グラフィック薄氷大魔王[274]iModela発表、ジョブズ死去/吉井 宏

投稿:  著者:  読了時間:6分(本文:約2,600文字)



●ローランドDGのiModela、ついに正式発表!

しばらく前から小出しに情報が出てた、ローランドDGの超小型切削マシン「iModela」が正式発表。小さい! 安い! 今まで一番小さくて安かったMDX-15の3分の1以下の値段! なんか、作例がそそられる〜。僕が「使え」って言われてるみたいで。

iModela iM-01 < http://goo.gl/BJFNF >

3DCGや3D-CADのデータから立体を切削・彫刻するマシンです。木や樹脂などを高速回転する刃物(エンドミル)で削り出します。切削できる形状に制限が多かったり、刃物と平行になる付近では精度が甘くなる欠点はありますが、そのまま原型として使えるくらい精度が高い工作が行えます。

(僕が今まで3D出力してきたもののほとんどは「積層式」と呼ばれるマシンで、こちらは樹脂や粉などを積み上げて形を作ります。積層式はどんな形状でも手軽に出力できるのが利点ですが、かなり高価なマシンでないと等高線状のスジスジが出ます。安い製品も出始めてますが、それでも個人が趣味で買えるようなものじゃないです)

iModelaの最大加工エリアはかなり小さく、名刺のプラスチックケース程度。作れるのは大きめの携帯電話ストラップくらいかなあ。小さい部品の組み合わせや裏表貼り合わせ前提なら、小型のフィギュア程度は作れるだろうけど。宝飾関係の専門学校で、生徒一人に一台みたいに普及すると面白いかも。



専用ケースでコンパクトにしまえるのはいいんだけど、集合住宅で使うには音がやかましいんだろうな〜。前述のMDX-15はものすごくやかましいそうです。騒音対策として、冷蔵庫かクーラーボックスの中に丸ごと入れて切削するといいかもです。「防音ボックス」で検索すると、自作記事や発電機用の製品みたいのがいろいろ出てきます。中にはクーラーボックスを改造したものもあるし。

あと、エンドミルのコストがどのくらいか? 一本数千円〜数万円のエンドミルがポキポキ折れるって話も。

それはそうとしても、初めて家庭用インクジェットプリンタが出てきたときくらいのインパクト! ほしいに決まってんじゃん! でもこんなのがあったら、またシリコン型でレジンキャスト複製とかやりたくなるに決まってる。ちゃんとした作業場所が確保できるまで立体制作は休止中なのです。普段なら飛びつくところですが......とりあえず忘れることにしよう。

●ジョブズは僕のヒーローだった

ショックだ......。
せめてドーナツ型の巨大新社屋が出来上がるまでは生きてろよと思ったが......。

すげーヤツだったな......。特に、やりたいことを実現する意志の強さ。
意志で世界は変えられる。変えたよヤツは、マジで......。

チャレンジャーとして、これ以上ない完璧な人生だったろうな。若くして大成功、自分の会社を追われても理想を追い続け、Appleに復帰してからは怒濤の快進撃、iMac、iPad、iPhone、自身の一番の功績になるだろうと自負するiPadを出し、世界一の大企業に上り詰め、チャレンジャーとしての立場を終えた瞬間の死去。スゴスギル。ちょっと短すぎたけど、普通の人の100年分でも足りない人生を生きたに違いない。

Apple復帰以来ずっと、ジョブズは僕のヒーローだった。っていうかまあ、普通に大ファンなんですけど、生で見たのはフラワーパワーiMacが発表されたマックワールドエキスポ東京の基調講演の一度きりなのが残念。まさにロックスターのようだった。3DCGをやってる僕としては、Pixerを世界一のアニメーションスタジオに辛抱強く育て上げただけでもスーパーヒーロー。

ジョブズ自身のほしいものや、あーだこーだブチ切れつつどうにか合格ラインに達したものが最終的にApple製品としてリリースされてたわけで。すぐ万人に理解されなくとも、ジョブズ一人の中でちゃんと首尾一貫してる製品だった。そして時代が追いついたとき、なるほどジョブズが言ってたのは本当だったとわかる。これが普通のメーカーみたいに複数人の意見の妥協になってしまうと......。

不安なのは、「ジョブズだったらこう考えるだろう」的な盲信と誤解の上に製品が作られること。そういった製品にはいちゃもんがつけやすい。いくら突飛でも、「ジョブズが認めた製品ならしょうがないか、あるいは、きっと凄いんだろう」がなくなるから。開発にジョブズの息のかかった製品が出尽くす数年後以降、しばらくは「ジョブズもどき、ジョブズまがい」のApple製品が出ちゃうんだろうな。

過剰にジョブズの考えを踏襲する姿勢から卒業してはじめて、Appleは普通の企業になれるかも。ドーナツUFO社屋ができてからが試練だぞ......。

ジョブズがいなくなっても世界は続く。とりあえず、僕も今できることをやらなきゃね。ハングリーであろう。バカであろう。ってか。

「クレイジーな人たちがいる」ジョブズは確かに人類を前進させた
< >

【吉井 宏/イラストレーター】
HP < http://www.yoshii.com >
Blog < http://yoshii-blog.blogspot.com/ >

「猿の惑星 創世記」観た。何が面白かったかって、これ、「猿の惑星」の設定を借りた、痛快きわまりない下剋上! 反乱! スパルタカス! 下に見られていた者がウラミハラサデオクベキカ! やったれー、やっつけろー、ぶっ壊せー、行け行けーイテマエ−!! 的な。シーザー、めちゃくちゃカッコイイ! っていうか、なぜか猿サイドで観ちゃったけど、有色人種の日本人的には猿を応援しちゃうのかな。欧米人に恐れられる日本人に戻らなければ。あと、笑福亭鶴瓶に似たチンパンが出てくるので要注目。

・iPhone/iPadアプリ「REAL STEELPAN」ver.2.0がリリースされました。
「長押しロール」のオン・オフ切り替えスイッチを追加しました。
「オフ」ではレスポンスが速くなるので、素早い演奏が可能になりました。
REAL STEELPAN < http://bit.ly/9aC0XV >
・「ヤンス!ガンス!」DVD発売中
amazonのDVD詳細 < http://amzn.to/bsTAcb >