グラフィック薄氷大魔王[327]新iTunesのインターフェイス他、小ネタ集/吉井 宏

投稿:  著者:  読了時間:6分(本文:約2,600文字)



●新iTunesのインターフェイス

ver.11になってインターフェイスがずいぶん変わった。サイドバーがない! やっぱ必要だよなあってことで表示した。なんで最近「選択肢を隠すインターフェイス」が流行ってるんだろう? IEもChromeもメニューがないのってめちゃくちゃイライラするじゃん? Acrobat Proもメニューにあった機能がサイドのタブに移動して使いにくいし。

アルバム表示のとき、そのアルバムだけリストの中で展開表示する方式に。ちょっとカッコイイな。でもかっこつけすぎてAppleのインターフェイスじゃないみたい。

中央上の小窓のフチが細すぎて、見た目のバランスが悪い。細くしたってより、タイトルバーを廃止したってことらしい。空いている部分をどこでも掴んでドラッグすればいいらしいのだが、「取っ手」が見えてるほうが使いやすいのに。

「新規」のタスキ、これはいくらなんでもナイ! あと、最小ウインドウにしたときに、最大化とかのアイコンがAppleの標準仕様じゃない! これはいくらなんでもダメだろう。

ちょっと標準インターフェイスってものを軽視しすぎじゃない? 隅々まで厳しいガイドラインに沿うことで、Macは使いやすかったはずなのに。




ちょっとそれに関連で、OSXのFinderに「どうしたんだApple?」的なマヌケな部分がある。フォルダーのツールバーを表示/非表示に切り替えると、アイコンサイズ調整スライダの位置がウインドウの右下/右上と変わること。使いづらいの極地。ちゃんとやってよね〜。

●スケジュール、立てるだけ〜

仕事がいくつも重なって「どうすりゃいいんだ?」ってちょっと焦ってるとき、スケジュールをiCalで具体的にきっちり割り振ると、それだけで仕事終わった気分になるね〜〜〜。あー、よく働いた。これで間に合ったぞ。バッチリ! って感じ。まだ始めてもいないんだけど。

iCal上のスケジュールなんて、結局「組むだけ」で、ほとんど役に立たないなあ。でも、「ちゃんとやれば締切に間に合いそうだととりあえず確認できる」ってメリットはあるんだよね。

●ラウンド制

朝の9時から12時までをちゃんと集中して使い切れば、その一日は勝ったようなもんだ、とか思う。午後は眠くなるしどうしてもダラダラしちゃうから。夜は多少真面目にやるけどさ。

で、9〜12時の3時間を1ラウンドとすると、午後と夕方で2ラウンド、夜21時までにも1ラウンド、計4ラウンドが仕事に使える時間。プラス、朝6〜9時と夜21〜24時の2ラウンドも追加できなくもない。

とすると、一日6ラウンドあるってことか。せっかくの朝の時間をちゃんと使えなくて残念だった〜! とか思わなくても、あと3〜5ラウンドあるんじゃんね。がんばろっと。

●仕事は均等な間隔で来ない

仕事が暇なときはどうしちゃったんだろ? くらい暇なのに、依頼が来るときは一日に何個も重なって来る。なんで均等に来ないんだ〜〜? と思いがち。

でもつぶつぶの豆でもスプレーの飛沫でも何でも、均等な間隔で並んでないもんね。必ず密な部分と疎な部分がある。仕事が来るときも同じく、均等にまんべんなく来るほうが実は不自然なんですよ〜〜。季節モノや曜日によっても密度は変わるし。どちらの場合も、今と逆の状態にあこがれますね。

●モノが増えるのが苦痛

このところ購入を迷い続けてたA4スキャナをついに購入(キヤノンのLiDEじゃないです)。思ったのは、使いたい機能が手に入るうれしさよりも、「新しいモノが来て部屋を狭くする」ってことのほうが、はるかに気持ちの上で負担が大きくなっちゃってる。苦労してモノ減らしした後遺症か。

●パソコンにまつわる偶然?

しばらく机を離れてて戻って座った瞬間に、画面がスリープになるのはなぜだ? いや、座った瞬間にスリープしたときだけ印象に残るから、って説は知ってるけど、それにしても多すぎないか?

●アイコンの穴

ドライバインストールDVDなどのアイコンをクリックすると、ディスク中央の穴部分をクリックして空振りすることが多い。穴ふさいどけー! っていうかど真ん中の小さな穴を正確にクリックするヤツもヤツだが。

●新型iMac

「薄さ5ミリ」って言い方はよしたほうがいいと思う。インチキ感が漂っちゃう。人間の頭部のサイズを耳たぶの厚さで言うみたいなもんじゃん。「最薄部5ミリ」ってのも意味がない。フチなんていくらでも薄くできるから。

●スター・ウォーズのオモチャとか

あれだけ夢中だったのに、当時から今までスター・ウォーズ関連のオモチャって一つも買ったことない。ケンタッキーフライドチキンのおまけのボトルフィギュアとコーラのキャップくらいか。ほしい気持ちはあったんだけど、メカものもディテールが甘くて買う気しなかったし、あのブリスター入りのフィギュアのシリーズに顕著だったのが、「顔がぜんぜん似てない!」。

同様に、トイストーリー2のジェシーの人形がかなりほしかったんだけど、専門店で見てみるとやはり、どれもこれも顔が別人。俳優の顔は権利の関係でわざと似せてないことがあるそうだけど、ピクサーはCGじゃん! ちゃんと極限まで似せてよね!

ライトセーバーも、金属製のカッコイイやつとかあるけど、ほんとにレーザーの剣になるんじゃなきゃ魅力なし。同様に、小学生の頃のライダーベルトも音が出て回るだけで、ヘンシンできないじゃん! って興味惹かれなかったな〜。

【吉井 宏/イラストレーター】
HP < http://www.yoshii.com >
Blog < http://yoshii-blog.blogspot.com/ >

先日、すごい事実が判明。最近、あるメーカーの製品のデザインをやってたのだけど、その会社の同じ担当者が昨年、僕の実妹(プロダクトデザイナー)と仕事してた!! 名字がちがうので兄妹とはまだ気づいてないはず。どういう偶然!! 鳥肌立ったわ! 一生に一回くらいの偶然だろうなあ。それ、担当者に言うの楽しみ〜〜。

●iPhone/iPadアプリ「REAL STEELPAN」ver.2.0がリリースされました。
「長押しロール」のオン・オフ切り替えスイッチを追加しました。
「オフ」ではレスポンスが速くなるので、素早い演奏が可能になりました。
REAL STEELPAN < http://bit.ly/9aC0XV >
●「ヤンス!ガンス!」DVD発売中
amazonのDVD詳細 < http://amzn.to/bsTAcb >