エンドユーザー大変記[07]PCリプレースへの長い道 〜液晶ディスプレイ篇〜/ジョニー・タカ

投稿:  著者:  読了時間:5分(本文:約2,300文字)


8月から9月にかけて、いささかまとまったお金が入ってくるので、モニタを買い換える決断をしました。

今使っているのはナナオのFlexScan561T。
< http://www.eizo.co.jp/products/discontinued/crt/files/T561.pdf >

「まだCRT使ってるのかよ!」と驚かれる方のほうが多いと思いますが、紛れもない事実です(実際、ツイッターやってたときに、高校の同級生にも言われたし)。買い換えるタイミングを逃したまま、生活がキツキツになってしまった感じです。

買い換える決断ができたのは、コントラスト調整が効かなくなったこと。黒に溶け込んでいる画像を見る際、メリハリがまったくわからない。いくら調整しても細かい調整が効きにくくなったため、いい加減限界を悟った次第。

いつ壊れるかもしれないし、先のリプレースを見込めば、震災直後にモニタの価格が上がるのではないかという話もあったのですが、何とか価格は持ち直している模様。

予算は現在使用しているモニタのリサイクル料を合わせると2万円。すなわち実質15,000円となります。



問題は大きさですが、それが一番の悩みどころ。大きすぎると置き場に困るし、目が全体をカバーできなくなってくる。なので21.5インチが一番妥当であると判断。まったく同額で24インチも買えるのですが、性能が劣るのではないかという不安もあります。

一番困るのは、なかなか判断材料がつきにくい点。大きさの他には入力端子数、グレアorノングレア、液晶or LEDorIPSになるのですが、入力端子はVGA・DVI・HDMIの3ポート、表面処理はノングレアに絞り、さんざん悩み、店頭で見て、結局ツイッターで高校の同級生に勧められたLGのIPSディスプレイに決定。

< http://www.lg.com/jp/it-product/monitor/LG-16-9-wide-IPS226V-PN.jsp >

予算がいささか跳ね上がりますが、やむを得ません。でも、ここで思い切らないと後悔するかもしれないので、決断しました。後は価格の推移を見守るのみです。

読めないのはもちろん価格もそうなのですが、入力デバイス。DVIをなくした分HDMIを増やしたり、他のTV関連のデバイスを増やすかもしれません。でもまぁ、大体において、デジタル機器買ったら後からいいものが出てきて後悔するのは目に見えているんですが...。

【ジョニー・タカ】johnnytaka32(a)gmail.com

1976年、横浜・関内で生まれ、上州と越後の風を受けて育ち、来世でもFUNKを踊り続けるフリーランサー。ヴァーチャル・キャラクターに曲を付けて選曲を展開する"コンピレーション"を1998年から行っている。
2011年は夏発売のPSPソフト『フォトカノ』のコンピレーションを展開予定(と言っても勝手にやってるだけです。それを続けて今年で13年目)。
< http://music.ap.teacup.com/cafedejohnny/ >

○自分も地震の直前にあったことを書き留めておきます。
1月末のニュージーランド地震の後、近所や駅に行く道で生ゴミを啄んでいたカラスがめったに来なくなりました。地震から4ヶ月経ちましたがまだ少ないです。そういえば、2004年の新潟県中越地震の時、本震の15分前に近所の飼い犬や野良猫が一斉に鳴き出し始めたことを思い出します。

でも一番強烈だったのは、15時15分の茨城沖での二度目の本震の時、髪を切り終わって外で一服してたら、不動産屋の女性社員が「きゃーきゃーこわいこわい」と叫んで飛び出てきて、向かいの不動産屋の前でしゃがみ込んでしまったのを見てしまったこと。地震の時に一番してはいけないことを実践してくれました。

しかし震災を政争の具とし、被災地に対して暴言を連発した大臣の姿は末世までの恥であり、日本の恥であると言わざるを得ません。

○日常を書き留めるブログをオープンしました。
「ジョニー・タカの日常」
< http://ameblo.jp/johnnytaka/ >

しかし、また別方面から2年前のニコニコ動画の時のごとく、"ジョニー・タカの変節"って言われるんだろうなぁ...。

○ATOK for Androidがやっと有料化になったので購入。
< http://www.justsystems.com/jp/products/atok_android/ >
(Androidマーケット)
< https://market.android.com/details?id=com.justsystems.atokmobile.service >

これがAndroidで初めて買うアプリになったとは...。とりあえず6月末まではキャンペーンで980円だったのでその時に購入。Googleアカウント1つにつき1本になるため、Androidを複数台持っている場合は、別アカウントを取得して購入するしかない。値段は当然これくらい(1,500円)になると覚悟していたが、思ったより安かった。

○前回触れた林真理子『RURIKO』文庫版をぼつぼつ読み出す。伝記小説という体裁からか、書き出しが重い。4歳で甘粕正彦に見初められたということ自体が嘘か真か判じかねるが、これから戦争が終わり、当時のスターとどう関わってくるか、読み応えがある。8月に実家の群馬に帰省するので、その時にも読み進める予定。
< http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4041579430/dgcrcom-22/ >