歌う田舎者[26]行間を読む/もみのこゆきと

投稿:  著者:  読了時間:14分(本文:約6,500文字)


皆さん、一か月のご無沙汰でしたがご機嫌いかがですか。「エキゾチック・ジャパン 日本語を学ぶ」の時間です。本日の講師を務めますのは、インターナショナルスクール薩摩藩分校講師の、もみのこゆきとでございます。

エキゾチックな国「日本」は、工業技術などのハイテクノロジーやメトロポリスの機能美はもちろん、長い歴史を持つ古都の佇まいや四季のうつろいなど、色とりどりの自然の美しさでリスナーの皆さんを楽しませていることと思います。観光してまわるだけでも、その素晴らしさを感じることができますが、日本人とコミュニケーションができれば、より一層エキサイティングな時間を過ごせるのではないでしょうか。ニッポンのスーパースター、ヒロミ・ゴーも申しております。出逢いは億千万の胸騒ぎ。では今回も皆様の日本語力を高めるために、Let's learn Japanese!

今日は、次のフレーズについて学習します。
「行間を読む」

皆さん、ご存じですか? 「行間を読む」つまり、文章には直接表現されていない筆者の真意をくみとることを指します。恥ずかしがり屋の日本人は、大事なことや言いにくいことを、会話や文章に織り込まないことがままあります。しかし、そこを読みとらなければ、正しい理解、スムーズな意志疎通はできません。日本人とのコミュニケーションには、「行間を読む」ということが大変重要でございます。

そういえば先日、わたくしの知人が「本屋に平積みの『新TOEICテスト はじめてでも600点が取れる!』を買ったのに、ぜんぜん600点取れなかった」と憤慨しておりましたが、まさにこれも行間を読まなかったから起きた悲劇でございます。本のタイトルとて「行間を読む」の例外ではございません。このタイトルに隠された......ぴー......あら、どうしました? ディレクターさん......きゅるきゅるきゅる......何か妨害電波が......ざーぴーざーぴー......。





......さんびゃくきゅうじゅってんだっていいじゃないか、にんげんだもの。いや、しかしわたしの点数には、海よりも深く空よりも高い崇高な理由が隠されているのだ。それは他の受験生に対する深く温かい愛、英語で言えばディープでホットなラヴ。たとえパリに革命の嵐が吹き荒れようとも、この愛は永遠に潰えることなく、世界を照らし続けるに違いない。

ちなみにリスニング230点、リーディング160点という慎ましやかな点数に対するTOEICのアドバイス「一般的に認められる弱点」は、以下のように書かれていた。

文章中の情報について、推測ができない。
事実に基づく情報の、言い換えが理解できない。解答するとき、問題に使用されているのと同じ単語や句を文章の中から探すことに頼る。
一つの文中の情報さえ、関連付けることができないことが多い。
限られた語彙しか理解できない。
文法以外に難しい言語的要素(難しい語彙が使用されている、情報を関連付ける必要がある)がある場合は、簡単な文法構造も理解できない。

なんと救いのない弱点の指摘であろうか。TOEICの言いたいことを一言で要約するのは簡単だ。
「死ねよ」
そういうことである。

♪エレーン 生きてい〜ても〜いいですかと 誰も問いたい♪
わたしは中島みゆきに問いたい。生きていてもいいですかダメですかそうですか。

TOEICの奴らは、なぜもっと相手を慮るアドバイスができないのだ。降りしきる火山灰の中、体中ざらざらになりながらも受験会場に向かい、硫黄ガスの匂いたちこめる教室で、喉のイガイガに耐えながら鉛筆を走らせた受験生の気持ちというものをだな、土足で踏みにじるようなことをしてはいかんよ、人として。わたしなら、最低このくらいの思い遣り溢れるアドバイスに書き換えるであろう。

文章中の情報について推測ができなかったようですが、きっと体調がすぐれなかったのですね、わかります。

事実に基づく情報の、言い換えが理解できない。解答するとき、問題に使用されているのと同じ単語や句を文章の中から探すことに頼るのは、あなたの素直で朴訥な人柄が邪魔をしてしまったのだとお見受けいたします。

一つの文中の情報さえ、関連付けることができないことが多いのは、爪に火をともすような生活の中、TOEICの受験費用を捻出するために、一杯のかけそばを年老いた父母と分け合って食べる生活が、あなたから思考能力を奪ってしまったのですね。想像すると胸が痛みます。

限られた語彙しか理解できないのは、母を訪ねて三千里、アルゼンチンでお母さんが見つからなくて疲れ果てていたのですね。きっとそうに違いありません。スペイン語やイタリア語なら800点取れたことでしょう。えぇ、きっとそうですとも。でも、マルコ、あなたは頑張り屋さんだから、きっとこれから英語もうまくなるわ。間違いなくてよ。

