クリエイター手抜きプロジェクト[325]電子書籍編 kobo Touch 買ってみた/古籏一浩

投稿:  著者:  読了時間:10分(本文:約4,600文字)


7月19日にkobo Touchが発売されました。このkobo Touchは電子書籍リーダーのひとつです。楽天が力を入れて販売(?)するらしいので購入してみました(koboのkは大文字なのか小文字なのか......。楽天の日本語ページでは小文字で英語ページは大文字......)

kobo
< http://kobo.rakuten.co.jp/ >
< http://www.kobobooks.com/touch >

購入したら、いつものようにkobo Touchの使い方を説明したページ作りです。

Kobo Touch 使い方辞典
< http://www.openspc2.org/reibun/Kobo_Touch/ >

簡単に作れるかなと思ったら、最初からトラブル。kobo Touchの電源を入れると昔懐かしいMacライクなアイコンが表示されます。少し待つと言語を選択する画面に。ここは日本語をタッチして選択。

これで、kobo Touchに入っている青空文庫が読める......かと思ったら「パソコンがないと駄目ですよ。アプリをダウンロードしてパソコンに入れてからにしてね」という事態に。

パソコンがなくても、最初から青空文庫あたりは読めるようにしておいた方がいいんじゃないでしょうか? そもそも、青空文庫のデータが入ってないのかとも思いますけど、まあ手順に従ってセットアップ。

MacProに接続するので、Kobo Desktopアプリ(MAC用)をインストールします。
< http://rakuten.kobosetup.com/ >

kobo TouchをUSBケーブルで接続してKobo Desktopアプリを起動。......起動しません。環境にもよるのかもしれませんが、使っているMacがオーバースペックなのか、とにかく駄目。Twitter経由の情報によると、koboレビューが大炎上とのこと。

< http://blog.livedoor.jp/rbkyn844/archives/5701594.html >




まあ、私だけではないようで。気を取り直してリトライ。まず、kobo Touchを外してからMacを再起動。ようやくKobo Desktopアプリが起動しました。ということで、kobo Touchを接続して設定......しようとしたのですが、kobo Touchを接続するとKobo Desktopアプリがハングアップ。

USBケーブルを使うな、ということなのかもしれません。ではで無線LAN経由でセットアップできないのかと思ったら、これができない様子。

30分〜1時間ほど再起動したりしていると、運良く1回接続に成功しkobo Touchのセットアップができました。その後は、やはりハングアップして駄目。本も購入してみましたが、接続するかどうかが神頼みなので一冊だけ。購入画面に進んで注文寸前にKobo Desktopアプリがハングアップ。

気を取り直してMacを再起動してから再挑戦。再挑戦している間に本の価格が暴落して半額に......。そんなに売れなかったのでしょうか? というか、ブックオフで買った方が遙かに安い。というか、そのくらいなら表紙がカラーな新刊で買った方がいいんじゃない? という金額だったせいかもしれません。

調べたら最初に提示されていたのはアマゾンの価格の半値。しかし、数時間もしないうちに、さらに半値。アマゾンの正規の金額の1/4という状態に。

< http://www.amazon.co.jp/dp/4022739010 >
(アニメは都合によりモーレツ宇宙海賊という名前)

何度かやっているうちに無事に購入。でも、その時点で挫折気味だったので手持ちのPDFを表示する方向に。PDFが表示できれば、それなりに使えるはずです。

PDFは本の購入とかとは比べものにならないほど簡単でした。マイクロSDカードにPDFを入れてkobo Touchに差し込むだけ。あとは、ホーム画面に移動して「ライブラリ」>「本」をタッチして表示したいPDFをリストから選択するだけです。

すべてのPDFが表示されるわけでなく、大きいサイズのは表示できずにホーム画面に戻ってしまうこともあります。PDF書類内のリンクは機能します。

PDFの場合、タッチしてから次のページに移動し表示されるまでに1.5秒ほどかかります。実際にA4サイズのPDFを表示すると、細かい文字の認識が辛い部分があります。iPhoneなどのRetina Displayくらいの解像度があれば見やすいのですが。

PDFはさておき、せっかく購入した本を読むことに。デフォルトでは書体は「モリサワリュウミン」となってました。他はモリサワゴシックMB101が選択できます。漢字にはルビも表示されますし、割といい感じです(ルビは小さいので、やはり高精細な方がいい)。EPUBなので文字の拡大縮小なども自由にできます。ページの切り替えはPDFよりも高速で、1秒ほどで次のページに移動できます。

次はkobo Touchに内蔵されているWebブラウザの起動です。問題はWebブラウザが、一体どこにあるのかさっぱり分からないことです(スケッチブックや数独も同様ですが)。

