音喰らう脳髄[93]TOKYO NEW WAVE 2010/モモヨ

投稿:  著者:  読了時間:2分(本文:約900文字)


デジクリ夏休み前の原稿で、脚が悪い中ライブをやることを書いた。7月30日の亀戸ハードコア、ゲタカルビのアルバムリリース記念ギグのゲストとしてのライブだ。デジクリを読んで、東京以外から駆けつけてくれたファンが幾人かいた。その方々にまずお礼を申し上げる。

当日は、椅子にすわってリハーサルを行った。が、どこか調子がでなかったので本番は立って行った。ライブそのものは何とかこなしたものの、その後がいけなかった。

翌朝、激痛に見舞われて整骨院で見てもらったところ、破壊されていた膝は悪化し、足首、脛、腿の全ての骨にねじれがでていた。以来、一ヶ月近く、筋トレやストレッチをしては骨のねじれを戻す日々が続いて今に至っている。



今では一番最初に悪くなった膝の部分今では問題なく完治しており、他の骨の部分にも問題がみられなくなった。しかし、脚の付け根のリンパをいためていたり、筋肉そのものにもねじれぐせがついてしまっているので、それが問題らしい。

私としては、あれこれ説明されても意味がよくわからず、ただひたすら痛いだけでしかない。とにもかくにも、整骨院の先生の言われるまま、素直にリハビリに励むだけだ。

なにしろ次のライブが9月11日に迫っている。次は、これ、
< http://www.jvcmusic.co.jp/tnw/ >

「TOKYO NEW WAVE 2010」というタイトルの企画で、新宿の複数のライブハウスで同時に行われるライブを包括的に、ある種、サマソニなどのフェスに似た感触で客は楽しめる、そんな感じのものらしい。

企画自体は、ビクターからリリースされる同名のコンピの発売を記念したもので、当然、若いバンドを主体にしたものだ。私のバンド、リザードは、そのゲストとして新宿ロフトに出演する。
< http://www.babestar.net/babestar/-/Information2/VICB-60058.html#news >

チケットに高校生の学割があるというのが何とも嬉しい。若いバンドにまじって脚が痛いなどと言ってられないので、とにかくリハビリに専念して、当夜は心から楽しみたい。

Momoyo The LIZARD 管原保雄
< http://www.babylonic.com/ >