ニュース/DTP・印刷専門デジタルコンテンツ販売サイト「印刷の泉」オープン

投稿:  著者:  読了時間:2分(本文:約800文字)


株式会社吉田印刷所(新潟県五泉市)は、DTP・印刷専門デジタルコンテンツ販売サイト「印刷の泉」を9月1日に開始した。デザイン・DTP・印刷に特化した情報・テクニック・知識・プログラム・写真素材を取り扱うことで、業界人のみならず一般企業や個人でデザイン・印刷を行う人に必須のサイトになることを目指している。来年9月までに2,000種のコンテンツを揃えるという。
< https://www.ddc.co.jp/estore/ >

デジタルコンテンツ販売サイト「印刷の泉」の特徴は3つある。

(1)DTP・印刷の情報コンテンツだけを専門に取り扱う

情報コンテンツとして扱うものの例としては、以下のものが挙げられる。
・デザインや印刷の基礎知識
・デザインや印刷に関するコラムやエッセイ
・ソフトウェアの操作方法
・デザインを行う際に参考になる基本情報やテクニック
・印刷トラブル対応情報
・印刷や製本などの機械オペレーションに関するトラブルやテクニック情報
・業界の調査レポート

以上のような情報コンテンツを、電子書籍・PDF・Word・動画といったデジタル形式で販売する。大手電子書籍販売サイトなどでは埋もれてしまう専門的な情報コンテンツも、業界を限定することによって、コンテンツ購入者が目的の情報コンテンツを見つけやすくなっている。

(2)参加型販売サイトである

上記(1)のコンテンツを持つ人は、誰でもこのサイトで情報コンテンツを登録し、販売できる。プロ・専門家としての知識・ノウハウを好きな価格で販売できる。吉田印刷所の販売手数料は売り上げの30%である。

(3)情報コンテンツ提供者を応援・支援できる

コンテンツ購入者は、情報コンテンツの販売料金に一定の金額を上積みした金額を、コンテンツ提供者へ支払うことができる。このことにより、コンテンツ提供者の活動の支援をサイトを通じて行うことができる。これにより、業界内の情報コンテンツの流通活性化が期待できる。

情報コンテンツを持つクリエイターに、このサイトにアクセスしてみることをお勧めしたい。何かしらのモチベーションの向上、マネタイズのサポートになると思う。