音喰らう脳髄[104]3月2日、夜、Dommune/モモヨ

投稿:  著者:  読了時間:2分(本文:約800文字)


3月2日、つまり先週の水曜日、Dommune < http://www.dommune.com/ > に出演してきた。一緒に出たのは、恒松正敏(FRICTION、E.D.P.S)、地引雄一(元テレグラフレコード、イーター主催者)の二人。トークの後、私と恒松(まっちゃん)の弾き語りがあり、二時間近いプログラムは終了。

最初は、三人だけで二時間なんてもたせられるだろうか? といぶかったものの、それと意識しないうちに時間が経ち、番組は無事に終了した。実をいうと、私、そして恒松氏、地引氏の三人はこれまでともにトークや弾き語りライブなどを幾度となくこなしてきている。ために、打ち合わせなども特別に行わずにスタジオ入りを迎えた。で、少々不安だったのだ。

いまさら説明するまでもないだろうが、Dommuneというのは、知る人ぞ知るUSTREAMを利用したインターネット生番組だ。ロックやパンク、ヒップホップといった音楽系のプログラムのみならず、ハプニング時代の前衛アートまで様々なジャンルのゲストをスタジオに招き、トーク、ライブなど、TVや既存のメディアでは拾いきれない情報を中心に発信し注目をあつめている。その一つとして私たち出演のプログラムが企画されたわけだ。

題して「東京ロッカーズの生!#1」。

どことなく時代がかっているタイトルだが、出る人間が時代がかっているので、これはいたしかたなかろう。実際に、語られたエピソードの多くは昔話だったし......。年齢のせいだろうか、少し前まではそんな昔話にひどく抵抗を感じたものだが、今となっては、それもそうとうに薄れてきた。なんて話を帰り道に三人でした。

ちなみに4月の2日、3日と高円寺で地引氏主催のイベントがあり、恒松バンドと私のバンド、リザードも出演する。その告知もかねての番組だった。

イベントに興味がある方は、下記のTwitterアカウントを参照して欲しい。
< https://twitter.com/telegraph2011 >

Momoyo The LIZARD 管原保雄
< http://www.babylonic.com/ >