Otaku ワールドへようこそ![166]番組ジャック?! 生放送中に出演者の背後に立ってみた/GrowHair

投稿:  著者:  読了時間:13分(本文:約6,300文字)


生放送中のテレビ番組で、頼まれもしないのにセーラー服姿で出演者の背後に立つというゲリラ作戦を決行した。狙いは成功、ヒゲを三つ編みにしてピンクのリボンで結んだセーラー服のおっさんの映像が電波に乗って東京中に撒き散らされた。12月16日(日)のことである。

押しかけ出演したのは、東京メトロポリタンテレビジョン(TOKYO MX)の「ご自慢ライブ おしあげNOW」という番組。毎週日曜の午後1時から 放送される1時間番組で、声優の三ツ矢雄二さん、日高のり子さん、モデルのマギーさん、芸人のつぶやきシローさんがレギュラー出演し、各回のテーマに沿ったゲストを迎えてトークを展開する。

東京スカイツリータウン内にある、サテライトスタジオ「東京スカイツリータウンスタジオ」から生放送される。このスタジオがガラス張りで、東京ソラマチ一階の屋外から一般の人が眺められるようになっている。しかも、テレビカメラは窓のほうへ向けて設置されているので、出演者の背後のガラスにへばりついて見ている人たちが、丸映りなのである。

一般ピープルにゲリラ出演枠が開放されているとも言える。目立ちたい人天国ではないか。生放送なのに、ずいぶんと思い切ったことをなさる。もしセーラー服を着たおっさんとかに立たれたら、どうなっちゃうのだろう。



ニヤリ。その枠、いただき。オンエア直前に行き、日高のり子さんの背後を確保。ガラスがなければ肩をポンと叩けるような近さだ。日高さんが映れば必然的に私も映る。

日高さんはCMのときに振り返って私の姿に気づき、大笑いしていた。また、ゲストのなぎら健壱さんは、番組の締めに一番印象に残ったことを聞かれ、「窓のそとにへばりついてるセーラー服の人」と答えて、まわりからツッコまれていた。ゲリラ作戦、大成功。

まさかそれホントにやったの? と思われているそこのアナタ、はい、写真。
< https://picasaweb.google.com/107971446412217280378/OshiageNow121216 >

●軌道を外れはじめたのはラーメン屋から

ものごとというのは連鎖を呼ぶもののようで、いったん「まっとうな道」という名の軌道を外れ始めると、どこまでも外れていくものらしい。ゲリラ出演枠の情報をどこからどうやって入手したかの経緯を語るには、去年の6月、神奈川県鶴見にある「ラーメンショップ高梨(通称)」に行った話にまで遡らなくてはなるまい。

店のおっちゃんは、ご近所では変わり者みたいに言われているようだけど、私が会って話した限りではそれほどイカレてるというほどではなく、とても親切で、話の面白い人だった。ただ、店が掘っ立て小屋のような造りで、水のコップ代わりに、そこらで拾ってきたという日本酒のワンカップの空き瓶が置かれているあたりが、ちょっとユニークな趣向と感じられた。

そのおっちゃんが、企画を掲げた。「30歳以上で、セーラー服着用で来店すると、ラーメンが1杯、タダ」。この企画のことを人形作家の美少女さんが教えてくれて、「行ってみたら?」の勧めに乗っかって行ってみたのが去年の6月11日(土)のことである。私にとって、家からセーラー服を着て出かける最初の機会となった。

最初の1か月ほどは誰も乗って来なかったというこの企画、私が一番手となった。そのときに撮った写真をお渡しするために、翌週、6月18日(土)にも行った。またセーラー服を着て。そこで二番手と遭遇。肩を並べてラーメンをいただく。

その日の午後、三番手が行っていた。私は会ってないのだが、店に置いてきた写真をその人が見て、ネットで探し出して、連絡をくれたのである。勅使河原(てしがわら)ゆみさん。女性である。30歳を過ぎて、セーラー服を着て公道を歩く場合、実は男性よりも女性のほうが精神的なハードルが高いと思う。心の葛藤をつづったブログが非常に面白かった。

