Otakuワールドへようこそ![番外編]アイドルで初舞台:人前で歌ったことないんですけど/GrowHair

投稿:  著者:  読了時間:4分(本文:約1,600文字)


金曜日じゃないけど、ちょっとおじゃまします。デジクリ絶賛休載中GrowHairです。引越しが迫り多忙につき、という理由でしたが......。アパートの退去期限日は過ぎました。まだ引っ越してません。かたづいてもいません。居座ってます。

新居は決まってます。まだ空っぽです。家賃、二重払いです。別荘です。そういうご身分じゃないんですけど。やばいやばいやばい。私の生活、破綻してませんか?

それはさておき。4月22日(金)に休載の言い訳を書いて、その最後に私が出演するイベントの告知をしました。けど、その時点ではまだ詳細が決まってなくて、中途半端で終わってました。その続きを言わせてください。って、もう明日なんですけど。

映像作家・寺嶋真里さんの『アリスが落ちた穴の中:Dark Marchen Show!!』の上映イベントが渋谷の「アップリンク・ファクトリー」であります。5月12日(木)18:30開場、19:00pm開演です。上映だけじゃなく、マメ山田さんのマジックやお嬢様学校少女部のパフォーマンスなど、いろいろな出し物があり、お楽しみいただけます。題して「アリスのらんちきパーティー」。

私も出させていただくことになりまして。セーラー服を着たヒゲのおっさんカメコが、若くてフォトジェニックなコスプレイヤーさんたちを引き連れて、歌います。



ひとつ、裏話をバラしちゃいます。寺嶋さんってば、私の歌うところを一度も見たことないんです。なのに出演OKです。すごい度胸じゃないですか? そもそも、私の歌うのを見た人って、非常に少ないです。それもそのはず、シャイなもんで、人前ではアガっちゃって、歌えないんです。

歌はガキのころからの、コンプレックスの種でして。小学校では、人を笑わせるのは得意で、給食のときなど、隣りの席の門脇君(仮名)をタイミングよく笑わせて、牛乳を吹かせて遊んだりしました。そのくせ、妙にプライドが高くて、笑われるのは耐えられなかったんですね。

音楽の時間、みんなの前で一人一人歌わされたとき、高い声が出なくて蛙みたいな声になっちゃって、クラス中から大笑いされたんですね。みんなは、またいつもの道化と思ったのかもしれませんが、こっちは恥ずかしくて恥ずかしくて、もうぜったいに人前では歌わんぞ、と決意して30年ぐらい来たわけです。

中野にある行きつけのメイドバーにはカラオケ装置があるのだけど、半年ぐらいはROMってました。けど、だんだん自分も歌いたくなって......。まず上手くなることが先決だ、ってわけで、ボイストレーニングにこっそり通い始めました。一年ぐらい前のことです。で、そのことを寺嶋さんにはこっそり言っちゃったわけです。そしたら、成果を拝見させていただきましょう、ってことに。

しかし、一方では、ちょっと嬉しくもあり。高校時代、アイドルにあこがれてました。男の子って、自分の彼女にしたいコの理想像としてアイドルをみるのが一般的なのかもしれないけど、私は違いました。自分がなりたい姿としてみてたんですね。なりたくてもなれないから、別のところでがんばろう、みたいな感じで、心の励みの原動力にしてました。

しかし、ずーっと念じてるとなれちゃう、っていうのが恐ろしいですね。齢48にして、アイドルとして初舞台です。ちょっととうが立ちすぎた感じもしますけど。それよりも、性別が違うような気もしますけど。まあ、細かいことは気にせず。かなり楽しみです。さてどうなりますか...。

< http://www.yaso-peyotl.com/archives/2011/05/post_812.html >
ツイッターでは、ハッシュタグ #ranchiki でつぶやいています。

【GrowHair】GrowHair@yahoo.co.jp
アイドル。5月14日(土)、15日(日)のデザフェスでも、セーラー服着てうろうろしてます。こんなことしてたら有名になっちゃったりして。