クリエイター手抜きプロジェクト[282]Adobe Illustrator CS3/CS4/CS5編 Bridgeで選択したファイルをIllustratorに配置する/古籏一浩

投稿:  著者:  読了時間:6分(本文:約2,800文字)


Adobe Bridgeのウィンドウで選択した画像ファイルを、自動的にIllustratorに配置するスクリプトです。なお、今回のスクリプトはBridgeやIllustratorから実行するのではなくESTK上から実行してください。実行する際のターゲットアプリケーション名は、Bridgeになります。

以下のスクリプトは、Bridge CS3のウィンドウで選択された画像をファイルをIllustrator CS3に配置するものです。実行する前にあらかじめドキュメントを用意しておく必要があります。



var fileList = app.document.selections;
for(var i=0; i<fileList.length; i++){
myBTalk(fileList[i].path);
}

function myBTalk(filename){
var scriptcode = 'var myImage = app.activeDocument.placedItems.add();';
scriptcode += 'myImage.file = new File("'+filename+'")';
$.writeln(scriptcode);
var btObj = new BridgeTalk;
btObj.body = scriptcode;
btObj.target = "illustrator-13";
btObj.send();
}

Illustrator CS3でなくCS4で実行する場合は以下のようにしてください。

btObj.target = "illustrator-14";

Illustrator CS5の場合は以下のように変更してください。

btObj.target = "illustrator-15";


画像をリンク画像ではなく埋め込み画像にするには、以下のスクリプトを使用してください。


var fileList = app.document.selections;
for(var i=0; i<fileList.length; i++){
myBTalk(fileList[i].path);
}

function myBTalk(filename){
var scriptcode = 'var myImage = app.activeDocument.placedItems.add();';
scriptcode += 'myImage.file = new File("'+filename+'");';
scriptcode += 'myImage.embed()';
$.writeln(scriptcode);
var btObj = new BridgeTalk;
btObj.body = scriptcode;
btObj.target = "illustrator-13";
btObj.send();
}


選択した画像をIllustratorに配置し、さらにPhotoshop CS3で開く場合は、以下のスクリプトになります。画像はリンクされているので、Photoshopで修正すれば、そのままIllustrator上に反映されます。


var PSCS3 = "/Applications/Adobe Photoshop CS3/Adobe Photoshop CS3.app";
var fileList = app.document.selections;
for(var i=0; i<fileList.length; i++){
myBTalk(fileList[i].path);
fileList[i].openWith(PSCS3);
}

function myBTalk(filename){
var scriptcode = 'var myImage = app.activeDocument.placedItems.add();';
scriptcode += 'myImage.file = new File("'+filename+'")';
$.writeln(scriptcode);
var btObj = new BridgeTalk;
btObj.body = scriptcode;
btObj.target = "illustrator-13";
btObj.send();
}


最初の行はアプリケーションのある場所を示しています。サンプルはMacOS XでのPhotoshop CS3になっています。Photoshop CS4なら、CS4のアプリケーションがあるパスを指定してください。


【古籏一浩】openspc@alpha.ocn.ne.jp
< http://www.openspc2.org/ >

地元(というか断層は近く)で震度5強の地震。まあ、地盤によって被害の差がかなり違ってました。地震の前触れっぽいと思われるのを、とりあえず後生のためにメモ。
1:簡易水道(山からひいている水道)の水が急激に増えた(10倍くらい)
2:前日から前兆地震が多発
3:いつもは新芽が食べられて咲かない花が、動物がいなくなったせいで満開
4:父親が自信の夢を見た(予知夢?)

積んであった本は倒壊。ちなみに、本当に本の山に埋まって死んでしまった人もいました(会社に出勤してこないので、翌日見に行ったら本に埋もれて死亡していたそうで)。

某本でHTML5の勉強用に漫画でもと思って作ったら、やはり没。という事で章の最後とかに入れる予定だったのをアップしておきました。本質的なところを書かないと、漫画にしたところで分からないってのは実感。

・漫画でHTML5を覚える(没になった章末の漫画)
< http://www.openspc2.org/reibun/comipo/HTML5/ >

・Final Cut Pro X使い方辞典
< http://www.openspc2.org/reibun/FinalCutProX/ >

・毎度おなじみASCII.jpの連載。HTML5+NimbleKitでiPhoneアプリ作り第7回
「NimbleKitでiPhone用動画アプリを自作しよう」
< http://ascii.jp/elem/000/000/616/616065/ >

・Google API Expertが解説する HTML5逆引きリファレンス【発売中!!】
< http://www.amazon.co.jp/dp/4844330349 >

・iPhone/iPad × HTML5アプリ制作
< http://www.amazon.co.jp/dp/4797362618 >

・ハイビジョン映像素材集
< http://www.openspc2.org/HDTV/ >

・Adobe Illustrator CS3 + JavaScript 自動化サンプル集
< http://www.openspc2.org/book/PDF/Adobe_Illustrator_CS3_JavaScript_Book/ >