おかだの光画部トーク[85]番外編 神戸初開催「CSS Nite in KOBE, Vol.1」その3/岡田陽一

投稿:  著者:  読了時間:4分(本文:約1,900文字)


前回テキストを書いていた2週間前はまだ半袖Tシャツ一枚でしたが、その間に一気に季節が秋に移って、朝晩は涼しいを通り越して結構ひんやりと感じます。あっという間に9月が終わって、10月に入り気がつけば今年も残すところ3か月。年末のイベントや忘年会のスケジュールがカレンダーに入るような時期になりました。

そしていよいよ、今週末の10月6日(土)に迫ってきた「CSS Nite in KOBE, Vol.1」です。あと一回お付き合いください。

初開催の神戸で160人の募集はそもそも無謀じゃないかなと不安に感じつつも、申込みを開始しましたが、今の段階であと数人で満席になります。

お申込み頂いている方は、地元兵庫県、隣の大阪府がほぼ同数で全体の3分の2を占めていますが、神戸からは少し遠い京都府、奈良県、和歌山県、滋賀県と近畿一円からお申込みがあります。

西隣の中国・四国地方から岡山県、広島県、鳥取県、香川県、愛媛県から。そして、三重県、愛知県、東京都、石川県からも参加いただけるようです。遠方から交通費+宿泊費をかけて参加いただけるのは、本当に感謝の気持ちでいっぱいですし、また、みなさんが満足のいくイベントにしないといけないと引き締まる思いです。

他のCSS Nite有料版、無料版も含めて参加したことがなく、今回が初めてという人が全体の3分の1くらいいらっしゃいます。これも、とても嬉しいことです。「CSS Nite」ほどメジャーで、しかも全国各地で頻繁に開催されているイベントですから、新たな参加者に来ていただけるのは、イベントを企画する上でとても重要だと思います。

今回は技術的な話はしないセッションばかりですが、次回以降のテーマを考える上でも参考にしたいと思っています。




さて、「CSS Nite in KOBE」の内容からちょっと外れますが、開催日の10月6日(土)の今週末は他にも神戸でさまざまなイベントが開催されます。遠方から宿泊して参加されるみなさんは、せっかくですから、他の面白そうなイベントも是非チェックして秋の神戸を満喫してみてください。では、いくつか紹介します。

第31回 神戸ジャズストリート
< http://www.kobejazzstreet.gr.jp/ >

神戸元町ミュージックウィーク
< http://cssnite-kobe.jp/kobeinfo/event/entry-73.html >

六甲ミーツ・アート 芸術散歩2012
< http://www.rokkosan.com/rokkomeetsart2012/ >

神戸市立博物館 フェルメール展 〜真珠の耳飾りの少女〜
< http://www.city.kobe.lg.jp/culture/culture/institution/museum/main.html >

2012 三国志祭
< http://www.sangoku-maturi.com/ >

そして、忘れちゃいけない、デジクリ連載でも川合さんが何度も紹介されてる「神戸ITフェスティバル」
< http://kobe-it-fes.org/ >

こちらもかなり興味深いセッション満載で、わたしも参加したいのが色々あります。同じ日の6日はさすがに無理ですが、前日5日は行ってみようと思っています。

「CSS Nite in KOBE,Vol.1」は午後から夜までです。午前中にも絶対見といた方がいいセッションが色々あるので、会場も近いですし、是非こちらもチェックしてみてください。

その他にも「CSS Nite in KOBE」の公式サイトには、日々、神戸の観光情報も更新していますので、神戸に来られる際はご活用ください。
< http://cssnite-kobe.jp/kobeinfo/ >

CSS Nite in KOBE 公式サイト
< http://cssnite-kobe.jp/ >

【岡田陽一/株式会社ふわっと 代表取締役 ディレクター+フォトグラファー】
< mailto:okada@fuwhat.com > < twitter:http://twitter.com/okada41 >

10月20日(土)に大阪で第8回リクリセミナー「もう少し写真を上手に撮りたいWeb界隈の人のためのフォトワークショップ」を開催します。

写真や撮影の基礎を座学で解説した後、外で課題に沿って撮影会。その後それぞれが撮った写真をみんなで見ながら意見交換鑑賞会という、一日たっぷり写真と楽しく戯れるワークショップです。人数少なめですが、興味のある方は是非ご参加ください。
< http://www.re-creators.jp/seminar/2012/10/01_923.html >