起動方法は「Kobo Touch 使い方辞典」を見てもらうとして、ブラウザを起動するとGoogleのトップページが表示されます。モノトーンなGoogleは、ちょっと違った感じです。ちなみにYahoo JAPANに移動するとモバイル用のページが表示されます。モバイル用に作成されているせいか、kobo Touchでも素早く表示され読むことができます。

kobo Touchのブラウザは、SafariやGoogle Chromeと同じレンダリングエンジンWebKitを使っています。表示に関しては、やはり電子ペーパーゆえに遅く、何度も画面がちらつきます。でも、Kindleよりは高速に表示されます。Google Mapsも表示されますし、ボタンをタッチして地図を拡大したりすることもできます。

WebブラウザはHTML5関連は全滅です。位置情報(Geolocation)、ローカルストレージやFile APIはもちろん、映像やオーディオは駄目です。

でも、まあ思ったほど売れないんじゃないかという感じです。ひとつは端末そのものの問題。他の人にもいじってもらったりしたんですが、iPhone以降では操作性、速度、便利さという点でずいぶん劣ります。

高いお金を出してiPadを買った方がいいかも。特にユーザーインターフェース部分は、わかりにくく無駄な時間を費やしてしまいます。ハードウェアでキーを用意してもらった方が使いやすいかなとも思えます。とにかく、分りにくい。

もうひとつのダメな理由は、買ってもパソコンがないと使えない点。パソコンがなくても本が購入でき、最初から青空文庫あたりは読めるようにしておいてほしいところ。

どうせならば、最初からSFセット、ミステリーセットとか100冊くらい入れて、すぐに読める状態で販売した方がいいかも。あとは、毎日新聞50年分セットとか、新聞紙を全部入れちゃって検索できるようにして売るとか。

kobo Touchはお得感がまるでなく、最後はブーメランのように投げて遊ぶしか用途がないんじゃないか? といった状態です。

あと、マイクロSDカードを差し込むだけで簡単にPDFなどが表示できるという便利さがあるので、マイクロSDカードに10冊セットとか、漫画なら全巻セット、あだち充セットとか入れて売った方がいいかもしれないなと思ったりもします。でも、コピーされるという部分でもめるでしょうし無理がありそうです。最初から、特定のジャンルの作品を入れて売ってくれてもいいかなとは思います。

デフォルトで入っている手書きメモ(スケッチブック)も、どこにあるかわかりにくく、もったいない気もします。冷蔵庫とかに貼り付けて使うとか、いろいろ便利そうなのですが。ホーム画面からワンタッチで起動できてもいいと思います。

現状だとアマゾンのKindleの方がいいんじゃないかな〜と。でも、それならiPadで十分な気も......。まとめると、以下のような問題があるのかなあ。

・パソコンがないとまったく使えない
・白黒画面。解像度低い。
・遅い。
・紙の本をブックオフで買った方が早くて安い。ファンなら新刊買った方がいい。カラーできれいだし。
・青空文庫が全部同じ表紙(区別付かず)
・ユーザーインターフェースがひどすぎる。何をどうすればいいか不明。
・ファーストインプレッションが悪く感動がない。
・お得感がなく、時間が経つにつれて損した気分になる。
・楽天の売り方が悪い。

一言でまとめると「安物買いの銭失いを体感できる」という具合でしょうか。

【古籏一浩】openspc@alpha.ocn.ne.jp
< http://www.openspc2.org/ >

せっかくなのでWindows Phone(OS ver 7.5/IS12T)も買ってみました。地図サービスが使いものにならず......。仕方ないのでブラウザ(IE)でGoogle Mapsを表示して代用......と思ったらタッチイベントが動かないみたいで、地図は表示されるものの何もできず。

その点、kobo TouchはGoogle Mapsを表示でき、一応低速ながら使えるのでよいかも。スマートフォンやらいろいろ買ったけど、まとめると、こんな序列に(あくまでも個人的なランク。使ってる頻度も含む)。

iPhone > ガラケー > iPad > Android > Androidタブレット > Windows
Phone > kobo Touch

・毎度おなじみASCII.jpの連載「enchant.jsとジャイロセンサーで作るスマホゲーム」
< http://ascii.jp/elem/000/000/709/709291/ >

・PDF構造解説
< http://www.amazon.co.jp/dp/4873115493 >

・10日で覚えるHTML5入門教室
< http://www.amazon.co.jp/dp/4798124184 >

・AndroidのためのHTML5本格アプリ開発
< http://www.amazon.co.jp/dp/4897978971/ >

・改訂5版JavaScriptポケットリファレンス
< http://www.amazon.co.jp/dp/4774148199 >

・ハイビジョン映像素材集
< http://www.openspc2.org/HDTV/ >

・クリエイター手抜きプロジェクト
< http://www.openspc2.org/projectX/ >

・Adobe Illustrator CS3 + JavaScript 自動化サンプル集
< http://www.openspc2.org/book/PDF/Adobe_Illustrator_CS3_JavaScript_Book/ >
吉田印刷所の「印刷の泉」でも購入できるようになりました。