「30歳以上の人がセーラー服で来店するとラーメンが無料になるラーメン屋」
【その壱】〜【その参】
< http://ameblo.jp/jyoshi-kosuplay/entry-10927793041.html >
< http://ameblo.jp/jyoshi-kosuplay/entry-10928007897.html >
< http://ameblo.jp/jyoshi-kosuplay/entry-10928345941.html >

勅使河原さんは放送作家。一度お会いしてお話を伺えればと、こちらから申し入れていたのだが、超絶忙しい人で、なかなか実現しなかった。やっとお会いできたのがついこの間、12月13日(木)のことで、ラーメンから1年半経っていた。渋谷の喫茶店で1時間ほどお話しすることができた。

勅使河原さんにはもうひとつ肩書きがある。「ヲタク専門エージェントWotaku future 代表」。それはいったい何でしょ? お友達の春乃れぃさんのブログによると、今年の3月に立ち上げたヲタク紹介業のようで。
< http://harunorei.net/active/?p=1318 >

勅使河原さんのヲタク&非モテ人脈を活かし、ヲタク属性が活かせる場所としてヲタク専門エージェントをはじめました、とのこと。
今まで個人的に無償で行ってきた
・ヲタク男子の取材&テレビ出演ブッキング
・ヲタクユーザー向け企画立案
・ヲタクアンケートデータ収集
・企業様向けヲタクインタビューブッキング
・イベントにヲタ芸師を派遣
などなどを、ビジネスサービスとして行います、と。

<過去実績>
・CX くるくるドカン ヲタ芸師出演者30人収集
 テレビで初めてヲタ芸を紹介
・日テレ Gの嵐 ヲタ芸師ブッキング
・株式会社イーストプレス様取材&インタビュー
 ヲタ芸師&35歳童貞男子ブッキング
・芝居公演2011年「ゲキジョー☆ノート」ヲタ芸指導
・結婚式余興 ヲタ芸師派遣
「濃く、空気が読めて、本気な」イイ仕事するヲタク、揃ってマス!

さて、放送作家としての勅使河原さんは、TOKYO MXのテレビ番組「ご自慢ライブ おしあげNOW」の構成と脚本を担当している。で、ガラス張りのスタジオの外から見ている人たちがテレビに映っちゃう(専門用語で「見切れる」というらしい)ということを教えてくれたのである。

そんなことを聞いちゃったら、どうしたって行きたくなるじゃないですか。押しかけちゃいますよぉ。「それは困ります。ぜったいにやめてください」ときっぱり断ってくれれば思いとどまったんだけどなぁ。こっちが押し切った格好。

まあ、窓側に向けてテレビカメラを構えるセッティングにしている時点で、制作側もある程度のことは覚悟しているといえる。一般ピープルのゲリラ出演枠を設けてくれているというか。実際、これまでも、なんかのコスプレして来た人がいたそうで。

とはいえ、若干心配であった。教えてくれた勅使河原さんにご迷惑が及ぶようなことになったらマズいなぁ。主役を「食っちゃう」可能性、あるよなぁ。出演者の背後に立ってるセーラー服のおっさんが気になって、視聴者が番組の内容に集中できないみたいな。視聴者から苦情電話が来るとか、スポンサーがお怒りになるとか、笑って済まされない事態って、ありうるよなぁ。逡巡する小心者のワタシ。けど、3日後にはやっぱり押しかけてるおバカなノリのワタシ。

●快晴のスカイツリー日和

12月16日(日)は、前日のしょぼしょぼした雨がすっかり上がり、快晴で、春のような陽気であった。ウチを出るのが遅くなって、少しあせってたのだが、押上駅から東京スカイツリーの根元に至る東京ソラマチはなかなか進めないほどの混雑で、ますますあせる。スタジオ前に到着したのは、ちょうど放送開始ぐらいの時刻だった。

