おかだの光画部トーク[86]「CSS Nite in KOBE, Vol.1」終了と「TechLION」/岡田陽一

投稿:  著者:  読了時間:5分(本文:約2,200文字)


外を歩くと、少しひんやり感じる今日この頃、ふわっと心地良い金木犀の香りが漂って、だんだんと秋も深まって来ました。

数回にわたって紹介してきた、神戸発開催となる[CSS Nite in KOBE]が先日、10月6日に無事終了しました。会場となった兵庫県中央労働センター大ホールには、160人ほどのが集まり、参加者のみなさん、出演者、スタッフのおかげで、とてもいいイベントになり、「感動しました!」「参加してよかった!」「次回も期待しています!」など、多くのポジティブなコメントをいただきました。

会場にお集まりいただいたみなさん、本当にありがとうございました。イベントは終了しましたが、感想を各自のブログで書くと抽選で、株式会社日本情報化農業研究所さまご提供の「10月下旬収穫の季節の野菜色々詰め合わせ」をプレゼントという〈感想をブログに書こうキャンペーン〉を10月20日までやっていますので、参加した方は是非当日感じたことや、後日談など書いてみてください。
< http://cssnite-kobe.jp/info/entry-104.html >

[CSS Nite in KOBE]については、この辺で。また、来年第2回を企画すると思いますので、よろしくお願いします。




[CSS Nite in KOBE]の2日前、10月4日には、神戸ITフェスティバルの関連イベントとして「TechLION」というイベントが神戸のVARIT.というライブハウスで開催され、わたしも出演してきました。
< http://techlion.jp/vol9 >

[TechLION]は、IT文化の振興と、UNIX/Linux文化の楽しさを広く伝え、エンジニア同士の連帯を図ることを目的とするトークイベントです。日々多くの技術が生まれ、消えていきますが、これらの技術を密林の動物たちになぞらえ、百獣の王となる技術を酒を酌み交わしながら発掘・探求しようというイベントです。

──とサイトに書いてあるように、技術者が集う内容なのですが、何故かエンジニアとはまったく程遠いわたしに出演のオファーがあり、なんと「写真の話をして欲しい」ということでしたので"30分でわかるITイベントでうまく撮影するポイント"というお題でお話してきました。

いつもは、会議室や教室などで話すのですが、今回は、ライブハウスのステージ。会場の参加者もMCも、そして出演者もお酒を片手にプレゼンするというスタイルで、最初はどうなることやらと思っていましたが、いざやってみると、なかなか新鮮で、とても楽しく面白かったです。

[CSS Nite]では、開催1か月前くらいから、出演者はシナリオやスライドを提出して、他の出演者や主催者のチェックを受け、開催日までブラッシュアップしながら講演内容を完成させていくということをやるのですが、[TechLION]では、真逆。

司会のお二人や他の出演者ともまったく打合せなく、全員アドリブで、その場その場のライブ感を楽しむイベントでした。

わたしが話したのは、[CSS Nite]などのセミナー・イベントで撮影を担当することが多いので、そういう場での撮影で心がけておくとよいことなどです。

他の出演者は技術者の方達なので、会場の皆さんも興味津々な感じでしたが、果たしてエンジニアの人たちがわたしの話に興味あるのだろうかと、出番までは戦々恐々としていましたが、司会の上手いつっこみと、話の流れの持って行き方で、みなさんお酒を飲みながら、いっぱい笑いながら、とても前のめりで聞いていただけました。凄く反応がよかったのでホッとしています。

では、当日話した内容から、ふたつピックアップ。まず、イベント会場で撮影する場合、他の参加者のみなさんや出演者に迷惑にならないような撮影を心がける。これが重要です。

例えば、フラッシュを焚かない。極力音を出さない。特にコンパクトデジカメや携帯などは、電子音が出ますので、音が出ない設定をするとか、音が出る部分を塞ぐなどが必要です。

そして、もうひとつ。撮影する時は、角度や場所によって、全然人が入っていないように写ります。実際に人が入っていないスカスカなイベントでも、上手く位置取りして、レンズを選ぶことで、実際よりも多くの人が参加しているように見せることができます。

自分の位置から適当にパチリと撮影するだけじゃなく、少し動いて角度も考えて撮影することで、少人数のイベントでも、とても盛り上がっていたような写真を撮ることが可能なので、実践してみましょう。

ブログなどに載せる写真は、盛り上がってた感を出すことで、読んだ人は、次に参加してみようという気持ちになるものです。

というわけで、光画部トークが久しぶりに少し写真の話になってよかった!

【岡田陽一/株式会社ふわっと 代表取締役 ディレクター+フォトグラファー】
< mailto:okada@fuwhat.com > < twitter:http://twitter.com/okada41 >

10月20日に大阪で開催する第8回リクリセミナー「もう少し写真を上手に撮りたいWeb界隈の人のためのフォトワークショップ」は、お陰さまで満席、キャンセル待ちの状態です。また次回のデジクリでレポートします。
< http://www.re-creators.jp/seminar/2012/10/01_923.html >