イベント案内/大阪府立江之子島文化芸術創造センター オープニングフェスタ「創造しい人々」4月22日(日)まで会期延長

投稿:  著者:  読了時間:2分(本文:約900文字)


会期:開催中〜2012年4月22日(日)10:00〜21:00 ※最終日のみ17:00まで会場:大阪府立江之子島文化芸術創造センター(大阪市西区江之子島2-134)大阪市営地下鉄千日前線・中央線「阿波座駅」下車、8番出口から西へ約150m

「創造しい人々」展の下記展示を、4月22日(日)まで延長する

・都市×ART展1
大阪における壮大な「都市×ART」の実験は、2007年からはじまりました。大阪・アート・カレイドスコープ2007・2008、水都大阪2009・2011、そしておおさかカンヴァス・プロジェクト(2010・2011)の成果を一堂に展示し、その足跡を振り返ります。江之子島文化芸術創造センターがこらから担うべき「都市×ART」とは? おおさかカンヴァスの審査員を務めるヤノベケンジの作品も展示。

・都市×ART展2
大阪には、様々な都市で多様なアートの実践が行われています。それは街中にアートを展示するといった、これまでのパブリックアートとは全く異なる試みです。アーティストやクリエイター、研究者らが街に入り込み、その地域が抱える課題やポテンシャルと真正面から向き合って、そこから何かを創造しようとする新しいアートのかたち。

・エノコジマ展
江之子島周辺の歴史を紹介すると共に、これからの江之子島のまちづくりのビジョンを提示。

・鈴木絢「くるくるアート展」
センターのビジュアルイメージを制作した鈴木絢は、今大きな注目を集める若手アーティスト。観るもの全てをワクワクさせる鈴木絢の世界。大阪初の個展。

・大阪府20世紀美術コレクション展
大阪府が所蔵するコレクションのなかから、「都市×ART」に沿った作品をセレクトして展示。関西ゆかりのクリエイター、田中一光や横尾忠則の他、水都大阪を描いた浅野竹二の作品など。

また、オープイングフェスタ会期中に開催されたワークショップ、[Post it Tree!]による参加者の方たちの、大阪やセンターに対する思いの詰まったインスタレーションや、此花メヂアの「30秒に一回見っける写真道場!見っけ江之子島!」、写真家新田理恵さんの「大阪ART百景」、に参加された方々の写真も展示します。この機会にぜひ、ご覧ください。(サイトより)

< http://www.enokojima-art.jp/event2.html >