展覧会案内/日本写真家協会 東日本大震災復興支援事業「生きる」東日本大震災から一年

投稿:  著者:  読了時間:2分(本文:約500文字)


会期:2012年3月2日(金)〜3月15日(木)11:00〜18:00 木金20:00 無休
会場:富士フォトギャラリー新宿
(東京都新宿区新宿1-10-3 太田紙興新宿ビル 1F TEL.03-5368-2530)
会期:2012年3月27日(火)〜4月8日(日)9:00〜16:45 月休
会場:仙台市博物館ギャラリー
(仙台市青葉区川内26番地 仙台城三の丸跡 TEL.022-225-3074)

第一章:「被災」今まで目にしなかった、地震直後に襲ってきた津波による悲劇的状況の写真を、現地に住む方々の協力を得て展示。

第二章:「ふるさと」震災前に撮られた、風光明媚な東北やそこに住む人々、自然界と共存して心豊かに生きてきた姿や美しい風土を表現する。

第三章:「生きる」被災者が必死に生活を立て直そうとする現況や互いに励ましあう姿、「生きる」ことの素晴らしさ。明日への希望を胸に秘めながらの暮らしぶり、記録を超えた人間の本質に迫るドキュメンタリーで締めくくる。

写真は、被災地に在住する日本写真家協会会員を中心に、各写真家に参加を呼びかけ、現地で撮影された作品、約90点を展示。被災直後から逞しく生きる人々、以上の三部構成を基本に、真摯に事態と物事を見つめ、被災地の事実と真実を捉え、記録していくことで、「写真の力」の素晴らしさを伝えたい。

< http://www.jps.gr.jp/311/ >