[3234] 3月になると考えること

投稿:  著者:  読了時間:17分(本文:約8,000文字)


《かなり遅いですが絶賛求職中》

■装飾山イバラ道[95]
 3月になると考えること
 武田瑛夢

■おかだの光画部トーク[74]
 iPhone用写真編集アプリ「Snapseed」
 おかだよういち

■more READ, more MESS!![01]
 自費出版レーベル「MESS」の始まり
 宮崎希沙




━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■装飾山イバラ道[95]
3月になると考えること

武田瑛夢
< http://bn.dgcr.com/archives/20120327140300.html >
───────────────────────────────────
震災から一年が経つが、あの時のことを思い出す場面は減ることがない。3月の季節の温度からも、異なる季節を通り過ぎていた時とは違う、鮮明な記憶が蘇って来る。昨年の今頃の記事をリンクしておく。

装飾山イバラ道[74]キツツキを見上げた日/武田瑛夢
< http://bn.dgcr.com/archives/20110412140200.html >

布団をかぶってニュースを聞いていた、震災の頃に危惧したいくつかのことは本当になり、いくつかのことは取り越し苦労だった。そして、震災ではいくつかどころではない程の、悲しい出来事が起こっていたことを知った。まだ知らないことも多いだろう。

大変な思いを経験した数多くの人たちが、少しでも時間によって癒されているといいと願うけれど、時間が経ってしまうこともまた同時に辛いということもあるかもしれない。

●いつもと変わらぬ日常に感謝する

結局、私は今年もこの時期にはだんなさんと確定申告を提出しに行ったり、お墓参りをしたりしていた。羽根木公園にも行ったし、おいしいお寿司も食べた。意識的に昨年と同じように過ごしたようなところもある。

確定申告はたった一年にあったことをまとめる作業だけれど、お墓参りで家族の過去を振り返ったりすることは長い時間に想いをはせることになる。子供の頃には怖かったお墓。今はお墓参りの季節のお墓なら、知らない人たちのお墓にも新しいお花が添えられていて清々しい感じがする。

あいかわらず水や食べ物は自分の考えで調達しているけれど、そのやり方を決めてしまったことでだいぶ楽になった。近所で買えるものと通販で買うものとをしっかり分けているので、重たい買い物はかなり減った。

非常用の備えとしては、手回しでiPhoneを充電できる充電器付きラジオを注文した。いろいろな機器が役に立ちそうだけれど、やはりiPhoneがON状態だということが一番安心できそうだからだ。外で何をしたら良いかわからない時でも、手回し作業でいったん落ち着けそうな気もする。

非常食のアルファ米は残念ながら入荷待ちだ。水のストックは使わない部屋に並べているけれど、自分の家にいられれば使えるものばかりなので、実際はどうなるかはわからない。いつも持ち歩く小さい非常用のセットを作るつもりだ。緊急持ち出し袋というよりも、外にいる時に何かあった時のために便利なものを入れておきたい。

そしていつ何があってもいいように備えるのは、命の時間の心配だけじゃなく、人生の心配もあることを最近思う。いつでも今日が最期でも構わないような充実した日々を送らななくてはと焦っても、それほど変わるわけではないけれど。多くの人の経験から「大事にする」ということを学んだ。人との関係も時間も過去の人生も全部を大事にする。

人への感謝って伝えにくいところが難しい。非常用の備蓄のように簡単にはいかない。感謝をなんとか良い行動へつなげて行きたいと思う3月であった。

【武田瑛夢/たけだえいむ】eimu@eimu.com
装飾アートの総本山WEBサイト"デコラティブマウンテン"
< http://www.eimu.com/ >

「世界の料理ショー」の録画をお風呂で見ていると、豪快ながら繊細な作業が多いのに驚く。結局は「ワインとバターを大量に使った甘酸っぱい味付けの肉料理」が圧倒的に多いので(笑)、自分の料理にそのまま生かせるものは少ないけれど、焼き色を付けるための工夫はとても参考になる。肉の水分やソースの糖分、鍋肌の温度にきっちり注意するのがコツみたいだ。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■おかだの光画部トーク[74]
iPhone用写真編集アプリ「Snapseed」

