セミナー案内/ソーシャルコミュニケーション時代の「愛される会社」とは

投稿:  著者:  読了時間:2分(本文:約500文字)


ソーシャルメディアが一定レベルの普及を見せ、ここ最近では「顧客の声を聞く」「ソーシャル・リスニング」という言葉がかまびすしく喧伝されていますが、「顧客の声を聞く」こと自体は何も今に始まったことではなく、マーケティング・リサーチの基本とも言える行為でしょう。

では、なぜここにきて、これらの言葉が注目されているのでしょうか。それは増加するウェブ上の顧客の声に、どう向き合えばいいか分からない担当者の悩みの裏返しのようにも見えます。

「企業が顧客と本気で向き合わなければ生き残れない時代においては、<売るためのマーケティング>ではなく<売ったあとのマーケティング>をもっと真剣に考えるべき」と主張される河野武氏から、実務へのヒントが得られる機会になればと、私たちは思っています。ぜひ一緒に「愛される会社」について考えてみませんか?(サイトより)

日時:2012年5月26日(土)13:30〜17:00
会場:ファーストサーバ株式会社 大阪本社3F会議室
(大阪市中央区安土町1丁目8番15号 野村不動産大阪ビル3F)
< http://www.firstserver.co.jp/corporate/accessmap.html >
参加費:3,000円(終了後、別会場・別費用にて懇親会あり)
申込・詳細:サイト参照

< http://m2.cap-ut.co.jp/event/semiX03/ >