装飾山イバラ道[86]健康度を測定してみた/武田瑛夢

投稿:  著者:  読了時間:6分(本文:約2,500文字)


───────────────────────────────────
何かと測ることが好きなのに唯一おっくうなのが、「健康診断」だ。メタボという言葉ができて以来、人に胴回りを測られた上に怒られたりするらしいという噂を聞いて、より行きたくなくなった(あくまでも噂です)。

秋になると体育祭や文化祭などと一緒に、テレビでも人間ドックをすすめる特集をよくやっている。アレはなぜか。たぶん秋になると頭がよく回って、余計なことを考え易くなるからだと思う。人間は余計なことを考える時には真っ先に「心配事」に集中してしまいがちなのだ。

そして私も会社勤めをやめてからなかなか足が遠のいていて、だんなさんから健康診断に行け行け攻撃を受けていたので、そのストレスを解消すべく世田谷区の保健センターというところでやっている「健康度測定」なるものを受けてみた。ちょっと時間をかけて、しっかりめの検診ができそうだったので申し込んだのだ。

・健康度測定 公益財団法人世田谷区保健センター
< http://www.setagayaku-hokencenter.or.jp/health/me_hd_measurement.html >



●けっこう大変なチェックリスト

申し込んで数日したら、数ページにも及ぶチェックリストのようなものが送られてきた。何をどれだけ食べているか、栄養面でのチェックや、性格を調べるような質問に、はい、いいえ、どちらでもない、で答えるタイプのものなどだった。この診断がけっこうなボリュームで、確か50問くらいはあった。

答を書いている途中で「どちらでもない」が連続したので、(私って「どちらでもない」が多すぎるどっちつかずの性格に分類されそう......)と心配にもなってくる。「このテスト、やってるだけで頭おかしくなるよ〜」(個人的感想です)と弱音を吐きながらなんとかやりきった。

一次測定では、血液検査や胸部X線撮影などだった。一つ一つの部屋を通過するたびに、そこで言われたようにするのを繰り返すだけでもけっこう大変。胸部X線では焼き肉屋で出るエプロンの紺色のようなものを素肌に着て、撮影台のところへ行った。時代によっても病院によってもいろいろ違うんだな。

●体育の授業のような測定

二次測定では、運動による体の変化もチェックするということで、ジムへ行く時のような服装を下に着て行った。一次測定の時と同じく、待っているのは大半がおば様層で男性はごくわずかだった。話を聞いているとかなりのリピーター率で、毎年受けている人もいるみたい。

踏み台昇降を3分間続けてからの心電図とか、コンピュータに接続されているバランスを見る機械での重心の測定などがあった。簡単な体力測定のようなものなので、できない人はいない。でも、待っている人(3〜4人)に見られてしまうものもあるので、苦手な人もいそうだ。

特に30秒間で何回腹筋ができるかカウントされるやつでは、テレてなんていられないのでまじめにやった。「フッ、フッ、フッ!」「はいもうちょっとですよ〜」終わると後ろのおば様たちに「すばらしいわぁ〜」と言って頂けたけれど、実際は5段階評価の4でまぁまぁの出来だった(残念なことにひとつも5がなかったのです)。

高校まではけっこう成績をがんばっていたので、この5段階評価でお点をもらうというスタイルではリベンジをしたくなる。これがリピーターが多い理由かもしれない。そして、がんばってるところを人に見られてしまうというスタイルが、男性よりも女性が多い理由かもしれない。うちのだんなさんに話したら「絶対いやだ」とのこと。

体育でも校庭を使って幅跳びなどの記録をとる時に、異性が同じ校庭の見える位置にいたりするとやりにくかったと思う。自分の苦手な種目の測定に限って好きな女子に見られちゃうような、学園ものの世界ですね。高齢者が多い健康度測定でも、そこらへんはもう少しうまく配慮してくれるといいと思った。

●結果のお知らせ

二次測定の最後には結果を聞かされる。栄養担当の人、体力担当の人、メンタル担当の人などに分かれて話を聞く。私の場合は、体の中の診断や体力は特に悪くもないけれど、良くもなかった。足の強さなどは体重を割るんだそうで、重い人は蹴る力が強くても数値は良くならないのだ。

一番良かったのが、どうもメンタル面らしい。あの数ページにわたるチェック表で、かなり「どちらでもない」を書いた気がする診断はメンタルを調べていたのだ。バランスが良いと円を描くタイプのダイヤグラムで、私のはかなり円に近い形を描いていた。

「こういう人はですねー、すごくいいんです」。心配しても気にしすぎないらしい。少しだけ「完璧を求める」ところが強いということで、心当たりもあったので納得した。もっとケセラセラで良いとのこと。

健康面で気をつけていないと怒られたりするかと思ったけれど、意外なほど皆やさしかった。費用は5,000円で人間ドックよりはずっと安いけれど、私はまだ無料の健康診断でも良かったような気もする。過去のデータと比べられるチャートをくれるので、何度もやる人のはげみにはなる。

今回調べてわかったけれど、この世田谷の保健センターというところは、健康度測定をした人はマシンジムを安価な料金で利用できるらしい。だから知り合いのようなトークが多かったのか。区によって違うと思うけれど、安価で利用できる区の施設はけっこうお得なものもあるのかもしれない。

【武田瑛夢/たけだえいむ】eimu@eimu.com
装飾アートの総本山WEBサイト"デコラティブマウンテン"
< http://www.eimu.com/ >

だんなさんがiPhone4Sを買った。3Gの時も私がiPhone3Gを買って、だんなさんがiPhone3GSを買ったので、Sはだんなさんが買う順番のようなものができている。ということは、iPhone5は私が買う番なのかな。でも今はiPhoneよりも新しく出るゼルダに興味津々なのだ。しかし、金のコントローラー付きの予約に出遅れたので、普通のセットしか予約できなかった失態。早くやりたい。