Dの憂鬱[14]ところで、山ライオンってどうなん?/笠居トシヒロ

投稿:  著者:  読了時間:8分(本文:約3,800文字)


まいど、笠居です。めっちゃ暑い日が続いてたのが、ようやく朝夕は涼しい風も感じられるようになって来ましたね。みなさんも窓開けっ放しで寝て、風邪引かないように気をつけてください。

さてさて、前回尻切れトンボになっていた「ライオンってどうなん?」ですが、今回は「山ライオンってどうなん?」にかえてお送りしたいと思います。

とはいえ、もう山ライオン(MacOS X 10.8 Mountain Lion)も発売から2か月が過ぎて、すでに先日アップデートもされましたよね。発売当初にイロイロとあった不具合も、随分解消されたようです。

元はといえば、諸々の事情によりライオンを使えないという特殊な状況で、新しく買ったMac miniを雪豹で走らせてますねんというところから始まった話ですが、現在は山ライオンにアップデートして、快適な日々を送っておりますんです。

諸々の事情ってのはどーなったのよ、っていう異常に物覚えの良い方(居ないか?)のためにいちおう、説明しておきますと、ライオンでは動かなかったCISCOのVPNクライアントは、Parallelsの上で動いてるXPさんにWindows版をインスコして動かすことで事無きを得ました。

なので、VPN接続で作業しなきゃいけない時には、バーチャルWin環境でということになるんですが、XP on Parallelsも山ライオンに換えてからけっこうサクサク動いてくれるんで、さほどにストレスも感じずに済んでおります。

んじゃまずはインストール、というか山ライオン購入の部分から行きましょうかね。Mac App Storeでダウンロード購入できるようになった(ライオンからですが)のは楽ちんでいいですね。それに、今回の山ライオンは1,700円とメジャーアップデートにしては大変お安い値付となってます。




んが、新OSの発表があってからハードを購入した人には、大抵の場合、無償OSアップデートてのが提供されることになってまして、山ライオンも例外ではなく、6/11以降にMacを購入した人は、山ライオンへのアップグレードが無料になる「Up-to-Dateプログラム」とゆーのが提供されちょります(現在は7/26以降の購入者対象に修正されてます)。詳しくはこちらをご覧くださいませ。
< http://www.apple.com/jp/osx/uptodate/ >

というわけで、タダで山ライオンを手に入れ、さっそくインスコしてみたわけです。こういう時はクリーンインストールするのが常なわけなんですが、Parallelsに載せたWindowsの再インストールとか、再認証とかがめんどくさかったので、そのまま上書きでインストールしてしまいますた。

まぁ、それでアカンかったらその時初めてクリーンインストールすればいいしね。クリーンインストールの方法はこちらをご参考に。
< http://wayohoo.com/mac/tips/how-to-clean-install-os-x-mountain-lion.html >

で、結果なんですが、とりあえず動作がサクサクになりました
ヽ(^。^)ノヤッホイ。

雪豹で動かしていた時あんなにモッチャリしていたのがウソのように、起動も動作も速いし、先にも書きましたがParallelsに載せたXpまでサクサク動くようになって至極快適です。やはり、ハードの方も同じように見えても新しいOSに最適化していってるんでしょうね。

ただまぁ、雪豹までにはなかった新しい機能が使いこなせなくて、なんか宝の持ち腐れ状態なのが。。(´・ω・`)

というわけで、このテキストを書くネタにかこつけて、新機能を幾つか試してみましたんでご報告を。ただ、ライオンをすっ飛ばしてるんで、「それはライオンからの機能だよ」ってのもあるかもしれませんが、ご容赦ください。

まずはiCloudがようやくまともに使えるようになったので、さっそく......と思ったんですが、連絡帳の他にとくに同期しなきゃならんモノがない(笑)me.comのメアドとか要らんしなぁ。。でもまあ折角なんで、新しいメモ帳を同期してみようかと。

まずはメモをたちあげて、なんかメモってみます。。。。。
何も起きません(´・ω・`)

そりゃそうだ。雪豹の時には環境設定にiCloudがなかったから、メモとメールは同期してないもんね。設定しないとね。

てことで、環境設定を開いてiCloudをクリック、メールとメモをONにします。これはメモのアカウントメニューからでもOK。んでもって、お次はiPhone側の設定アプリで同じようにメールとメモをONに(me.comのメアドがないとメモはONに出来ません)。

