公募案内/第1回デジタルえほんアワード

投稿:  著者:  読了時間:2分(本文:約900文字)


株式会社デジタルえほんとNPO法人CANVASは、「デジタルえほん」分野の開拓および発展のため、「第1回デジタルえほんアワード」を開催する。子どもたちに夢を与え、想像力を喚起し、現実の世界をより豊かにさせる「絵本」が、デジタルにおいてもさらに子どもたちを魅了する「デジタルえほん」であることを願った企画だ。

「デジタルえほん」とは──タブレット、電子書籍リーダー、電子黒板・サイネージ、スマートフォンなどテレビやパソコン以外の新しい端末を含む子ども向けデジタル表現を総称して「デジタルえほん」としている。
< http://www.digitalehonaward.net >

募集内容:「デジタルえほん企画部門」と「デジタルえほん作品部門」
応募期間:2011年9月16日(金)〜2012年1月20日(金)
応募資格:個人/法人・各種団体を問わず誰でも応募できる
応募方法:第1回デジタルえほんアワード、応募の案内を参照
< http://digitalehonaward.net/award/oubo.pdf >

審査基準:以下の3つの要素に基づき、審査を行なう。
たのしい(こどもたちを魅了し、夢中にさせる楽しさ)みたことがない(これまで出会ったことのない新しい表現)世界がひろがる(こどもたちの想像力・創造力を育み、世界を広げてくれるしかけ)

賞典:
【デジタルえほん企画部門】グランプリ(1作品)賞金100万円 or デジタルえほん化/準グランプリ(1作品)賞金10万円/審査員特別賞
※グランプリの受賞者が賞金100万円を選択した場合の条件=企画作品を実際に開発し「デジタルえほん」化する。賞金をどう使うかは自由。
※賞金をもらっても実現するための手段がないという場合は、デジタルえほん社がプロジェクトチームで開発し「デジタルえほん」化する。
【デジタルえほん作品部門】グランプリ(1作品)賞金30万円/準グランプリ(1作品)賞金10万円/審査員特別賞

発表:2012年1月末開催の「審査会」を経て、2012年2月25・26日に開催される「ワークショップコレクション < http://www.wsc.or.jp >」(主催:NPO法人CANVAS)にて結果発表及び表彰式を行なう。