私症説[32]悪文変文奇文で語る日本の現状/永吉克之

投稿:  著者:  読了時間:5分(本文:約2,400文字)


【悪文】環太平洋パートナーシップ協定

TPPに参加するのか? でもそれはどうするのか。国論が二分されているとかなので私はこれは意見はいいと思う。意見はいいのはどうしてか聞くようだった。どっちの参加賛成意見も反対の人も参加に賛成するの専門の人がテレビで参加するべきだといって専門の意見を言っていた話をよく聞いていたらTPPに参加するのに正しいと言いたいと私は思った。

でもべつの記事で反対のひとびとの専門を話す人たちがやっている意見を聞いていたらやっぱりTPPはやめるような気持ちがした。農業をやっている夫婦も意見をいいたかった。TPPだと農業がさがるからTPPはしないでほしいので政治家やアメリカがぐいぐいとおどかすような気持ちだった。

どっちも政治家や専門家やTPPをしている人での言葉だったのだから私は反論なんかできなかったから。私はTPPについてはとてもよく知っていないと言えるかもしれないからこっちが何となく正しいような感じ! というふうに意見を選ぶしかないという気持ちがした。賛成でも反対でも私の考えで思いついた意見なんかだったりしても簡単に言い負けると。

TPPだけじゃないけど。放射能も。いろんなことで意見を言うので。自分で意見をもっとずっとツイッターなんかではっきり強く書いたりするとかする人びとたちはえらいという気持ちがする。私も書いてフォロワーの人たちがこいつの書いてることっていって言い負けるのか。




【変文】大阪市長選挙

大阪に住んでいる友人に、橋下前府知事の言う大阪都構想って何なのかって聞いたら、「おー久しぶりだなあ、まあ上がれよ。茶でも飲めよ。俺は大阪人じゃないから大阪都はどうでもいいよ」とか話しながら、そいつの車で新幹線の駅まで送ってもらったのですが「前府知事と平松市長が喧嘩してるだけだから、今度の大阪市長選挙は政策はどうでもよくて、どっちの候補が好きかで投票するのが世間の常識じゃないか」と言うので、ぼくは非常に驚いて札幌からヘリで稚内に戻りました。

橋下さんは非常にテレビに出たりツイッターなんか使って非常に発言しているので、見る機会が非常に多いから橋下さんに投票すると妻に言ったら、妻は買い物に出かけていたので「平松さんは都市連合構想だし、テレビのアナウンサーやってたのよ。あたしは平松さんに入れるわ」と妻は言い出してきかなくなりました。妻はいったん言い出すともう非常に後には退かないのです。

大阪都構想の内容はぜんぜん知らなくても橋下さんの「独裁が必要」という発言が頼もしくて橋下さんが非常に好きになったので投票しようと考えている人も非常に多いと妻に言いました。妻は登別温泉から帰ってきたばかりで、大阪市長選挙のことは非常に知らなかったのですが、「独裁」というのは衆愚政治を批判した比喩よ、と橋下さんの文学センスを非常に誉めるのです。

「橋下さんが大阪市長になったら、大阪はずぼずぼっと崩壊するわ。あたしは平松さんに投票するし、函館のお友達も平松さんに入れるそうよ。明日は羅臼のお友達に会ってそう言うわ」と言うのでした。ぼくは「羅臼」を聞き違えて、ラオスの人たちも平松さんに投票するのかと非常に肝をつぶしました。

ぼくは、平松さんの「都市連合構想」のことも非常に知らないけど、妻とバランスをとるために橋下さんに非常に投票する気持ちは変わりません。大票田の北海道でも票は割れると思います。日本人はバランスの民族です。既成の政党がみんなアンチ橋下さんに傾いてしまったから、ひょっとしたら橋下さんは非常に当選するかもしれません。しかし橋下さんが当選したら、バランスをとるためにぼくは平松さんに投票しようと非常に思っています。

【奇文】マスコミ不信

「事実を伝えていないという最近のマスコミ批判を耳にして、その真相はともかくマスコミの言うことは疑ってかかった方が無難だと思い込んでいる人もいるはずですよね。私もそうなんですけど」
と私は鯨山てん平さんに言った。
「そういう人もいるだろうね」
と鯨山てん平さんは私に言った。

「例の鉢呂さんの《放射能つけた》発言の記事を、毎日新聞が一面トップの大見出しで載せていたので、鉢呂はけしからん奴だ、こんな奴が大臣をやってるなんて内閣は狂人の巣だと私は思ったんですけど、その一方で、こんな他愛もない、しかも事実関係の曖昧な記事で鬼の首でもとったかのように騒ぐ新聞は、政治家の生殺与奪は記者次第だと勘違いしている、という意見をツイッターで読んで、マスコミは狂人の園だと思いましたが、お腹も空いたし、どこかその辺でモツ鍋でもつつきながら地酒でもやりませんか。でも入った店は地酒を扱っていなかったので、われわれはビールで我慢することにした、と私は鯨山てん平さんに言った」
「そうだな」 
と鯨山てん平さんは私に言った。

「三軒目でもう私は鯨山てん平さんに肩を貸してもらわなければ歩けないほどに聞こし召していた。ロレツの怪しい舌で、マスコミが信じられなくなったら、何を信じればいいんですか、と泣きながら私は鯨山てん平さんに訴えた」
と私は鯨山てん平さんに言った。
「そうか」
と鯨山てん平さんは私に言った。
「今朝の新聞に、福岡ソフトバンクホークスが日本シリーズで優勝したという記事が出てましたけど、あれも眉ツバものなんですね!」
と私は言って腹立ち紛れに鯨山てん平さんを突き飛ばした。
「わー!」
と鯨山てん平さんは言って車道に転がり出て車に轢かれた。

「ひょっとしたら、優勝したのは横浜DeNAベイスターズなのかもしれないが、私は阪神タイガースのファンで、モバゲーには興味がないので、そんなことはどうでもいい」
と私は帰りの電車の中で私に言った。

【ながよしのかつゆき】thereisaship@yahoo.co.jp
ここでのテキストは、ブログにも、ほぼ同時掲載しています。
無名芸人< http://blog.goo.ne.jp/nagayoshi_katz >