アナログステージ[45]「どれも一緒」というわけではないタブレットPC/べちおサマンサ

投稿:  著者:  読了時間:7分(本文:約3,000文字)


携帯電話、各キャリアもゾロゾロとスマートフォンをリリースする背後で、打倒(?)iPad勢も頑張っていたり。Chrome OSで11月に発売するぞー! といっていたHTC製タブレットは霧の中に隠れてしまった観がありますけど、ほかメーカも頑張っていたり。

海外ではすでにWindowsベースのタブレットが発売されているようですが、見たことも触ったこともないのでスルー。欲しいとも思わないし。個人的には、iPadはタブレットPCというカテゴリではないと思っているんですが、一般的にはタブレットPCという認知が広がっているので、今回は同じカテゴリにおいてみます。

HPから「Slate 500」がプレスリリースされてました。記事中(下記リンク参照)にもありますが、ワコムのデジタイザペン入力にも対応するらしいので、便利かも。OSがWin7らしいので、ペン入力は必須というより、必需品となるはず。

・Engadget Japanese:
< http://japanese.engadget.com/2010/10/22/hp-slate-500/ >

もともと『キーボードあればマウスなんて要らね派』だったはずのマイクロソフトが、いまはキーボードよりマウスがないと不便なOSになってしまったので、iPadのように指でササーっと操作するタッチパネルでの使い難さは想像がつく。絶対にイライラするはずだ。



ここ最近は、会議や各種打ち合わせなどで、iPadが活躍していることは以前に書きましたが、外見の仕様など、下図を描いて説明するケースが増えているので、市販されているタッチペンを購入してみたのだが......。

iPadでペン入力、というよりペンでの操作が非常にやり難い。これはワタクシだけかもしれないが、市販されているタッチペンがこの上なく使い難かった。たかがタッチペンに3,000円も投資したのだが、30秒で3番目の引出し(不要物収納スペースへ直行。

なにか良い方法はないかなぁ...と考えているとき、「グラフィック薄氷大魔王」でお馴染みの吉井宏さんのBLOGで、「指をカーソルにする」という記事を思い出した。これはかなり便利! というか、吉井さんならではのアイデアに脱帽。とても重宝しております。

・Yoshii - Blog:iPad、指にカーソルを描く!
< http://yoshii-blog.blogspot.com/2010/07/ipad.html >

話を戻して、ソーテックを完全に喰ってしまったオンキヨーからは、「TW317」「TW217」「TW117」の3機種がすでに発売されているようで、実際に店頭でデモ機を触ってきた人の話を聞くと......「やっぱりWinでタブレットはなしですな、いや、使いにくいです、右クリック欲しいです」と仰っていた。その気持ちは触ってなくてもよく分かる。しかし、仕事でバリバリに使いたいなら、iPadよりTW317のほうが良さそうな気もするのは正直。

・ONKYO製品情報:
< http://www.jp.onkyo.com/pc/personalmobile/index.htm >

と、ここで、続々と発表・発売される個人的に一番触手が動いたのが、マウスから発売された「LuvPad AD100」。さんきゅっぱ(¥39,800)という価格設定も魅力だが、知り合いで購入した人がいて実際に弄らせてもらい、動作のサクサクっぷりを目の当たりにしたからだ。

Androidの恩恵なのか、NVIDIAのTegra 250のパワーなのかは分からないが、オペレートストレスは感じない。買ったばかりで、無垢な状態だとしても良い感じ。なによりネーミングセンスがいい。ラブパッドですよ、ラヴ。

・MOUSE COMPUTER:LuvPad AD100
< http://www.mouse-jp.co.jp/luvpad/ >

ほぇー、知らない間にいろいろと発売されているんだなぁ...と興味津々でWEB徘徊していると、AMAZONでこんなものが引っかかった。うーん、どっかで見たことがあるような......

・Amazon.co.jp: iRobot / iPad風 タッチパネル搭載 7inch
< http://t.co/zMela7p > ←短縮URLを使ってます

おお、確かにiPad!風だ。どこで製造しているんだ? と思ったら、やっぱり。モニョモニョ。OSもAndroidと記載されてはいるが、実はAndromedaとか「どっかで間違っちゃいました」的なものが...と思いきや、実際に使っているかたのBLOGを読んでみると、カップケーキ(Android 1.5)ではあるが、カスタムすることで向上するようだ。¥15,000くらいなら買ってみたい気もするけど...。

NTT docomoが「GALAXY」、auもゾロゾロとスマートフォンをリリースしていくようだが、結局は、スマートフォンもタブレットPCも、OS依存ということは殆どなく、オペレートストレスがどれだけ少ないか、マンインターフェイスがどこまで簡潔に仕上がっているかが、着火のポイントになるはず。

とくにマンインターフェイスは、こういった端末に限らず、「誰がどのように使っても迷子にならない」操作性が必須となる。ただ漠然とメニューアイコンを並べたものがシンプルな操作性というわけではなく、今後は、肥大した贅肉を削り落とし、そこから広がる入口としてのシンプルさを期待。もちろん、コンテンツやアプリの内容も大切なのは変わりない。

2011年の各デバイスは、とても面白くなっていきそう。価格も、もっと安く、買いやすくなっていくだろうし。と同時に、プライベート(遊び)用、ビジネス用と色分けがはっきりしていくだろう。

【べちおサマンサ】pipelinehot@yokohama.email.ne.jp
FAプログラマであり、ナノテク業界の技術開発屋
< http://bachio.posterous.com/ > ←マメに更新中
< http://twitter.com/bachiosamansa > ←フォローしても役に立ちません
< http://www.retaggr.com/page/bachiosamansa > ←べちおまとめ

○とりあえずは仕事がひと段落するも、新しい開発(順番待ちされてた)案件が入り込んできた。終わりが見えない/ってことは、今年もまた正月ないのか/D90がやっと手に馴染んできた感触。日夜問わず、フラッシュを使って撮るのが嫌いなので、必死にホワイトバランスとISO、シャッタースピードを調整しながら撮ってたり。でも、まだまだ把握しきれていないので、無駄なものがたくさん。早く上手になりたーい/夜景ばかり撮っている気が.../

○記憶に残っている2週間の出来事→先日、ひょこん! と時間が空いたので、Twitterで昼から飲める人を探す→SWAMP(武さん・山根さん)絡みで知り合ったテトリンくんと渋谷で真昼間から呑み始める→武さんに電話する→来ない→再度電話する→電話に出なくなる→山根さんに電話する→すぐ来る→男3人で昼から大盛り上がり→ハロウィン色で染まる六本木の街を、男3人で腕を組んで歩く。酒は愛だ(変な意味じゃないヨ)。