Dの憂鬱[01]オレのデータは雲の上/笠居トシヒロ

投稿:  著者:  読了時間:10分(本文:約4,700文字)


まいどー、笠居です。なんかまた寒さがぶり返してますねえ。寒いからってんで、暖まろうと酒食らってばかりいたら、またまた転倒して、顔に傷を増やしてしまったというのはナイショだ。

#メガネもまた壊しちゃったんだよなー。遠近両用のメガネを新調するはめになって、懐は氷河期〜。

さて前回、まつむら・森コンビで、森さん著「よくわかるiPhoneアプリ開発の教科書」の話をやってもらったワケですが、そのツケで今回は、笠居がピンでお送りすることに相成りました。

まぁ、コレというネタもないんですが、ワタクシ最近とみにOSの違うデバイスを数種類併用しておるので、データだのなんだのを同期しなければならん機会が多いのですね。でまあ、その道のスペシャリストというわけでもないんですが、PCとモバイルでデータ同期できる二つのアプリについて、ちょろっと駄文を垂れ流してみようかと思います。



■Dropbox──スバラシイ!w ワタクシは、もう手放せないです

ワタクシのメインマシンは、昨年の春に買い換えたばかりのWindows7デスクトップであります。が、自宅と大学での講義用に使っているのは、AppleのMacBook Air(11inch)でして、出向先のオフィスでは、MacProを使っておるのであります。

当然のことながら、我々のような商売ですと、いつどんな時に仕事の修正依頼が来るかわからない、という状況に置かれておりますんで、どこにいても、どのマシンを使っていても、同じデータを使って作業できるというのが理想なわけです。

とは言うものの、モバイルHDなんかに全データを入れて持ち運ぶのは、かなーりリスキーですし、持ち運ぶためにノートPCをメインマシンにするというのは、スペックの点で不満が残ることが多いでしょう。そもそも重たいし。

で、そんなワタクシに必須となったアイテムが、オンラインストレージの「Dropbox」なんですね。
< http://www.dropbox.com/ >

以前からMKチャットを読んでくださっている方は、一昨年あたりにチャットでご紹介したんでご存知かと思います。

すべてのマシンにDropboxをインストールして、この時自動生成される「My Dropbox(Mac版はDropbox)」フォルダにデータを保存しておけば、勝手にオンラインストレージにアップロード、かつ他のマシンに勝手にダウンロードされて、すべてのマシンで最新ファイルを共有できるというスバラシイ仕組みなんですな。マシンの台数+オンラインストレージ分、バックアップコピーが自動で生成されるわけで、すごい安心感を得られますw。

また、新規にマシンを導入した時も、Dropboxをインストール、ネットにつないでしばらく待てば、仕事用のデータが自動で新しいマシンに復元され、すぐにお仕事可能な状態に! 最近、ホント新しいマシンをおろすときに、前のマシンからデータをコピーして〜なんてことをやらなくなりました。

さらに便利で安心な機能として、Dropboxのオンラインストレージには、ファイルの履歴が保存されています。つまり、間違ってファイルを消しちゃった!とか、おかしな変更をして以前のファイルを上書きしちゃった! とかいう場合でも、オンラインから「Previous Version」をダウンロードして、以前のファイルを復活させることができるんですね。

スバラシイ!w ワタクシは、もう手放せないです。

ちなみに、無料版だと容量2GBまでですが、ワタクシは、有料版にアップグレードして50GB使っております(Pro50:$9.99/月または$99.00/年)。年間8500円程度でこの安心が買えるなら安いです(あくまでもワタクシ基準ですが)。

さて、このDropboxですが、実は、iOS用、Android用、BlackBerry用のモバイル版アプリもあります(無料)。
< http://itunes.apple.com/jp/app/dropbox/id327630330?mt=8 >
< https://market.android.com/details?id=com.dropbox.android >

BlackBerry用は使ったことがありませんが、iOS用とAndroid用に関しては、どちらも、ファイル閲覧・ダウンロード・アップロード・シェア(メールなどでファイルを送付したり、SNSにアップロードしたり)が可能。マシン持ってないときに「あ、忘れてた! あのファイル〇〇さんに送らなくっちゃ!」程度の状況なら、電車の中でも公衆便所の中でも対応可能ですw。

■Xmarks──一つのマシン内でもすべてのブラウザでブックマークを同期

ところで、新しいマシンを導入したときに、もう一つ困るのがWebブラウザの「ブックマーク(お気に入り)」ですよね。特に我々Webデザインに関わる人間は、マシンに最低でも3〜4種類のブラウザがインストールされてますから、一つのマシン内でもすべてのブラウザでブックマークを同期したい欲求があります。

ほとんどのブラウザには、ブックマークをエクスポートしたり、他のブラウザからブックマークをインポートする機能がついてますが、手動でやるのは面倒だし、使っているうちに、それぞれのブラウザで違うブックマークが増えていったりして、「あれ? こないだあのページをブックマークしたと思ったんだけど...、どのブラウザだったっけ?」なんてことが頻繁に起こるようになります。イラッとしますよねw