すでに、人が一列にへばりついており、少し空いてる隙間に自分をねじこむような格好で場所が確保できた。空っぽで出演者がいないと思ったら、オープニングは屋外で行い、それから外を歩いてスタジオ入りするのであった。目の前を出演者たちが通るのを拍手で迎える。

出演者たちがスタジオ内の所定位置に着くと、私は日高のり子さんのすぐ後ろであった。ラッキー。日高さんは、アニメ『タッチ』の朝倉南の声を演じた声優さんとして最もよく知られているのではないかと思うが、私の中では「もう一度・ブラックコーヒー」を歌っていたアイドル歌手としてのイメージが強い。

ラジオ番組「オールナイトニッポン」で、笑福亭鶴光さんから、坂上とし恵さん、浜田朱里さんとともに、「がけっぷちトリオ」などと揶揄されていたのが記憶に新しい。未だに'70年代、'80年代から時計が進んでいないワタシである。

三ツ矢雄二さんは『タッチ』で上杉達也の声を演じている。この日ははっぴを着て登場したせいか、ちゃきちゃきの江戸っ子って感じのさわやかな印象だった。ファッションモデルのマギーさんは、スコットランド系カナダ人と日本人とのハーフで、昔の芸名を奈月マーガレットさんといった。すらっとしてきれいなお方。

つぶやきシローさんは、ずっと以前にもお見かけしたことがある。2001年ごろだったか。ヴィジュアル系バンドのメンバーのコスをしている人たちを撮るのが目的で、私はよく原宿に行っていた。そこで、キャンディ・ミルキィさんをお見かけすることがよくあったが、その日は、セーラー服を着たおっさんと一緒だった。

胸に「キャンディ・ペロ子」と書かれた名札をつけていたので、てっきり弟子をとったのかと思っていた。後でキャンディさんに聞くと、つぶやきシローさんだったとのこと。テレビ番組の収録だったそうで。セーラー服着たおっさんつながりという、不思議なご縁だ。

この回のテーマは「墨田区」で、ゲストとしてフォークシンガーで俳優のなぎら健壱さんと、庶民文化研究家の町田忍さんが呼ばれていた。墨田区と隅田川の漢字の異なる訳とか、ちゃんこ鍋の「ちゃんこ」とは何かとか、両国にある大きい服専門店「ライオン堂」の紹介とか、知的で文化的な内容を笑えるトークでくるんだ、非常に面白い番組であった。

1時間の生放送って大変だと思うが、少しもたるむことなく、盛りだくさんの内容とテンポのよいトークがぎゅーっと詰まって充実していた。私の存在などにはまったく影響を受けずに滞りなく進行した。

なぎらさんの位置からは私の姿が見えていたようだが、日高さんは窓を背にして立っていたので、最初、気づいてなかったようである。20分ほど経ってCMが入ったときに、振り返って気づき、大笑いしていた。

なぎらさんは、番組の締めのとき、窓にへばりついているおっさんのことをいじってくれた。出演者たちは、概して私のゲリラ登場を迷惑がっている様子ではないようで、ほっとした。

視聴者はどうだろう? 後でツイッター検索してみたが、背後に映ってる人が意外すぎてびっくりしたというような感想がちらほらと。見苦しい映像を見せられてお怒り、という感じではなく、面白がっているよう。ツイッターのリツイート(RT)などで画像を見たことあるって人がけっこういた。