これで準備完了〜、おぉ、Macで書いたメモがiPhoneに、iPhoneで書いたメモがMacに、瞬時に同期されるw こりゃいいw

これ、さっそく便利でした。VPN経由でWin版のメーラーに届いたメールに書かれていたURLをiPhoneに転送したかったんですが、メールからURLコピーして、メモにペーストするだけでいい。いままでGmail経由で転送してたんですが、それよか手っ取り早いし時間的にも速い。

MacでコピーしたものがiPhoneにペーストできたら便利なのになー、と思ってたことが、ワンクッションあるにせよかなり簡単にできるようになったのはうれしい限りです。

調子に乗って、今度はiMessageを試します。
んーあれー、今までのiChatと一緒やん。。。(´・ω・`)

iPhoneになんかメッセージ送れませんがな。と思ったらこれも設定忘れ。メッセージの環境設定でiMessageのアカウントを登録(というか、Apple IDを有効に)してやらないと使えまへんのどすえ。

で、このiMessageのウリはというと、MacからiMessageが打てるというのもあるんですが、iPhone、iPad、Mac間で、メッセージを同期できるというのがいいらしい。

これにはちょっとした設定が必要で、Mac、iPhone、iPadの送信元メールアドレスを統一してやらないといけないです。それぞれの環境設定で、MacにはiPhone/iPadのMMS用アドレスを、iPhone/iPadにはAppleIDのアドレスを新規に登録します。で「メッセージの着信に使用するメールアドレス」を全て同じにします。

これで、メッセージのやり取りがすべて同期するわけなんですが、一つだけ問題がありますよ。iPhoneの場合、このMMSの送信元アドレスって、元々は電話番号になってるんですね。ところが、MacのiMessageでは電話番号を発信元アドレスとして登録することができません。

なので、それまでMMSでやり取りしていた人たちからすると、別のアドレスから送られてくることになるわけで、「誰この人?」ってことにもなりかねないので、気をつけてくださいね。

あー、あと通知パネル。メニューバー右のマーククリックで通知パネル開きますね。あまり開かないですがw

環境設定でアカウント登録しておくと、ここから直接ツイートもできます。Finderから直接写真付きツイートもできますね。これ便利。Facebookもできるはずなのになー、どうすればいいんだろ?と思ってイロイロ探していたら、「秋から」だそうですw もう秋だよ>Appleさん

とまあ、たいして新機能試してないですが、オレ的には「サクサク動く」と「MacからiPhoneにコピペ、iPhoneからMacにコピペ」ができるだけでけっこうポイントタカシです。

まぁライオン飛ばしてるんで、そのあたり差し引いて考えると、メジャーアップデートでこんな程度でいいのか? とか、仕事でめっちゃ使える機能ってそれほどないんじゃ? とか、トレードオフで使えなくなったアプリの痛手ってどうなん? とかイロイロ考えちゃいますけどね。

ちなみにですが、オレのところではSnapzPro Xがオブジェクト撮影すると落っこちちゃうようになりましたが、普段からエリア撮影のほうが頻度高かったのでまぁよしとしてます。
< http://www.ambrosiasw.com/utilities/snapzprox/ >

最後に心配なのがOSのネーミング。次のOS Xに付ける大型猫族の名前って残ってるのか? と(笑)

だって「Mountain Lion」って、10.1に付いてた「Puma」と同義でしょうが、おんなじ生き物でしょうがw まだ使われてないけど「Cougar」も「American Lion」も同じ動物だからね!w 「Lynx」はもう別のOSに使われてるからダメでしょ。

もうあとは「Jaguarundi(ジャガランディ)」か「Clouded leopard(ウンピョウ)」くらいしか残ってないよ。どっちもなんかマイナーねぇ(^_^;)

あ、そういえばOS Xのベータってコードネーム「Siam(シャム猫)」だったのね。Siamといえばタイ王国の旧称、バンコクの繁華街「サイアム・スクエア」にもその名前が残ってます。あーまたタイ行きてーなーw

【笠居 トシヒロ/WEBディレクター、デジハリ大学院客員教授、京都嵯峨芸術大学講師】
< http://www.mad-c.com/ > < kasai@mad-c.com >

完全にディレクターのつぶやきじゃなくなってますね(笑)。まぁそういうこともあらあなと許してやってください(笑)