装飾山イバラ道[97]リスに魅了された人々/武田瑛夢

投稿:  著者:  読了時間:5分(本文:約2,200文字)


ぶらりと花見をしようと、だんなさんと一緒に井の頭恩賜公園へ行った。まだ桜は七〜八分咲きだったが、土曜日だったこともありとても混んでいた。お昼頃に着いたら、青いシートを敷いて既にかなりの人たちがお花見をやっている。いい場所を取るために、朝から大変な思いをした人が多いのがわかる。

井の頭恩賜公園は広いけれど、桜の真下にシートを敷けるところは激戦のようでどこにも空きはない。それどころか、川縁に並ぶ桜の木からだーいぶ離れた奥の奥の民家の脇の方まで、シートを広げた若者でいっぱいだった。とにかく、この場に座る場所があるだけでもといった感じだ。

花見と言えば上野恩賜公園も有名だけれど、個人的には上野の方はもうちょっと年配が中心のお花見という印象。今はどうだか知らないけれど、カラオケセットで歌うビジネスパーソンや名物おじいさんが、酔っぱらっていい気分になっているような映像が浮かぶ。

井の頭恩賜公園は土曜日だったからかもしれないけれど、圧倒的に若い学生風の集まりが多く、ハジけ方も若かった(上半身裸とか)。公園の柵に立ってバランスを取りながらヨロヨロしてる若者が二人ほどいて、危なっかしくて見ていられない(なぜか絶対に落ちない)。お花見の目立ち方って簡単だけど体に悪そうである。




とにかくきれいな桜と平和な気分に浮かれた人々がセットとなって、春のムードにどっぷり浸ることができた。その後、井の頭動物公園に行った。正式には「井の頭自然文化園」で、有名なアジアゾウのはな子やモルモット、水鳥なんかがいる。ここは歩道橋を挟んで「本園」と「分園」に分かれている。お花見をしているエリアに近いのはで「分園」で、オシドリなどの水鳥やフナなど魚がいる。公園を見渡せばどこにもいるような感じの生き物だけれど、泳いでる姿を横から見られるのは興味深い。

でも、やっぱり楽しいのは「本園」で、モルモットを抱っこできるコーナーや猿山などもある、地味だけれど私にとっては十分過ぎる動物園だ。

・井の頭自然文化園
< http://www.tokyo-zoo.net/zoo/ino/ >

フェネックという、わたしの大好きなキツネがいるのも楽しみ。砂漠に棲んでいる耳の大きなキツネで、最近ではペットにする人もいるらしい。でも、ここで一番のおすすめは「リスの小径(りすのこみち)」で、森を再現したような木々や川などがあるリスたちのオリの中に、人間も入ることができるというもの。もちろん入り口は二重扉になっていて、リスの逃亡を防いでいる。

中に入ると、見物客の足下をサーッと横切っては木に登り、くるみを食べるリスの可愛さにメロメロになる。オリの中にはかなりの数のリスがいるので、追いかけっこしてるリスや、マイペースにのんびり過ごすリスたちを見ることができる。

・iPhoneで撮影したリス
< http://www.eimu.com/dgcol/ris.jpg >

ずっとリスの動きを見ていると、殻付きのくるみを持って来たリスが、木の根の横の地面をホリホリホリッと両手で掘り始めた。くるみを素早く穴に入れると、パンパンパンッとまた両手で上から押さえている。

後で食べるつもりなのか知らないけれど、しぐさの一つ一つが可愛すぎるのだ。テレビで見たことがあるようなシーンを、間近で見られて嬉しい。非常食を備えるのは人間だけじゃないのね。

ディズニーのアニメでも、森のリスがなめらかに動き回るシーンがあるけれど、本当にあんな感じでラブリーさ全開のリスたち。ディズニーの動きって、すごくリアルで忠実なのだとわかる。パパパッと動いては数秒じっとして、すぐにまたいなくなるので目が離せなくなる。

しばらくすると、リスが先ほどのくるみが埋められた場所から手早くくるみを掘り出し、持っていって食べ始めた。くるみを埋めたリスと同じだったかは、みなそっくりすぎて確認できなかった。非常食というにはあまりにも消費が早かったな。

残念ながら、リスは噛むらしい。ここのルール上でも手を出すことは禁止されていて、猫カフェのようには触れないのがもどかしいけれど、抜群の癒しスポットであることは間違いない。カップルも家族連れもおじさんもおばさんも、オリの中でけっこうな滞在時間を過ごしていた。リスに魅了されてしまうという言葉が近いと思う。

いつかは猫を飼って、リビングにキャットタワーを置きたいと妄想していたけれど、リスと本物の木でもいいかもと妄想が変化した。ただ、あのリスたちが本物の木だけを選んでかじるわけがないので、家具もボロボロになる覚悟が必要かもしれない。タンスの隅に隠されたくるみを見つけたら、怒るどころか喜んでしまいそうだけれど。

【武田瑛夢/たけだえいむ】eimu@eimu.com
装飾アートの総本山WEBサイト"デコラティブマウンテン"
< http://www.eimu.com/ >

リスのようにおやつにはくるみを食べているけれど、亜麻仁油も最近ブームだと言う。含まれている成分で重要なのは「オメガ3」という脂肪酸だ。植物や肉から普通にとれる「オメガ6」に比べて、意識しないととれないのが「オメガ3」なんですと。

青魚にも多いのでそれでもいいけれど、なかなか毎日青魚というわけにもいかないので、サラダに使える亜麻仁油やくるみが便利なのだ。亜麻仁油の方がくるみよりもオメガ3が多いようなので、早く試してみたい。