- テレビつけたらなんか観客にセーラー服おじさんがいるぞ
- MXテレビを見て下さい。素敵なセーラー服のおじさまがいます。
- TOKYO MXの押上nowって番組に、以前ツイッターで話題になったセーラー服のオヤジ映ってたwww
- Twitterにあったセーラー服のおじさんがご自慢ライブにうつってるww W
- こっこないだRTで回ってきたセーラー服のおじさんがテレビにうつってるwwwww
- やばいやばいやばい!よく新宿に出没するらしいセーラー服おじさんがソラマチにいたよ!wwww感動中。なう。笑
- MXに映ったセーラー服着た変態おっさん < http://yfrog.com/obo2uitj >
- 仕込みではなかったようです!(◎_◎;)なぎら健壱がイジってました!白ヒゲのオヤジ。セーラにニット、ミニスカだった( >_< )
< http://pic.twitter.com/MmGHQuu3 >
- 後ろにセーラー服のおっさんが 放送事故だろ

そう言えば、ツイッターなどで、文具店にいる姿の写真がずいぶん拡散したらしい。あれが撮られたのは、たぶん今年の7月21日(土)の午後4時過ぎぐらいで、場所は間違いなく、高田馬場にある「ステーショナリーと印刷のお店 CHIKUHO」だ。撮られたことにちっとも気づいてなかったよ。なので、不自然なはずなのに自然な感じに撮れているという、シュールさがよいですな。

そう言えば、2ちゃんのまとめサイト「妹は Vipper」でもその写真でやられてました。そのサイトについたコメントでは、そうとうしっかり特定されちゃってるし。デジクリのコラムにまでリンク張られてるし。
< http://vipsister23.com/archives/6119632.html >

さて、番組の中の人の反応はどうだったのであろう。どうやら、視聴者から苦情電話が来たり、スポンサーがお怒りになってたり、ということはないらしい。セーフ、ってことで。しかしながら、だいたいこの辺が、やっていいことの限界ぎりぎりなんではないかと思う。もうちょっと行けるんじゃないか、なんてチャレンジしてみたくなった人は、自己責任でどうぞ、としか言えません。

映って目立つのが目的ではなく、スカイツリーを見に行ったついでに、出演者たちの生の姿を見れたらお得じゃないか、という方にはお薦めです。日曜の1時よりやや前に行けば、きっとガラス前の最前列を陣取ることができるでしょう。次回からテレビカメラの設置される向きが逆になってたりして。

【GrowHair】GrowHair@yahoo.co.jp
セーラー服仙人カメコ。アイデンティティ拡散。

ヴィジュアル系のバンド Versailles(ヴェルサイユ)が 12月20日(木)の東京NHKホールでのライブをもって活動休止する、と公式サイトで発表したのはライブ前日の3:00pmのことであった。え? あんなに勢いのいいグループが急になぜ? ここ数年、ヨーロッパや南米のツアーを成功させ、ヴィジュアル系をリードする存在だったのに。

休止前最後の勇姿を見逃すまいと、急遽、映像作家・寺嶋真里さんと人形作家・清水真理さんと私とで、ライブを観てきた。いつもだと東京公演は渋谷公会堂なのだが、今回は東京NHKホール。でかい! 伝統ある会場を満杯にしてのライブ、しんみりしたムードを吹っ飛ばすように、持てるパワーを出し切って、来場者たちとともに盛り上がり、最高だった。

"We are Versailles!" を連呼するアンコールは、みんな涙で声にならず、弱々しく悲痛だった。何があったかは知らない。「待ってなくていい。信じていてくれ。この先の道を突破するにはもっと大きくならなくては」。KAMIJOさんの言葉。信じてます。

先日デザインフェスタで2回の大きなステージをしっかりとこなして好評を博したアイドルグループ「C(ハート)A(シーアイエー)」の次のライブは12月29日(土)、ライブハウス「西川口 Hearts」にて開催します。デザフェス以前の練習ライブと同様、こぢんまりとした場での出演ですが、劣らぬパワーで、キャピキャピシャキシャキしたステージを見せてくれることでしょう。16:45開場、17:00開演。2,000円、ドリンク別。ケバヤシは例によってセーラー服着て写真撮り役です。
< http://www.ness2000.com/event.html >