文法以外に難しい言語的要素(難しい語彙が使用されている、情報を関連付ける必要がある)がある場合は、簡単な文法構造も理解できないなんて、そんなことは人生において大きな問題ではありません。ネロ、あなたには絵がある。冬の寒さや空腹に耐え、パトラッシュとともに牛乳を売るあなたに、神様が手を差し伸べないはずはありません。いつか、あの大伽藍の絵を見ることもできるでしょう。 あきらめないで by 真矢みき。

このくらいの優しさは必要なのではないか。それなのにTOEICのアドバイスときたら、血も涙もないのである。

とりわけ『はじめてでも600点が取れる!』を購入した受験生が600点取れなかったら、「あぁ、わたしはもはや人間失格か......生れてすみません」と考えたとしても不思議ではない。場合によっては、恥の多い点数を取ってしまいましたと、世をはかなんで玉川上水に入水するかもしれないではないか。

わたしはそんな受験生を黙って見すごすことはできない。大丈夫、大丈夫よ。『はじめてでも600点が取れる!』を買っても390点のわたしがここにいるわ。そう囁き、傷を負った受験生たちの安らぎになりたい。あぁ、岩崎宏美の歌声が聞こえる。♪わた〜しの点数さ〜え〜 差し〜だして〜 あなたを〜守りたいの〜で〜す〜♪

かつて『10日で合格る! 日商簿記3級最速マスター』というテキストを使ったときも、日本のどこかにいる不合格の受験生に思いをいたし、「大丈夫、365日かかったわたしがここにいるわ」と囁き、傷ついた受験生を大いに勇気づけたものだ。♪あぁ〜日本のどこかに〜わたしを〜待ってる〜ひとがい〜る〜♪我が身を、いや、我が点を犠牲にしても、見返りを求めず戦いに疲れた受験生を守る"受験界のマザー・テレサ"とはわたしのことだ。

さすれば、次回は400点くらい取れば、日本中の受験生をふたたび勇気づけられるのではないかと考えつつ、テキストを眺めまわしていたところ、ふと、著者プロフィールのところで視線が止まった。おや? この著者、ラ・サール高校出身ではないか。いや、だからプロフィールじゃなくて中身を読み給えよ、中身を、と思われる読者諸兄におかれましては、あいやしばらく、しばらくお待ちを。

ラ・サール高校と言えば、泣く子も黙る薩摩藩最高峰の進学校であるが、繁華街で光り輝く校章を襟元に付けた学ラン姿を見ることはほとんどなく、その生態は謎に包まれている。

先日、そのラ・サール高校に仕事で用事があり、はじめて秘密の花園に足を踏み入れる機会を得た。ふふふふ......うら若きおのこどもが雲霞のように群がってくるに違ぇねぇ。「おねえさま、初めての体験をぜひ僕に授けて下さい!」「何を言うんだ! 僕なんかバスケット部で背が179cmです。僕にこそ!」と叫ぶ少年たちを、ちぎっては投げちぎっては投げ、「あっしには関わりのねえことでござんす」とクールな眼差しで切って捨てる。

あぁ、そのようなことになったらどう対処すればよいものやら、ふふふふふ(妄想爆走中)。♪だれも〜しらない〜ひみつの〜は・な・ぞの♪と鼻歌で聖子ステップしながら校門をくぐり、隙あらば美少年の一人や二人かどわかしてやろうと目論んでいたわたしであるが、ちょうど授業時間にあたっており、ひとりも高校生を捕捉できなかった自分の計画性のなさが憎い。次回訪問時は、休み時間を計算してから行かねばならぬ。

もとい、そんな話はどうでもいいのだが、賢いわたしは、たちどころに理解した。この本のタイトルは、実は『"ラ・サール高校出身なら"はじめてでも600点が取れる!』だったのだ。謀りおって。迂闊であったわ。行間にこのような前提条件が隠されていたとはお釈迦様でもご存じあるめえ。簿記のテキストも『"商業高校で3年間簿記を学んでいたら"10日で合格る! 日商簿記3級最速マスター』だったに違ぇねぇ。

うぅむ。するってぇと、わしゃいったいどうすれば600点取れるんですかい。いや、どうでもこうでもラ・サール高校に入学せにゃならんのですわな。

そこで、WEBでラ・サール高校の受験資格を確認したところ、このようになっていた。
『平成24年3月中学校卒業見込みの者および平成23年3月中学校卒業の者(男子のみ)』男子高であることは知っていたが、年齢制限まであったとは。現役と一浪までしか認めないということではないか。チッ、ちょこざいな。宝塚音楽学校ですら、受験のチャンスは4回あるというに、男がそういう細けぇこと言っちゃならねぇ。そんなケツの穴の小せぇことばかりほざきやがると、「おれは男だ!」と叫び、森田健作ばりに竹刀を打ちならして、受験会場に踊り込んだるで。