そんな悩みを解決してくれるのが、Xmarks(旧Foxmarks)なんです。
< http://www.xmarks.com/ >

このXmarks、ワタクシは、FireFoxアドオンだったFoxmarksの頃から愛用していたんですが、Xmarksに進化してから、SafariやIE、Chromeにも対応して、パスワードも同期できるようになり、「めっちゃ便利やーん!」と思っていたのも束の間、昨年夏頃に、突然年内にサポートを終了するとの告知が発表されました。

エライこっちゃどないしょう〜と、代替品を探しては見たものの、FireFoxアドオンのFoxSyncが機能的には同等とはいえ、所詮FireFoxオンリー。他にはひとつでリプレースできるようなものは見つからず。

ブックマークはGoogle Bookmarkにくら替えして、パスワードはLastPassに置き換えるか〜、と諦めかけてたら、年末辺りに、なんとそのLastPassが、Xmarksを買収して、Xmarksは今後も継続すると!
< http://lastpass.com/ >

助かりましたw。

こちらもDropboxと同じく、新規ブラウザにXmarksをインストールして、アカウントにログインすればOK。クラウドに保存されているブックマークやパスワードがローカルに復元され、さっきインストールしたばかりのブラウザでも、使い慣れた自宅のブラウザみたいに、いきなりサクサク使うことができます。

ところで、このXmarksにも、モバイルアプリがあります。ただし、残念ながら無料ではありません。いや、アプリ自体は無料なんですが、アカウントをPremiumにアップグレードしないと使えないんですね。
< http://buy.xmarks.com/premium.php >

最初は、iPhoneのブックマークの同期は、iTunesと繋げばMac版Safariのブックマークが同期されるし、そこまでせんでもええかー、と思ってたんですが、HTC DesireZを手にいれてから、AndroidってばPCブックマークとの同期がめっちゃ弱いことに気づきました。GoogleBookmarkをインポートするユーティリティはあるんですが、こまめに同期するのは手動だし骨が折れます。

というわけで、有料版のXmarks Premiumにアップグレードすることにしました。これでAndroid版のXmarksもiPhone版のXmarksも使い放題ですw。PCでフォルダ分類したブックマークの構造が、そのまんまスマートフォンでも使えるので、なんにも迷うことがありません。
< http://itunes.apple.com/jp/app/xmarks-for-premium-customers/id406387018?mt=8 >
< https://market.android.com/details?id=com.xmarks.android >

Androidだけに限っていうと、人気のブラウザDolphin Browser HDのブックマークをクラウドと同期してくれる専用のエクステンション「Xmarks on Dolphin Browser HD」もあります。
< https://market.android.com/details?id=mobi.mgeek.TunnyBrowser >
< https://market.android.com/details?id=com.xmarks.dolphin >

ブックマークを選んで、さらにブラウザを選ぶ、という手順がまどろっこしい人は、こっちのほうが便利かもしれませんね。

有料版では、スマートフォンでブックマークが同期出来るだけではなく、無料版ではできないタブの履歴が同期できたり、過去のブックマーク履歴も保存されて、何かの拍子にブックマークがぐちゃぐちゃになったり、消えちゃったりしたときにも、ちょっと前の状態に戻すことが可能です。

有料版のおねだんは、年間$12.00。この便利さが年間たったの1000円弱だったら、ワタクシ的にはぜんぜんOKです。

あ、ちなみに文中に記したアンドロイド・マーケットのURLですが、普通にPCのブラウザでアクセスして、Googleアカウントでログイン後、各アプリのページで「INSTALL」ボタンをクリックするだけで、直接Androidスマートフォンにアプリがダウンロード〜インストールされます。Googleアカウントで紐付けされているから、そらできるだろうなぁとは思うものの、なんだか不思議かつ超便利な感覚です。

iOSアプリの場合、PCのiTunesでダウンロードしたあと、iPhoneと同期するか、逆にiPhoneでダウンロードしたあと、iTunesにバックアップするわけですが、アンドロイド・マーケットは「MY ACCOUNT」のページに、今までダウンロード・インストールしたアプリがリストされているので、ローカルでバックアップする必要はないようです。

おそらく、新機種に持ち替えてもGoogleアカウントにログインさえすれば、購入済みアプリがダウンロードされて、前と同じ環境があっさり整うんでしょうね。やったことないからわかんないけど、タブンネ。

iOSアプリも、AppleIDで紐付けできるiPhoneとiPad3Gだけでいいから、同じ事出来ればいいのにねぇ。

【笠居 トシヒロ/WEBデザイナー、デジハリ大学院客員教授、京都嵯峨芸術大学講師】
< http://www.mad-c.com/ > < kasai@mad-c.com >

今週末は、毎年恒例の「うま死に」北陸ツアー。北陸金沢の美味いものを朝から晩まで食らい、腹ごなしにスキー・スノーボードで雪と戯れ、露天風呂に浸かって雪見酒、そしてまた食らうという、酒池肉林の3日間を過ごしてきます(笑)。