展覧会案内/メディア、アイドルミュージアム

投稿:  著者:  読了時間:2分(本文:約800文字)


この企画展では、独特な進化を遂げたアイドル文化をメディアの進化とともにたどり、そこから現代日本のメディアや映像技術、コミュニケーションの変化を読み解きます。

会期:2012年11月21日(水)〜2013年4月7日(日)9:30〜17:00
休館日:月曜日(祝日の場合は翌平日)12/29〜1/3
会場:SKIPシティ 彩の国ビジュアルプラザ 映像ミュージアム(埼玉県川口市)
入場料:大人500円、小中学生250円 常設展示も見られる
企画:株式会社デジタルSKIPステーション
アドバイザー:岡島紳士、岡田康宏

◎メディア/アイドル進化年表
1950年代から今日までのアイドルの進化を、映像メディアの変遷とリンクさせ解き明かす。

◎メディア革命時代のアイドルミュージックビデオ
激変した映像メディア環境を反映し、新しい表現で制作された、アイドルミュージックビデオ作品群を上映。各作品の注目すべき点もわかりやすく解説。また、関連衣装や小道具も展示。

◎Be the Idol!
人気アイドル本人の指導に従って、振り付けをコピーして踊る。アイドルと競演する映像がクロマキー合成により完成する。

◎IDOLS EYES
ステージ上のアイドルからは何が見えているのか? この展示はそんな疑問に答えるべく制作された。

◎メディア/アイドルはどこに向かうのか
最新のアイドルシーンでは、何が起こっているのか? アイドルはどこへ向かうのか? 全国各地で次々と誕生するご当地アイドル=「ロコドル」から、究極のバーチャルアイドル「初音ミク」、そして現実の存在から架空の未来世界へと発展して行くメディアプロジェクト「AKB0048」まで、様々なかたちでメディアを活用し、進化し続けているアイドルのあり方を、映像資料とパネル展示を通して紹介し、そこから垣間見えるアイドルとメディアの未来像について探る。

◎MikuMikuDanceシステム展示
◎メディア/アイドル トークイベントシリーズ

< http://mediaidol.net/ >