つまりはそういうわけで、さらに行間を読み解くと、TOEICで600点取るために必要なステップは以下のとおりなのである。
(1)15歳になる。
(2)タイかフィリピンに行って男になる。
(3)偏差値76になる。
(4)ラ・サール高校に入学する。

♪マハリークマハーリタ ヤンバラヤンヤンヤン マハリークマハーリタ ヤンバラヤンヤンヤン♪ ......何歌ってるんですか、あなた。いや、魔法でも使わん限り不可能やないかと思いましてね。15歳になるなんて、メルモちゃんに赤いキャンディーでももらわんことにはどうにもならんですわ。

嗚呼、TOEIC600点とはマッターホルンの絶壁のような魔の山だったのであることよ。



ざーざー......ぴー......ぴぴぴ......、電波状況が改善したようですね。一部の地域ではお聞き苦しい点があったことをお詫びいたします。

さて、本日のフレーズはいかがでしたか。「行間を読む」これができるようになると、日本文化に隠された真実を読み取ることができるようになり、皆さまのジャパン・ライフもより一層輝きを増すことと思います。

あら、そういえばわたくし、来月の今日、誕生日なんでございますのよ。さて、この文章に直接表現されていないわたくしの真意とは、どのようなものだと思われますか。皆さま、ひと月のあいだに、よく考えておいてくださいね。これは来月までの宿題といたします。

それではまたお目にかかりましょう。See You Next Month. Bye Bye!

※「2億4千万の瞳〜エキゾチック・ジャパン〜」郷ひろみ
< >
※「エレーン」中島みゆき
< >
※「聖母たちのララバイ」岩崎宏美
< >
※「いい日旅立ち」山口百恵
< >
※「秘密の花園」松田聖子
< >
※「おれは男だ!」主演・森田健作
< >
※「魔法使いサリー」
< >
※「不思議なメルモ」
< >
※「一杯のかけそば」
< http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B00005FW1R/dgcrcom-22/ >
※「母をたずねて三千里」
< http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B00005HYNT/dgcrcom-22/ >
※「フランダースの犬」
< http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B00005HYNS/dgcrcom-22/ >
※「新TOEICテスト はじめてでも600点が取れる!」
< http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4415200729/dgcrcom-22/ >
※「10日で合格る!日商簿記3級最速マスター」
< http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4844998749/dgcrcom-22/ >

【もみのこ ゆきと】qkjgq410(a)yahoo.co.jp

働くおじさん・働くおばさんと無駄話するのが仕事の窓際事務員。かつてはシステムエンジニア。『はじめてでも600点が取れる!』には何の恨みもございません。ひとえに、本を買っただけで全然勉強しなかったわたしにすべての責任がございます。

最近、持病の子宮内膜症が超悪化中で、担当医からボンゾールを服用してはどうかという話があったので、どんな薬か調べてみたら......。
[ボンゾール(ダナゾール)]
< http://www.okusuri110.com/dwm/sen/sen24/sen2499007.html >

副作用がスゴいのである。体重増加というのはあちこちの婦人科疾病お悩みサイトに書き込まれているので、太るのは間違いない。担当医も「食欲が非常に増進するという副作用がね......」と言うので「すんません、今でも胃袋いっぱい食べて体重増加に困ってるのに、これ以上食欲増進したら胃袋破れますわ。がははは」と訴えたのであるが、そもそもこの薬、偽閉経状態に持ち込む薬で、人によっては男性化症状が現れるようなのだ。

上記サイトにも、毛深くなる・声が低くなる・声が枯れる・乳房が小さくなる・皮膚が油っぽくなるなどの副作用が書かれている。そのうえ陰核肥大!......陰核肥大ですよ。なんですかこの副作用。奥さん、大事なところだから2回言いましたよ。陰核肥大したあげく、キ○○マに変化したらどーするんですかっ!......ちょっと、キ○○マって何ですか。えぇ、もちろんキリシマのことですとも。薩摩藩じゃキ○○マと言えばキリシマに決まってます。あなた、何考えてたんですか。

あ、そうか。そのキ○○マがあればラ・サール高校に入れるわけですね。なるほど。タイやフィリピンに行かなくてもいいように、神様がTOEIC600点へのハードルを下げてくれたってわけですね。ふっふっ......まぁ、あたくしの匂い立つ女らしさを、薬ごときで抑えられると思ったら大間違いでしてよ! と大見得切ったわりには、「え、ボンゾール? えーっと、来月までに考えときます。へへへへ......」と逃げをカマす小心者のわたしであった。

ちなみに「バスケット部で背が179cm」でピンときたあなたは、岡村ちゃんの信者ですね。
※「聖書」岡村靖幸
< >