おかだよういち
< http://bn.dgcr.com/archives/20120327140200.html >
───────────────────────────────────
久しぶりにiPhoneのアプリの紹介。一番使っている写真編集アプリのおすすめです。

Snapseed(450円)
< http://itunes.apple.com/jp/app/snapseed/id439438619?mt=8 >

起動したらこんな画面です。
< http://flic.kr/p/bGd5rD >

左上の「開く」をタップして加工する写真を選択します。東京スカイツリーの画像を選びました。
< http://flic.kr/p/btigx3 >

少し暗くてくすんだ感じなので、色調補正でもっと明るく鮮やかにしてみます。下に並んだアイコンから「TUNE IMAGE」をタップすると、色調補正の画面になります。
< http://flic.kr/p/btigKJ >

縦方向にスワイプして、輝度、アンビアンス、コントラスト、彩度、ホワイトバランスを切り替えます。そして、横スワイプでそれぞれの適応量の数値を増減させます。
< http://flic.kr/p/bGd7AZ >

陰になっている部分が明るくなるようにアンビアンスの数値を上げていきます。
< http://flic.kr/p/bGd7Nr >

輝度も調整して少し明るくなるように数値を上げてみました。
< http://flic.kr/p/btihqL >

彩度も数値を上げて鮮やかに。
< http://flic.kr/p/bGd8jn >

左上の「?」アイコンをタップすると、その画面での操作方法がオーバーレイで表示されます。右上のアイコンをタップしている間、補正前の元画像が表示されますので、比較して見ることができます。
< http://flic.kr/p/bGd8wr >

色調補正が決まったら、右下の三角をタップして確定します。次に、少しトリミングして、要らない部分をカットします。

「CROP」アイコンをタップするとトリミング編集画面になります。下にある左側のアイコンをタップすると、アスペクト比を選択するオプションが表示されます。反対側のアイコンで選択したアスペクト比の縦と横が切り替わります。
< http://flic.kr/p/bGd8KM >

写真下の工事中の柵が目障りなのでカットしました。
< http://flic.kr/p/bGd93g >

この画面でも右上の「?」で操作方法が表示されます。
< http://flic.kr/p/bGd9ht >

右下三角アイコンで確定します。これでOKなので、右上の四角から矢印が飛び出たアイコンをタップすると、画像を保存したり共有するメニューが現れます。Flickr、Facebook、Twitterで共有できます。

処理前後の比較
< http://flic.kr/p/bGfvrZ >
< http://flic.kr/p/btkFW3 >

違う写真を使ってもう少し試してみます。
< http://flic.kr/p/bGd9Bi >

「DETAILS」をタップして編集画面で縦にスワイプして構造を選び数値を上げます。
< http://flic.kr/p/btij6y >

虫眼鏡のアイコンをタップすると等倍で確認できます。
< http://flic.kr/p/btijjy >

右上のアイコンをタップすると虫眼鏡の状態で処理前後の比較ができます。
< http://flic.kr/p/bGd9QP >

確定して、次に「GRUNGE」を選び少し汚れたような効果を加えてみます。
< http://flic.kr/p/btijyd >

縦スワイプで、スタイル、輝度、コントラスト、テクスチャの強さ、彩度の調整ができます。
< http://flic.kr/p/bGdapM >

タップすると、青い点が表示されドラッグして移動。中心点を配置します。そして二本指でピンチ、ズーム操作で適用サイズを調整します。
< http://flic.kr/p/bGdbjZ >

操作がわからなくなったら左上の「?」で操作方法が表示されます。
< http://flic.kr/p/btikSm >

また別の画像で部分的に調整するのをやってみます。「SELECTIVE ADJUST」を選択して編集画面へ。
< http://flic.kr/p/bGdbNi >

青丸を移動させて、補正したい場所に配置。雲を少し変えてみます。2本指ピンチ操作で範囲を調整できます。適応範囲は赤くマスクされますので、確認しながら適当なところで指を放します。
< http://flic.kr/p/bGdbZD >

縦スワイプで青丸の中が輝度、コントラスト、彩度に切り替わりますので、それぞれ数値を変化させて調整します。
< http://flic.kr/p/btimAs >

下の「+」アイコンで調整ポイントを追加できますし、青丸をタップすると、ポイントをコピーしたり、削除したり、数値リセットするメニューが表示されます。
< http://flic.kr/p/btimNA >

