、フォーカス合わせが難しいのですが、マルチターゲットAF機能でカメラが自動で5点のフォーカス決定し、それぞれの場所で連続撮影するので、ピンぼけの失敗マクロ写真が減りそうです。

その他も、トイカメラ風やハイコントラスト白黒など効果を付けた、アーティスティックな表現ができる「クリエイティブ撮影モード」もあって楽しそう。このモードは、通常撮影のJPEG画像と効果を付けたものを同時記録することも出来るので、後でもとの写真を使いたい場合用にいちいち2枚設定を違えて撮っておかなくてもよいので重宝しますね。これは9月3日発売。

考えてみたら3年程コンデジを買ってなくて、ずっと使ってたリコーGX100の調子が悪いので、iPhone4とデジタル一眼の間を埋めるコンデジが欲しいと思っている今日この頃。動画機能よりも、むしろちゃんと写真が撮れるCX4を買ってしまいそうな気がしています。みなさんが気になるカメラの機能はどれですか?

【おかだよういち/WEB&DTP デザイナー+フォトグラファー】
< http://s-style-arts.info/ > < mailto:okada@s-style-arts.com >
< twitter:http://twitter.com/okada41 >

9月4日に富士山の麓、朝霧で開催されるWCAN:P(ダブキャンプ)というイベントで、フォトワークショップを行います。参加者のみなさんと、自然の中で写真を撮りながら構図の話などしようと思っています。
< http://atnd.org/events/6354 >