ローマでMANGA[39]イタリアはあたたかい/midori

投稿:  著者:  読了時間:7分(本文:約3,100文字)


未曾有の出来事が日本を襲いました。犠牲者の皆様の回向と一日も早い不明者の発見を毎日お祈りしてます。そして被災者の皆様の日々を思うと胸が潰れそうですが、その皆様の分まで生活をきちんと送ることが、直接に救済の手を出せない者の務めと思います。遠回りでも回復を早める事の助けになると信じて。

今回の天災(および人災)は、イタリアでもかなり大きく取り上げられ、そして単なる大災害の報道に終わらず、日本人の態度への賛美が特徴的でした。

これだけの災害に遭ったのに被災者が落ち着いて行動している(子どもも!)。不足したガソリンや水の配給にきちんと並んでいる。どさくさに紛れて泥棒が横行しない(多少あったようだけど、他国だったらもっとひどい)。

原発で作業に当たる方々への敬意の表現も多々見られました。そして、被害の多くが津波にあったこと、あれだけ大きな地震でありながら地震での直接の被害が驚くほど少なかったこと。つまり、日本の耐震技術と地震に対する国民一人ひとりレベルでの準備の良さにも大きな敬意と、もう一つは「発見」がありました。

イタリアは2年前に中部で大きな地震があり、多くの被害者を出したのでまだ傷が癒えてないわけです。我が身と比べて、「耐震はできるんだ。それをやってる国が、人々があった」という驚きもあったわけです。

マスコミでのそうした報道だけでなく、日本人である私もまわりからずいぶん褒められました。日本の皆様、ありがとうございます。思いがけない暖かい気持ちと言葉の数々もいただきました。被災者の皆様に代わって受け取りました。以下、FaceBookに寄せられた言葉です。



◇新人漫画家:なぜだか知らないけど、この巨大な災害の後、日本人は私たちにどうやったら前よりも強く起き上がるのか教えてくれる気がするの。

◇新人漫画家:日本頑張れ!!! あなたの国は素晴らしい国で前よりももっと高く起き上がるよね。もうここに居なくなってしまった魂のために。彼らの思い出と勇気がまだここにいる人に力を与えてくれる。

◇アーティスト:みどり、あなたが書いていることを読んだら、時によって、特に今みたいなときには、日本は顔をあげて、やるべきことは上の人の指示を待たずになすべきなのね。首相が被災地に出向いたせいで、すべての作業が止まってしまったっていうのを読んで笑ってしまった。どこの国も同じね。:))))

◇MANGAファン、MANGAグッズ販売:東京が無事と聞いて安心しました。放射線の心配は? あなたまで「レントゲンのほうが怖い」なんて言わないよね?イタリアに伝わってくる大災害情報と、「たいしたことない」の間に日本はいるみたいね。

◇アーティスト兼母:あなたの家族の安否が知りたかった...。ここで皆無事と分かりました。抱擁を贈ります。

◇漫画家:今回の出来事にすごく関心をもっています。あなたが言うように、多くの情報源から情報を得ることが大切ね。私の彼はすべてを分析するタイプなの。いろんな情報源を探しに探す。核エネルギーがどんなふうにできるのかよく知ってる。いま起こっていることを一緒に話し合ってます。起こってること、怖いですよね。これが新しいエネルギーの形に導いてくれるきっかけになるといいんだけど。日本を助けるために動いてくれる人がいるのを知って安心しました。頑張って!

◇中堅漫画家:日本で起こってること、すごくお気の毒に思ってます。僕は日本の国民に対して憧憬と尊敬の念を持っています。なるべく早く元の姿に戻ることを祈ってます。

◇新人漫画家:ほんとにショックだ! ともかく日本はこうした災害に対する準備で文明の高さを示したね。他の国だったら、あの地震で全部ぐちゃぐちゃだったと思う。同情と尊敬の念を感じます。

◇新人漫画家カップル:あなたの家族が無事と聞いて安心しました。この恐ろしい時、素晴らしい日本国民のみなさんと気持ちを共にしています。

◇新人漫画家:何に驚いたかって、あなた方が持っているオーガナイズ。私の父は映像を見て「見てご覧、日本人の姿を! イタリアだったらみんな逃げてるよ。だいたい、こんなふうに準備なんかしてないしね」と叫んでました。

◇漫画学校生徒:日本の知り合いで、目黒に住む友だちとその息子の安否がずっとわからなくて心配してたんだけど、昨日の夜10時頃連絡があったんだ。僕も気持ちを共に。

◇友だちの娘:早く地震が収まりますように。そして... 再出発!

◇漫画家:勇気を...

◇新人漫画家:この酷い時、僕の気持ちはあなた方と共にあります。

◇アーティスト:Midori san、あなたの素晴らしい国に起こってることに心を痛めてます。あなたの家族や知り合いの無事を祈りつつ、みんなに光が射しますように。強い抱擁を贈ります!

◇新人漫画家:言葉がありません... 放射線を塞ぐのに切り貼りするわけにも行かないね。未来に問題を残さないように。。。

◇漫画家:よし、大事なのは気持ちを強く持って倒れないことだ。日本人が希望をなくしませんように! ここにはいやなニュースが沢山やってくるけど、「カミカゼ」が日本を救うために英雄的な行動をしてることや、国民がパニックに陥ってないことを知って少し安心出来る。頑張って! 僕たちはあなた方と供にあります!

◇漫画家+作家:がんばれ、みどり。頑張れ日本! 今回、世界中が一つになっていると思う。もし、基金が必要なら漫画家やイラストレーターが集まってなにか行動を起こしたらいいと思う。いや、今すぐ世界中の漫画家に呼びかけよう!」

◇友だち:あなたの国の人々がお気の毒でならない。何かできることがあるかな、例えば誰かをウチに泊めるとか。何でも言って、できることは何でもする。

◇学生:多くの人にとって厳しい時... 頑張って!勇気!

もうすでに言われたことを繰り返してしまったかも知れないけれど、イタリアの友人たちの言葉を伝えたいので東日本大地震に題材にしました。

< http://easyurl.jp/1ml8 >
ローマ市主宰の日本へ募金の広告が市バスに掲げられていた。ローマ市まで市をあげて応援してくれてるとは知らなかった。
次回、MANGAに戻ります。

【みどり】midorigo@mac.com

日中は真夏かと思われたほど日差しが強かったのある日、見覚えのない差し出し名でメールが入っていた。なんとGrowHairさんから。友達の友達の家からメールしてるとのこと。テルミニ駅のそばの家から...道理で英語だ。そのパソコンには日本語フォントが入ってないんだろな。イタリア人だし。

一人目の友だちの携帯にかけてください、と番号があったのでかけて直でGrowHairさんとお話ししてしまった。写真は見ているので、その顔を思い浮かべながらニヤニヤしつつお話し。私のメルマガも見ていてくださって「イタリア人にとって5分や10分は時間ではない」ということを知っていたので色々ぶったまげずに済んでます、とのこと。

翌日出発なので、その前にちょっとお茶でも...というお誘いだったけど、郊外住まいの母である私はあまり自由時間があるようでない。特に息子が帰ってくる昼時あたりが一番困難で、お断りせざるを得なかった。気軽にひょいと出かけられるようになるといいんだけど。イタリアにはよく来る機会があるということで、次回は是非、早めに予定を教えてもらって我が家で昼ごはんにしていていただいたほうが、都合が付くのでよろしく、GrowHairさま!

イタリア語の単語を覚えられます!というメルマガ出してます。
< http://archive.mag2.com/0000075559/index.html >