こちらも、操作がわからない時は「?」タップで使い方が表示されます。
< http://flic.kr/p/btio6u >

完成画像
< http://flic.kr/p/btichU >

指先の簡単な操作で、かなり複雑な色補正やエフェクトをかけることができて、そのままSNSに簡単に共有できますから、これひとつあれば写真編集は充分なくらいオススメのアプリですよ。

【おかだよういち/WEB&DTP デザイナー+フォトグラファー】
< http://s-style-arts.com/ > < mailto:okada@s-style-arts.com >
< twitter:http://twitter.com/okada41 >

先週末にCSS Nite LP, Disk22「Webデザインで使うPhotoshop」で、Photoshopを使う以前の、撮影で気をつけることをお話してきました。失敗写真をPhotoshopで直すのに時間を割くより、もっとクリエイティブな用途に使った方がいいですもんね。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■more READ, more MESS!![01]
自費出版レーベル「MESS」の始まり

宮崎希沙
< http://bn.dgcr.com/archives/20120327140100.html >
───────────────────────────────────
初めまして。MESSという自費出版レーベルを主宰している、宮崎希沙と申します。主宰と言っても、私一人が個人でやっているレーベルですが......。

MESSでは、良質な作品をてがけているアーティストをサポートし、自分が編集者兼デザイナーの立場になって、それらをレーベルから出版し販売するところまでを行っています。

出版物はすべて、形態もジャンルも部数もバラバラ。それらにはこだわらず、出したい本を作ろうという思いから、レーベル名のMESSは、ごちゃまぜ、めちゃくちゃ、でこぼこといった意味を持っています。

アーティストたちと綿密なコミュニケーションを重ね、彼らが提示した限られた予算の中で、彼ら自身も納得できる形を作り出し、デザインや装丁、制作方法、発行部数を相談のうえ決定します。

いまのところ利益はゼロ、超少部数、何でこんなことしてるの? と言いますと、何よりも本が好きだから。好きな本を、かっこいいアーティストと共に作って、好きな場所で売りたい! という衝動だけなのです。

始めるきっかけは、美術大学の卒業制作でした。デザイン学科でグラフィック/エディトリアルデザインを学んでいた私は、何かひとつの作品を"課題"として提出するだけのことに不満を何となく感じていました。なんというか、物足りない! という気持ち。

本を作りたい、本である以上はたくさんの人に読んでもらいたい、売値を付けられるまでのしっかりしたものを作って販売した方がいいんじゃない? という思いつきから始まりました。

私自身はアーティストではなくデザイナー志望なので、身の回りやそのまた周辺にいる真剣にものを作っている同世代のアーティストや、何かしらの形で本を作りたいと思っている人と一緒にやれたら最高に面白いのではないかという、これまた思いつきです。

元々、yakk < http://yakkblog.blogspot.jp/ > というグループでzineと呼ばれる小冊子(手作業で簡単に作るミニコミのこと)を作る活動をしていて、その冊子を4冊セットパックにしたものを色々なお店に卸して販売してもらっていたので、委託販売って意外と出来るし、場所によっては100冊は売れる! という確信がありました。

ある程度のそういった知識があったことから、見切り発車気味に、このプロジェクトをスタートさせたのです。実際にはいろいろな困難や、思いがけない発見などがありました。それらを、これからレポートしていきたいと思います。

【宮崎希沙】グラフィックデザイナー
自費出版レーベルMESS主催
< http://mess-pressed.com/ >
< http://d.hatena.ne.jp/december_girl/ >

あと数日で大学を卒業します。といっても、ほぼ真面目に行ってなかったんですが。そして、かなり遅いですが絶賛求職中(!?)。食いぶちを稼ぐために必死です。カレーマニアでもある私が、現在アルバイトしているのは新宿の「草枕」。非常に美味しいスパイシースープカレーです。ぜひ食べに来てください。最近観た映画は「TIME」「BIG BOUNCE」「カイジ」「ゲルマニウムの夜」。
草枕 < http://currykusa.com/ >

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
編集後記(03/27)

