イベント案内/デジタルコンテンツEXPO 2011 DIGITAL CONTENT EXPO 2011

投稿:  著者:  読了時間:3分(本文:約1,300文字)


会期:2011年10月20日(木)〜22日(土)
会場:日本科学未来館(東京都江東区青海2-3-6)
< http://www.miraikan.jst.go.jp/ >
主催:経済産業省 財団法人デジタルコンテンツ協会

< http://www.dcexpo.jp/ >

●次世代コンテンツ技術展(ConTEX)2011 ステージ
TOKYO AR SHOW
< http://www.dcexpo.jp/program/contex/ >
日時:10月22日(土)15:10〜16:00
場所:日本科学未来館 ステージ
AR(拡張現実感)は世の中を楽しく便利に拡張する技術です。元祖ARである「ペッパーの幽霊」はテクノロジーとアートとエンターテインメントのすべての要素を持っていました。「TOKYO AR SHOW」ではデモを交えながらARの今後の姿を楽しみながら体験していただきます。(サイトより)
稲見昌彦 慶應義塾大学大学院教授
橋本 直 独立行政法人 科学技術振興機構
川田十夢 ALTERNATIVE DESIGN++代表/AR三兄弟長男

●次世代コンテンツ技術展(ConTEX)2011 ステージ
「空も陸も自由自在!球形飛行体」
日時:10月20日(木)15:20〜15:50
   10月21日(金)14:20〜14:50
   10月22日(土)16:20〜16:50
場所:日本科学未来館 ステージ
防衛省技術研究本部において開発された世界初の球形飛行体について、開発者がデモを交えながらその概要を紹介します。

●国際3DFair2011 in Tokyo シンポジウム 事前予約制
3D University: Introduction
< http://www.dcexpo.jp/program/3dfair/ >
日時:10月20日(木)15:30〜16:50
場所:日本科学未来館 みらいCANホール
Jim Chabin(ジム・チャビン)国際3D協会会長
河合隆史 早稲田大学理工学術院教授

●国際3DFair2011 in Tokyo パネルディスカッション
「国内3D撮影の現状と展望」 事前予約制
日時:10月21日(金)13:30〜14:50
場所:日本科学未来館 みらいCANホール
大場省介 ソニーPCL株式会社 3D戦略室 3Dクリエイティブプロデューサー
灰原光晴 株式会社IMAGICA 事業推進室 3D事業推進グループ課長
     /3Dスーパーバイザー
金谷俊作 ソニーPCL株式会社 デジタルプロダクション事業部ビジュアルソリューション部 担当部長
澤村厚志 パナソニック映像株式会社 スタジオ営業グループ 3Dコーディネーター
斎藤 晶 株式会社NHKメディアテクノロジー放送技術本部3D高精細センター チーフエンジニア・ステレオグラファー
山口義彦 株式会社オムニバスジャパン 撮影センター 技術部部長

●国際3DFair2011 in Tokyo 舞台・演劇と3Dコラボの可能性
日時:10月21日(金)12:15〜12:55
場所:日本科学未来館 ステージ
河合隆史 早稲田大学理工学術院教授
丹羽多聞アンドリウ BS-TBS 事業部長兼統括プロデューサー

●国際3DFair2011 in Tokyo 受賞作品紹介
日時:10月22日(土)14:15〜14:55
場所:日本科学未来館 ステージ
本田雅一 評論家