展覧会案内/杉浦康平・マンダラ発光

投稿:  著者:  読了時間:2分(本文:約800文字)


会期:2011年12月1日(木)〜12月24日(土)11:00〜19:00 土18時 日祝休
会場:ギンザ・グラフィック・ギャラリー(東京都中央区銀座7-7-2 DNP銀座ビル1F TEL.03-3571-5206)入館無料

今回の展覧会に展示されるのは、杉浦康平氏が手がけた膨大なブックデザインの作品群の中でも、格別の光彩を放ち、その系譜の頂点に位置する「マンダラ」を主題にした豪華限定本。『伝真言院両界曼荼羅』、『天上のヴィーナス・地上のヴィーナス』、『西蔵<曼荼羅>集成』の3冊のみ。この3冊を主役にすえ、パネル展示と杉浦氏が制作した映像作品を加えています。「日本の密教+イタリア(ルネッサンス)+チベットのマンダラの融和」という杉浦氏独自の発想をもとに開催された「クリエイティブ・ワールドライブ2007」(2007年6月18日〜20日、東京国際フォーラム)での「杉浦康平のマンダラ造本宇宙展 マンダラ発光」を再構成し、ご紹介いたします。(サイトより)
< http://www.dnp.co.jp/gallery/ggg/ >

◇関連情報「杉浦康平・脈動する本──デザインの手法と哲学」
Vibrant Books──Methods and Philosophy of Kohei Sugiura's Design
< http://mauml.musabi.ac.jp/ >

会期:2011年10月21日(金)〜12月17日(土)10:00〜18:00 土17時 日祝休
会場:武蔵野美術大学 美術館・図書館(東京都小平市小川町1-736)入館無料

ゆらぎ、うつろうブックデザイン。声を放つ文字たち。めくるめくエディトリアルの展開...。杉浦康平氏の初期作から近年にいたるまでの代表的なブックデザインを中心に約1000点を展示・構成。杉浦作品群の「脈動する多元的デザイン宇宙」の全容を俯瞰します。有能なスタッフの協力を得て創造し続けた、杉浦氏の半世紀にわたる活動を一望し、独創力あふれる着想と多彩な手法の核心に迫ります。(サイトより)