4/14「まにまにフェスティバル」やっちゃうよー[04]見どころ紹介的なサムシング(その4)/川合和史@コロ。

投稿:  著者:  読了時間:5分(本文:約2,100文字)


......ども、デジクリ4度目の登場、川合です。(ぺこり)

前回で見どころ紹介はラストの予定でしたが、追加でもう少しだけ。前回までの分はアーカイブをどうぞ。
< http://bn.dgcr.com/archives/51/ >

3F・4F各セッションのタイムテーブル・セッションタイトルも公開されました!
だってもう明後日ですよ、本番は。もうドキドキです。

・まにまにフェスティバルP1
< http://m2.cap-ut.co.jp/fes/ >

......さて、今回はちょっと裏側の話でも。




●見どころex.1──豪華なセッションと多様なブース出展

告知ページに書いてある「豪華なセッションと多様なブース出展」ですが、今回、20人以上のスピーカーさんと、18のブースが会場に集まります。セッション、ブース、それぞれの内容ももちろんですが、何よりもこの出演・展示いただくこと自体が大きな「見どころ」だと思っています。

どういうことか、というのを文章で説明すると誤解も招きそうで難しいのですが、一般的なビジネスセミナーや展示会の出演交渉・出展交渉とは、おそらくプロセスが違っていて、簡単に書くとすべてのやり取りは「こんなイベントを関西発でやりたいので協力していただけませんか?」「了解しました、一緒に作りましょう!」といった感じでした。

まにフェスに限らず、Web・IT系のイベントではよくあることですけれど、「気持ち」とか「想い」をベースに成り立っています。おそらくそれは、来場される方にも伝わっていて、セッションお申し込み時のメッセージに暖かい言葉が添えられているものがたくさん届きます。

デジクリ読者の皆さんにはあまり不思議じゃない話だと思うのですが、少し離れた業界の人には、理解しづらい部分が多々あるようで。「何をそんな綺麗事を......」と思いつつも、実際に成り立っている現実とのギャップを想像しきれないというか。

理解に苦しまれる方はその不思議さを覗き見に、お馴染みの方はその素敵さを再確認しに来ていただければ、ということで、見どころとして挙げました。

運営の大変さは、気持ちベースのものもビジネスライクなものも同じですが、精神的な負担の方向性が全然違いますね。

●見どころex.2──愉快な仲間たち

引き続き同じような話。

今回、主催「まにフェス実行委員会(合同会社かぷっと)」と、責任の所在をはっきりさせるために便宜上、弊社の名前を添えたり、前面に出したりして外に出すことが多いのですが、許される範囲のものに関してはカッコの中を「合同会社かぷっとと愉快な仲間たち」というような書き方もしています。

(「愉快な、って何?付ける必要あるの?」って方は、お父さんやお母さんにきいてみましょう)

かぷっとは3人の会社です。3人でイベントなんてできません。まにフェス実行委員会、その実態はこれまた豪華な連合チームです。

ディレクターズセッションの司会は、株式会社サイコミュ代表の永島学さん。クリエイターズセッションの司会は、CSS Nite in OSAKAの代表でもある秋葉秀樹さんと、HTML5-WEST.jpでもお馴染みバスタイムフィッシュ村岡正和さん。

3F受付には、まにゼミ講師としても登壇いただいたr360studio森和恵さんや、株式会社ティウェブ取締役の立石浩子さん、イラストレーターでもある松下みささんが座っていたり、場内整理や案内、PAなどには、先月のまにゼミ講師だった映像クリエイターの大川博巨さん、株式会社スワールコミュニケーションズ代表の小山瑞穂さん、株式会社CLIP代表の天久翔一さん、ほか、名前出して良いのか確認していないので書ききれませんが、りかさん、みゆっこさん、なかしずさん、サイコミュ林ライスさん、ティウェブスタッフのみなさん、CLIPスタッフのみなさん、まにカレ副会長のLady Beetle Design秋葉ちひろさん、彼女と司会者サポートアプリを作ってくれたThreeColors赤井忠昭さんなどなど、これだけ挙げても挙げきれないくらいに多くの、しかもどう考えてもオーバースペックな豪華「裏方」が、まにフェスを支えてくださっています。企画・準備まで含めると、デジクリ紙面を埋め尽くすことになりそうです。

出演者、出展者、協賛・協力各社、運営スタッフ、事前段階の支援者、挙げきれないほど多くの方々からなる集合体が「まにフェス実行委員会」です。

ここに、来場される全ての方が加わって「まにまにフェスティバル」成立です。

いよいよ明後日。後はもう当日を迎えるのみ......と言いたいところですが、まだ準備が山ほど残っていますので、そろそろその作業に戻ります。(笑)
ぜひ会場でお会いしましょう☆

・4F、まだ申し込めます(クリエイターズセッションがそろそろ満席です)。
< http://m2.cap-ut.co.jp/fes/ >

【川合和史/合同会社かぷっと 代表】
< http://cap-ut.co.jp/ > < koro@cap-ut.co.jp >
< http://twitter.com/cap_ut > < http://www.facebook.com/caputllc >

当日、晴れるといいなぁ。