●読売新聞埼玉南版で3/23「図書館 本が戻らない」という記事があった。県立浦和図書館で本の未返却が深刻化しているという。2月末時点で385冊が2年以上貸し出されたままで、7年に及ぶのもある。その中には一般の図書館にない法律や憲法などの貴重な専門書も含まれる。同館では2年以上の未返却者200人を対象にハガキや電話で本格的督促を開始したが、返却に応じたのは数人のみだという。県立の3館では未返却者に対する利用制限(貸し出しと予約サービス停止)を始めた。当然の措置である。借りた本を返さないというのは、借りた奨学金を返さないというのに通じる。まったく情けない話で、日本人の精神の劣化を深刻に憂う。

日本図書館協会によると、未返却問題は全国共通で、本の返却を利用者に求めるとき、借り主の個人情報やプライバシーへの配慮などが障壁になるという。どこの誰がどんな本を借りて返さない、というのが個人情報らしい。また個人情報を取り扱うため、非正規職員には督促業務を任せられず、正規職員が通常業務と平行して対応するため負担が増えているという。ナンセンスな話だ。個人情報保護法の詳細についてはよく知らないが、この法律の(拡大解釈?の)おかげでずいぶん不都合なことが罷り通っている。首都圏直下型地震対策が叫ばれる中で、独居老人の実態を明かさない自治体があり、救出のための名簿作りができないという。我がマンションでも防災用に管理組合による居住者名簿制作が急務だと思うが、個人情報を盾に協力しない住民がきっといるだろう。なにかというと個人情報云々という最近の風潮は、どこかの誰かの陰謀ではないかと思ったりして。(柴田)

●FOX bs238が最近気に入っている。うちのレコーダーにはいくつかのキーワードが入れてあって、キーワードに合うもの、録画傾向から見るおすすめ番組を勝手に録画する。ほとんど中身を見ずに削除するのだが、これがきっかけでFOXが9月末まで無料放送をしていることを知った。「SATC」をリピート放送していて、気が向いたら見るし、同じ原作者のドラマ「リップスティック・ジャングル」も面白い。仕事と家族、人間的弱さがミックスされている。「24」であんまり好きじゃなかったキム・レイヴァー、歳とりはったなぁのブルック・シールズ、表情が大好きなリンゼイ・プライスがメインキャスト。「デキる女の負け犬事情」は、コロンビアのコメディ調ドラマ。南米で大ヒットしたらしい。スペイン語のドラマを見るのははじめてかもしれない。バレリー・ドミンゲスが美人すぎて見てしまう。結婚前夜に恋人が友人と浮気していたのを知り、別れ、大きすぎる新居の同居人を募ったために起きた騒動。登場人物らがいきいきとしていて、見ていて楽しい。どちらのドラマも、インテリアやファッション、小物、異文化を見られるところがいい。下着「ヴィクトリア・シークレット」のファッションショーも勝手に入っていて、きれいな女の人を見るのが好きな私はざっと見ようとしたら、クオリティの高さに舌を巻き、じっくり見てしまった。キラキラ、ゴージャス、派手、ゲストミュージシャンが背景化、モデルたちの自信に表情の豊かさ。日本でも、あのステージは真似するだろうな。いや、もう既に真似しているのかも。「発明の女神☆めざせミリオネア」は生き残りをかけて戦う番組。初回途中までしか見てないけれど、プレゼンの大切さを思い知らされる。UFC登竜門「TUF」、ドナルド・トランプ「アプレンティス3」も同じく生き残り。アプレンティスで、自己主張の強い協調性のない人が、調整型で有能な人より積極的で自信がありそうだと残されたところに、日本との違いを感じたよ。こちらもプレゼンが毎回あって、もっと見たいなぁと思いつつ早送り。シンディ・ローパーが出てる。(hammer.mule)
< http://foxbs238.tv/ >  FOX bs238
< http://foxbs238.tv/#!lineup/96 >  リップスティック・ジャングル
< http://foxbs238.tv/#!lineup/67 >
デキる女の負け犬事情
< http://foxbs238.tv/#!lineup/51 >
ヴィクトリア・シークレット ファッションショー 2011
< http://foxbs238.tv/#!lineup/8 >  発明の女神☆めざせミリオネア
< http://www.wowow.co.jp/pg_info/detail/066581/ >
アプレンティスはWOWOW